【初めてのブーツマニュアル】メンズブーツの主な種類と選び方を知ろう

【初めてのブーツマニュアル】メンズブーツの主な種類と選び方を知ろう

メンズファッションには欠かせないブーツ。

おしゃれな大人のコーディネートを演出してくれる切り札的アイテムですよね。

 

でも、初めてのブーツはどれを選ぶのが定石なのでしょうか?

また、ブーツはいったいいつから履くことがベストなのでしょうか?

 

そこで今回は、ブーツの知っておきたい基本知識をお届け。

種類や選び方など初めてのブーツを知るための情報をまとめて紹介します。

 

お気に入りの一足との出会ったときに、後悔しないブーツ選びのコツを覚えておきましょう。


知られざるブーツの世界

ブーツの歴史はとても長く、本来は足もとを守るために作られた装備でした。

その後、工事作業や狩り・登山など用途に分けて機能性が派生し現在のような様々な種類のブーツが生まれてきたのです。

とりわけ、ファッションで用いられるブーツのカテゴリーは大きく【ワーク】【エンジニア】【トレッキング】【ミリタリー】【サイドゴア】【カントリー】【チャッカ】などに分けられます。

 

それぞれに特徴があるので、ざっくり理解しておくだけでも相性のいいコーディネートを逆算して導き出すことが可能となります。

シューズはたったの3色あればいい!失敗しないシューズの揃え方と着まわし術

ブーツの種類を把握する

ブーツにはたくさんの種類が存在します。

せっかくブーツを選ぶのであれば、そのバリエーションは知っておく必要があるでしょう。

 

また、本来の履き方を頭に入れておけば、コーディネートにストーリー性が生まれ毎日のスタイリングに楽しみさえ覚えられるようになりますよ!

 

まずは種類を把握してあなた好みのデザインを直感的に選んでみましょう。

ブーツの種類①「ワークブーツ」

森林での作業用などとして発祥したワークブーツはブーツの原点ともいえるカテゴリーです。

本来はエンジニアやトラッキングブーツもこのワークブーツに属するのですが、現代においては主にモックトゥやプレーントゥで肉厚レザーを用いた無骨なものをワークブーツと称していることが多いです。

Red Wing 1907 Classic Moc Toe

商品詳細を見る

こんな人におすすめ!
✔「まずは定番」からはじめたい人
✔クセの強くないバランスのとれたスタイリングをしたい人
✔安定した履き心地が欲しい人
✔小まめに手入れ等をしたくない人

モックトゥブーツの着こなし術

ブーツの種類②「エンジニアブーツ」

先述したワークブーツのなかでも特にエンジニア(電気・機械類の技師など)は武骨でシンプルなつくりのものが多いです。

作業場でつま先を守るためにと鉄板が入ったものもあります。

また、作業の邪魔にならないよう靴紐や装飾などが除外されているのが大きな特徴です。

 

redwing2268 PT91

商品詳細を見る

こんな人におすすめ!
✔バイクに頻繁に乗る人
✔コテコテのヴィンテージスタイルが好きな人
✔「靴紐を結ぶのが面倒だ」という人
✔とにかくかっこいいスタイリングをしたい人

 

ブーツの種類③「トレッキングブーツ」

登山用に特化したトレッキングブーツは、険しい山道でも足をくじいたり滑らないようにデザインが変化していることが特徴です。

登山形態によってデザインが異なりますが、多くは足首にクッションが備え付けられており靴底が凹凸で出来ています。

また、履き崩れないよう他のブーツよりも肉厚で丈夫に造られています。

Danner Mountain Light

商品詳細を見る

こんな人におすすめ!
✔フィット感の高いブーツを履きたい人
✔長時間履いていても疲れないブーツを探している人
✔アウトドアに頻繁に繰り出す人

ブーツの種類④「ミリタリーブーツ」

軍人用にアレンジされたミリタリーブーツは、ふくらはぎまで守るロングのものが多く、機動性に優れたブーツです。

フィット感とクッション性の高さが一番の特徴です。

環境ごとに最適な種類にわかれますが、そのどれもが丈夫で実用的なつくりとなっています。

rothco Jungle Boot

商品詳細を見る

こんな人におすすめ!
✔ハードにブーツを履きたい人
✔歩きやすいブーツを探している人
✔走るシーンが多い人
✔ストリートファッションにも合わせたい人

ブーツの種類⑤「サイドゴアブーツ」

ビジネス・カジュアルなどでも用いることができるサイドゴアブーツは、靴紐はなくブーツ両サイドにゴア(ゴム素材)を採用し脱ぎ履きがしやすいのが一番の特徴です。

最近ではレインブーツでもサイドゴアを採用していて、機能性に優れたものが多く輩出されています。

JALAN SRIWIJAYA CHELSEA BOOT

商品詳細を見る

こんな人におすすめ!
✔スーツスタイルに合わせたい人
✔靴紐を結ぶのが面倒な人
✔履きやすさを重視する人
✔足もとをスッキリとまとめたい人

ブーツの種類⑥「カントリーブーツ」

ブローグという独特のデザインをあしらったものが特徴のカントリーブーツはイギリス紳士が狩猟などに利用していたブーツです。

タウンユースとしても活躍するカントリーブーツはそのデザイン性の高さから、ビジネスやドレスにも大いに活躍します。

Tricker’s type5634

商品詳細を見る

こんな人におすすめ!
✔ビジネスシーンにも合わせたい人
✔シンプルで渋めのスタイリングが好きな人
✔足もとにアクセントが欲しい人

ブーツの種類⑦「チャッカブーツ」

靴紐が少なくくるぶしまでのショートなデザインとなっているチャッカブーツ。

利便性を追求したこのタイプは脱ぎ履きがしやすいのが一番の特徴で、スッキリとしたデザインが癖になるブーツです。

素材もしっかりとした上質なレザーから軽くて薄めのレザーまで幅広多く、ドレスからカジュアルまで着まわせます。

ALDEN 1340 Chukka Boot

商品詳細を見る

こんな人におすすめ!
✔シンプルさを追求する人
✔ビジネスシーンにも合わせたい人
✔足もとをエレガントに仕上げたい人
✔履きやすさを重視する人

ブーツの種類⑧「デザートブーツ」

デザートブーツは砂漠でも利用できるブーツのことを指します。

特徴としてソールがラバーやクレープなど柔らかい素材で出来ていて、アッパーがスエードレザーを採用していることが多いです。

クッション性が非常に高く全体的にスッキリとソフトな風合いをもつ、初心者でも履きやすいブーツです。

Clarks Desert Boot

商品詳細を見る

こんな人におすすめ!
✔スニーカーのような履き心地を求める人
✔軽いブーツを履きたい人
✔ソフトなコーディネートをしたい人
✔カジュアルさを重視する人

初めてのブーツ選びの考え方

これまでスニーカーのみでコーディネートを行ってきたあなた。

初めてのブーツ選びって先ほど挙げられたように種類が多くてどれが最適なのか迷いますよね?

普段のスタイリングによって最適なブーツは違いますが、ブーツを履きたいシチュエーションや目的から考えて、上記種類のブーツの着用イメージを頭に入れておきましょう。

スタイリングのしやすさ・客観的にみた接しやすさで選ぶ

筆者がアパレル時代接客の際にお話していたブーツ選びの考え方としては、まずはどんなスタイリングにも万能に合わせられるものを選ぶのが定石です。

エンジニアブーツを着用したTシャツコーデ
pinterest

例えば、エンジニアブーツはというと特徴として武骨でワイルド、存在感抜群で一見かっこいいものですが、その大きさとクセの強さでドレスシーンやソフトなコーディネートには合いません。

パンツをブーツインするか、ワイドの広いもので覆いかぶせなければいけないのでワイルドでカッコいいですが近寄りがたいイメージを与えがちになってしまいます。

チャッカブーツを着用したTシャツコーデ
https://www.tumblr.com

一方で、デザートブーツやチャッカなどはソフトでスタイリッシュなデザインなので、ワイルドなコーデでも中性的なコーデにもドレスにも無難に合わせることができます。

第一印象も柔らかく接しやすい印象ですよね。

クレープソールのワークブーツを着用したTシャツコーデ
http://www.soletopia.com

また、クレープソールやラバーソールなどフラットなソールはスニーカー感覚で履くこともできるので違和感なく着用できます。

モックトゥブーツの着こなし術

ブーツは高い。だからこそ着回しの良さで選ぶ

そして、コストの面から考えてもブーツはそういくつも購入できるものではありませんよね。

安いものでも2万~4万円はします。一足で多くのコーデに合わせることのできるブーツを選ぶことで、長く愛用することに繋がるのです。

 

これらの面からも、初めてのブーツは着回しの良さをまず第一に選んだほうが多用できるでしょう。シンプルでクセのないミドル・ショート丈のものがおすすめです

基本的かつ重要なブーツの正しい選び方(試着時の履き心地・サイジング)

ブーツのサイジング、履き心地はその後の多用具合にも大いに影響を及ぼします。

サイズの間違ったブーツを着用すると、足を痛める原因ともなりますし最悪の場合変形やケガの危険性もでてきます。

今回あげる最低限の選び方を覚えて、正しいサイズでブーツを選んで長く大切に履いてあげましょう。

ジャストサイズのワンサイズ上を選ぼう

ブーツはスニーカーとは違い、ジャストフィットは避けたほうが足のためとなります。

クッション性やフィット感に長けたスニーカーとは違いブーツは内側もレザー仕様で硬い素材のものが多いため、ジャストサイズで着用すると、足の爪や小指の側面などを摩擦で擦ってしまいます。

  • つま先が靴の先端に当たっていないか
  • 小指に圧迫感は無いか
  • 足の甲に違和感がないか
  • かかとがブーツ内で遊ばないか

上記4つの事項に注意しながら、ジャストサイズの1~1.5㎝ほどのオーバーサイズをチョイスするようにしましょう。

足首・くるぶしに接触感がないものを選ぼう

これは、デザートブーツやチャッカブーツ、ワークブーツなどでよくなることです。

足首に縫い目が当たったり、くるぶしにブーツのサイド部分がぶつかってしまうと靴擦れの原因となります。

靴擦れしてしまってはせっかくのおしゃれを楽しむ時間が台無しです。

 

ただ履くだけではわかりずらいこの事項。

 

試着の際に、何分間か周囲を履いて回ることでこの違和感に気付くことができるので是非試しましょう。

むくみ・厚手のソックスでの着用を考慮する

人は時間帯によって足のむくみが多少なりとも発生します。また、ソックスの厚さでもフィット感は大きく変化してきます。

試着時には、

  • 朝~3時までの時間帯
  • いつも良く履く靴下

この2点は注意してください。

よく『むくみの出る夕方の時間帯に試着するのがセオリー』と聞きますがこれは間違い。

正しくは一番履く時間帯の足でいつも良く履く靴下の厚みで試着するのが正しいブーツの選び方。

レザーの馴染み具合を考慮する

ブーツは基本的に肉厚で丈夫な牛や馬のレザーを採用していることが多く、それらは新品の状態だと比較的硬いものです。

筆者の経験上、ほぼ毎日着用して半年~1年ほどでレザーが足のカタチに馴染んできます。

最初は多少窮屈さも感じるかもしれませんが、馴染めば都(筆者の造語)の考えでブーツは選びましょう。

 

一刻もはやくレザーを馴染ませたいというあなたは、ブーツにミンクオイルなどを週一程度塗ってあげると革が柔らかくなりますよ。(塗り過ぎるとかびの原因になるので注意)

[コロンブス] columbus クリーム ミンクオイル シューズ・レザーグッズ用 45g

ブーツはいつから履くのがベストなのか

初めてブーツを履くにあたって、基本的に9月中旬からの秋口にブーツを履き始めるのが一般的な考え方です。

ですが、実はブーツを履くのに季節は関係ありません。丈夫で着回しのきくブーツはどのシーズンに履いてもそれは個人の自由なんです。

 

ただ、レザーの素材は夏の暑い時期はブーツ内部に湿気が溜まりやすく内部で悪臭の原因となる細菌が繁殖しやすくなってしまいがち。適度に日陰干しや消臭・殺菌スプレーで内部を清潔に保つことが大切です。


ZYCR 珪藻土 自然素材ドライングエッグ 乾燥 脱臭 吸湿 抗菌 空気浄化 乾燥剤 たまご型

【初めてのブーツマニュアル】ブーツの種類と選び方を知ろう:まとめ

スニーカーと違い10年~20年と愛用することのできるブーツ。

スニーカーよりも丈夫でかっこよくきまるブーツはあなたのワードローブの幅を広げるマストアイテムです。

ブーツの選び方として今回述べたのは、

・ブーツの種類を把握する
・各ブーツを着用したイメージをコーディネート例で把握しておく
・初めの一足目は着回しの良いブーツを選ぶ
・正しいサイジングであなたの足に合ったブーツを見極める
・季節を問わず履きたいときに、ブーツを履く

ということでした。

上記のポイントを抑えておけばまずブーツ選びで失敗の確率は下がることでしょう。

 

今回は、‟【初めてのブーツマニュアル】ブーツの種類と選び方を知ろう”をお届けしました。


 

シューズはたったの3色あればいい!失敗しないシューズの揃え方と着まわし術

https://oshanavi.com/teiban-aw-item/85/

https://oshanavi.com/2018aw-best7/406/

ファッションカテゴリの最新記事