モックトゥブーツの着こなし術

モックトゥブーツの着こなし術

ワークブーツの代名詞的アイテムであるモックトゥブーツ。

一時期キムタクがドラマで着用した事でも有名になり、アメカジスタイルには欠かせないワークブーツとして、秋冬多用することのできる鉄板アイテムです。

 

でも、モックトゥブーツはどのようにスタイリングすればおしゃれに決まるのでしょうか?

相性のいいアイテムは?

相性のいいカラーは?

 

今回は、そんなモックトゥブーツの着こなしをレクチャーします。

足もとに無骨さを取り入れるお洒落ブーツコーデを身につけましょう。

【モックトゥ・ラウンドトゥ】とは?1分でわかる用語解説

シャツ×ブラックチノでモノトーンに色見を追加

ワークなのにきれいにまとめる上質テク!

ワークのイメージが強くなりがちなモックトゥのブーツを絶妙にきれいにまとめているスタイリングです。

もし、シューズがドレスシューズなら全体的に綺麗1色でまとまっていたところをあえてのモックトゥではずしています。

ボトムスの裾をロールアップすることでブーツの存在感を引き立てるというテクニックも◎

レッドウィング・ロングタイプのモックトゥブーツ

モックトゥといえばレッドウィング。

先ほどのコーデで着用しているようなロングタイプならまずレッドウィング(8インチ)は外せません。

足首をしっかり包み込むタイプは足もとが意外にもスッキリとまとまります。


REDWING レッドウィング ブーツ #877 CLASSIC WORK BOOTS アイリッシュセッター クラシック ワークブーツ 8インチ

フライトジャケット×ジーンズで骨太にまとめる

ブラウン×ブルーの2色でナチュラルにまとめる

力強いイメージならレザーフライトジャケットはおすすめです。足もとと同じ色見にそろえることで全体のバランスを調整。

ヒゲ強めな色落ちジーンズをチョイスすることでアクティブさも演出することができます。

オーソドックスで定番のレッドウィング6インチアイリッシュセッター

あらゆるスタイリングにマッチするクセのないレッドウィング6インチタイプのモックトゥ。

脱ぎ履きもしやすく安定性に優れた逸品です。


RED WING/レッドウイングCLASSIC WORK BOOTS #8875 6インチ アイリッシュセッター クラシックワークブーツ

ミリタリージャケット×ハットでこぎれいにまとめる

アースカラーでまとめてチーフで刺し色ワンポイント

スウェットにミリタリージャケット、ロングカーディガンと全体的に野暮ったさのあるアイテムをあえてチョイス。

そこにハットとチーフをアクセントに加えることできれいな仕上がりに。

1点ドレスアイテムが入るだけで印象がガラッと変わりますね。

チペワのモックトゥも忘れちゃいけない

ブーツといえばチペワも忘れてはいけません。

レッドウィングとはまた履き心地も一味違うソフトなチペワブーツ。

どちらかといえばハイキングスタイルに近いのでフィット感はレッドウィングよりも高いかも。


Chippewa(チペワ)レースアップブーツ 8 WP Moc Toe

モックトゥブーツのきこなし:まとめ

モックトゥブーツは意外にもドレスアイテムとの相性がよく、ジャケットスタイルやアウトドアスタイルにも万能にマッチします。

 

個人的にモックトゥのコーディネートの手順として、ボトムスを最初に決めると残りのアイテム選びがスムーズに決まります。

なぜなら、ボトムスのイメージによってトップスのジャンルが決まるからです。

 

ボトムスはおそらく、ジーンズ・チノ・カーゴ・ブラックスキニーなどを合わせるとバランスが良くなるでしょう。

 

丈夫で傷みにくい特性をもつモックトゥブーツ。

ひとつあればあなたのワードローブを幅広いものにしてくれるでしょう。

 

今回は、‟かっこよく決まるモックトゥブーツの着こなし術”についてご紹介しました。

【初めてのブーツマニュアル】メンズブーツの主な種類と選び方を知ろう

ファッションカテゴリの最新記事