【モックトゥ・ラウンドトゥ】とは?1分でわかる用語解説

今回は、ブーツ選びには欠かせない用語【モックトゥ・ラウンドトゥ】の特徴と違いについて紹介します。ブーツの基本的知識ともいえる用語なのでこの機会に覚えておきましょう。

「モックトゥ」とは

モックトゥの「トゥ」とは、つま先を指します。モックは「モカシン」という造りの略。

シューズつま先部分がU字になっていて、何枚かの革を縫い合わせている造りとなっています。

モックトゥブーツの特徴

モックトゥブーツの特徴としては、

  • 無骨で男らしいシルエット
  • 丈夫で余計なシワが入りにくい
  • 存在感が大きくしっかりとしたイメージ

などがあげられます。

革の素材や色によって印象は多少左右しますが、後述するプレーントゥに比べるとスクエアシルエットで男らしい印象を与えることができます。

モックトゥと対照的な存在「ラウンドトゥ」

モックトゥの対角線上に存在するのがラウンドトゥ。プレーントゥと呼ぶこともありますが、プレーントゥというと私はビジネスシューズなどの方がイメージが強いのでブーツに関してはラウンドトゥと呼び分けています。

ラウンドトゥは切り替えのあるモックトゥとは違い、つま先部分が丸く1枚革で曲線を帯びている造りのものを指します。

ラウンドトゥブーツの特徴

ラウンドトゥブーツの特徴としては、

  • スタイリッシュなシルエット
  • シンプルでキレイ目
  • 綺麗なシワが入りやすい

などがあげられます。

シンプルで綺麗な曲線がスタイリッシュな印象を演出できるので足もとをスッキリとまとめることができます。