[metaslider title="pick up"]
スポンサーリンク

【アウターとトップス】の違いとは?ついでに対義語も覚えておこう!

アパレルの仕事と疑問

秋冬になるとアウターという単語はよくみますよね。

羽織物や上着などを指してアウターと呼んでいるように見えると思いますが、ではこれまたよく目にするトップスは羽織物や上着とは言わないのでしょうか?

 

結論を先に述べると、実は羽織物・上着は【アウター】【トップス】どちらもおおよそ正解なんです。

 

そこで今回は、この2つの単語がどのように違うのかを解説します。

洋服をお店やネットで目的の品物を探す際に役立つファッション知識ですのでこの機会に是非覚えておきましょう!

スポンサーリンク

アウターとは

アウターとは本来、カテゴリーで申しますと【ジャケット】【コート】【ブルゾン】などを指します。

つまり、用途として一番外側に着る上着のことをアウターと言うんです。

アウターは英語で【OUTER】。外(Out)に着用するアイテムだからOuterなんですね。

どこまでがアウターなのか

先ほどの定義だと‟一番外側に着るアイテムがアウター”ですよね。

では、どこまでがアウターに属するのかという点ですが、

実は2枚以上の重ね着(レイヤード)をした際のTシャツ・ロンT以上のアイテムはおおよそアウターに含みます。

 

つまり、

  • 春先にTシャツの上に着たGジャンもアウター
  • 秋口にシャツの上に着たカーディガンもアウター
  • 上着を着るのが面倒で適当に被ったパーカーもアウター

一番外に着るアイテムは総称してアウターと呼びます。

トップスとは

アウターに関する理解がおそらくまだふわふわした状態だと思いますが、ここで一旦‟トップス”についてインプットしていきましょう。

トップスとは、英語で【TOPS】上半身に着用するアイテムの総称。

 

つまり、カテゴリーで言えば先ほどの【ジャケット】【コート】に加え、【Tシャツ】【ロンT】までもトップスと呼びます。

先ほどのアウターが上半身一番上に着るアイテムだったのに対し、トップスはさらに広範囲の上半身に着るアイテムのことを指すんです。

アウターとトップスの違い

これらを踏まえると、

  • 上半身全体のアイテムの総称→トップス
  • 上半身重ね着の際の一番上に着るアイテムの総称→アウター

となります。

つまり、アウターはトップスに含まれるということです。

一緒に覚えておきたい単語(おまけ)

上半身のアイテムの総称であるトップスと、上着など一番外側に着たアイテムの総称であるアウターにはそれぞれ対義語が存在します。

  • トップス↔ボトムス
  • アウター↔インナー
【ボトムス】
下半身のアイテムの総称(いわゆるズボン)
【インナー】
アウターの内側に重ね着(レイヤード)したアイテムの総称