アパレル業界のMD(マーチャンダイザー)とは?

アパレルの仕事をしていると一度は耳にする「MD」という職種。

 

ですが、販売員にとってMDはあまり聞き慣れた職種ではありませんよね。

 

MDっていったいどんな仕事をしているの?

MDに憧れているから、詳しく知りたい!

未経験でもMDになれるのかな?

今回は、こういった疑問に答えます。

 

アパレルの生命線を担うポジションであるMDの、具体的な特徴と仕事内容、どのような人がMDに向いているのかを解説していきます。

 

販売員よりも一回り多い年収を得ることが出来る職種『MD』とは何なのかを知ることで、あなたの目標を広げるきっかけになるかもしれません。

 

店舗にMDが直接足を運んだ時に備えて、MDの素性を知っておきましょう。

MD(マーチャンダイザー)とは?

MDとは、「MerchanDising」の頭文字をとったもので、主にマーチャンダイジングを行う職種についている人のことをマーチャンダイザーと呼びます。

 

具体的な仕事内容は後述しますが、主にマーケティングと同じくくりに位置付けられています。

 

  • トレンドの把握や、それを踏まえた施策の立案
  • 商品開発
  • 商品生産数の管理
  • 店舗売上の管理

 

など多岐にわたる(企業によって内容は変わります)マーケティング戦略を、データを基に考えアクションしていきます。

 

そのため、アパレルなど小売業界にあたる流行の移り変わりや商品回転の激しい業界にとって、鬼門とも呼べる重要な仕事です。

 

 

 

ちょこっとメモ
販売をしている人にとって身近なものがVMDですよね。

このVMDも「ビジュアルマーチャンダイジング」といって、実はマーチャンダイジングのひとつです。

 

店舗のディスプレイやレイアウトをショップ・ブランドのコンセプトに合わせて変更・陳列する作業です。

その目的はMDと同じく、よりお客様の買い求めやすい環境・視覚効果の提案をし、店舗売上に繋げるというものです。

MDの主な仕事内容

アパレル業界の重要ポジションともいえるMDの主な仕事内容は、大きく3つのプロセスを踏みます。

 

先ほども軽く触れましたが、MDの主な仕事内容は勤務先企業によって変わります。

 

なので、ここではあくまでも広範囲に観た一般的なMDの仕事内容を紹介していきます。

1.市場の動向を調査

 

第一段階として市場の動向を調査するところから入ります。

 

「最近はどういったトレンドが主流なのか」

「自社の商品売上などの動向はどうか」

「競合ブランドはどういった商品が売れているのか」

 

などの情報の収集をし、そこから分析をしていきます。

 

なぜ分析をするのかというと、分析した事実情報から今後の自社の売り上げに繋がる対策を打っていくためです。

アパレル業界はシーズンごとに移り変わりの激しい業界です。

そういった業界の中で、継続して利益を出していくために「次に何が売れるか」を先読みして行く必要があるのです。

 

このような計画を立案するために、MDはまず情報の収集と分析を行います。

2.企画・施策の立案

次の段階として、収集した情報と分析結果を基に企画や施策の計画を立てていきます。

 

デザイナーや商品開発部門など自社の本部を担うプロ達と綿密に打ち合わせ、ブランド全体で打ち出す企画に向けて

 

  • 新商品のデザイン
  • 価格帯の決定
  • 生産数の決定
  • 予算の計算
  • ポップの作成
  • 次シーズンの目標の立案
  • 商品品番の考案

 

などを具体的にディレクションを行っていきます。

 

より細かにすり合わせた計画を立てていくことで、次のシーズンでの会社の利益に繋げていくため重要なプロセスとなります。

3.生産から店舗に商品を届けるまで

 

最終段階として、情報とデータを基に立案した計画を実際に生産から店舗出荷まで移していきます。

 

展示会でのサンプルの反響と受注量を基に、営業担当や縫製工場などと打ち合わせて最終的な生産量や価格設定などを行って行くことになります。

 

その後、最適なタイミングで各店舗の実績をもとにそれぞれの売り場に最適な量の新商品を届けることとなります。

 

ですが、ここで終わりではありません。

実際に店舗で販売を行い、新商品の動き・反響を基に追加量産や次シーズンの商品の開発へとつなげていくことまでが、MDの大事な仕事です。

MDに必要なスキルとは?

 

MDの仕事内容がわかったところで、では、実際にMDにはどういったスキルが必要となるのでしょうか?

①PC入力・情報処理能力

 

MDの仕事においてまず必要となるのが、PCを使った情報処理能力です。

 

例えば、資料作成の際に必要なパワーポイントの実務スキルや

データを分析するために使用するエクセルの知識があります

 

逆を言えば、PCでの作業がメインとなるためPCスキルは格段にアップすると言えます。

②分析力

 

次に、その情報を分析し答えを見出すための分析力です。

 

「この数字がいったい何を意味しているのか」

「在庫数がこれだけ余るということは何を意味するのか」

「では、この状況を打破するためにはどういったことをすればいいのか」

 

など、対策案を導き出すことのできる分析能力・問題解決能力が必要となってきます。

 

ピンチをチャンスに変え、冷静に状況を判断していく能力を磨くことが出来るようになるとも言えます。

 

③コミュニケーション能力

 

MDは、販売とは違い業界のプロとの打ち合わせなどの機会が大半です。

 

生産工場・デザイナー・営業・プレス・現場販売員などとの連携を取るために直接意見交換をすることになることも多々。

 

そのため、業界の専門家たちに納得のいく説明と魅力的なプレゼンテーションを行えるコミュニケーション能力が必要となります。

 

会社の命運を担うMDは、販売員よりもハイグレードな話術が身に付くと言えます。

 

英語力は必要となるのか?

 

MDの仕事内容は所属する企業によって左右しますが、おおよそ海外へも視野を広げて情報収集する機会も多いと考えられます。

 

そのため、英語力は最低限のビジネス会話程度はあったほうが有利と言えます。

 

グローバル化が進む中で、英語力はニーズが増してきています。

 

MDへ転職を考えている人は、面接の際や転職エージェントのキャリアアドバイザーに詳細を聞いてみると確実でしょう。

あると便利な資格

 

MDになるにあたって、特に必須となる資格はありません

 

ですが、例えば「MDに転職したい!」といった場合には、以下の資格を所持していると内定に繋がりやすいかもしれません。

 

  • MOS(マイクロオフィススペシャリスト)
  • 販売士
  • カラーコーディネーター
  • 日商PC
  • 簿記

 

これらの資格を1つでも所持していれば、MD即戦力として起用される可能性は高いと言えます。

むしろ、更に上のポジションも夢ではありません。

 

PC情報処理系の資格は今後需要が高まることが予想されるので、これを機に勉強してみるといいかもしれません。

 

どんな人がMDに向いているのか

 

これまでMDの仕事内容について解説してきましたが、では、「これからMDを目指したい!」という人にとってどのような人であればMDに近づくのでしょうか?

 

MDに向いていると言われるのは、

アパレル業界の職種どれかひとつでも長く勤め、専門性に特化した人が適任です。

 

なぜなら、会社の中枢部分の仕事を担うMDのポジションは未経験では勤まりにくく、特化した知識がないと専門家たちとの打ち合わせをスムーズに行えないからです。

 

  • 店長経験
  • アパレル業界の事務職経験
  • マネージャー経験

こういった経験があると採用されやすいかもしれません。

 

 

では、アパレル業界未経験からはMDになれないのかという点に関してですが、可能性がゼロではありません。

 

企業によってはMDの仕事内容の多さに伴ってMDアシスタントを雇う場合があります。

 

MDアシスタントとは、会議などで使用する資料作成やデータ処理、文書作成、商品在庫管理など部分的にMDをサポートする立場です。

 

MDアシスタントであれば、アパレル業界の専門知識がなくとも求人が出されており

 

おおよそ3~5年ほど経験を積むとMDへとステップアップすることが出来ます。

 

アパレル業界未経験者は、まずはMDアシスタントからMDを目指してみるといいでしょう。

 

MDをどこよりも多く取りそろえているアパレル特化の転職サイトなら「クリーデンス」がおすすめ

関連記事:非公開求人多数のクリーデンス3つの特徴を徹底紹介