TRUEFREE「O1」レビュー。5,000円台の耳を塞がないイヤホンがまさかの下剋上機だった

TRUEFREE「O1」レビュー。5,000円台のオープンイヤーイヤホンがまさかの下剋上機だった

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

この記事では、TRUEFREEから無償提供してもらったオープンイヤーイヤホン「O1」について、趣味でガジェットをレビューしているガジェットブロガー翁が実機レビューしていきます。

当ブログの運営者、ガジェット大好き翁(おきな)@okinalogです。よろしくね。

15,000円~20,000円とかのの価格帯が目立つオープンイヤーイヤホン、『話題になってるから気になってるけど高くて手が出ない‼‼』ってひとも多いのではないでしょうか。あのコスパの代名詞Ankerのでさえ17,000円くらいしますもんね。高いですよね。僕なら買わない…。

と、そんななか極端に安い値段でふわーっと一覧に並んでいるのがこのTRUEFREEのオープンイヤーイヤホン「O1

実はO1、安いのに多機能で、品質としてしっかりしたイヤホンなんです。ただ、コスパがエグいってだけ…。もはや使い勝手のいい製品が安く手に入る時代ーー

さあ、はじめようか。

created by Rinker
truefree
¥5,380(2024/02/21 10:30:10時点 Amazon調べ-詳細)
翁(おきな)
翁(おきな)

Amazonでクーポンコード【7ZPBOWS9】を入力するとさらに5%OFF

この記事の著者

ジャパニーズガジェットブロガー

おきな

プロフィール

ガジェットが大好きな34歳/ ブロガー歴5年/ レビュー数180品以上(うちイヤホン80種類)/ サラリーマン/ 4児の父/ “みんなといっしょ”が苦手なタイプ

TRUEFREE「O1」の概要

TRUEFREE「O1」レビュー。5,000円台のオープンイヤーイヤホンがまさかの下剋上機だった

今回レビューする「O1(オーワン)」は、TRUEFREEというブランドが販売する定向性電音技術(いわゆる空気伝導)を採用したオープンイヤーイヤホン。

個人的にはTRUEFREEというとSOUNDPEATSを思い浮かべるんですが関係はないようで、でも中華ブランドです。ちなみにサクラチェッカーでは結構アウトな結果が出ますが、使用したかんじ製品としてはきちんとしているのでマーケティングが間違っているのかもしれません(知らんけど)

特徴は以下。

  1. 開放型・空気伝導式
  2. 16.2mmダイナミックドライバー搭載
  3. 連続再生時間最大45時間
  4. マルチポイント接続に対応
  5. 低音ブーストな低域強調アルゴリズム内蔵チップ搭載
  6. ゲームモード搭載
  7. スマホアプリ対応

5,000円としては機能が盛りだくさんで、その他スマホアプリではイコライザーカスタムや環境適応設定、タッチ操作の無効化、リラックスモードなど想像以上に多彩な機能を揃えています。

お値段5,380円。

スペック

Bluetooth5.3
ドライバー16.2mmダイナミックドライバー
操作方式タッチセンサー
充電方式USB Type-C急速充電
(ワイヤレス充電:非対応)
再生時間単体10時間
ケース併用最大45時間
防水規格IPX4
TRUEFREE O1のスペック

ケースと本体の外観

こちらがTRUEFREE「O1」のケース。

ぜんたいが樹脂素材、明るめのグレーでチープ感がありますがそのぶん軽いのが特徴です。本体はケースにマグネットでピタッと固定され、蓋もマグネットでくっつくため無駄に開いたりはしません。

TRUEFREE「O1」レビュー。5,000円台のオープンイヤーイヤホンがまさかの下剋上機だった
TRUEFREE「O1」レビュー。5,000円台のオープンイヤーイヤホンがまさかの下剋上機だった
TRUEFREE「O1」レビュー。5,000円台のオープンイヤーイヤホンがまさかの下剋上機だった

本体のほうは耳の後ろ部分にバッテリーがくるいわゆるボーラスタイル(勝手に命名)で、重さは片側きっちり10gと軽くはないものの間のフック部分が柔らかいシリコン系素材で弾力もあり耳には負担をかけにくい印象。

TRUEFREEのアイコンの上部の平らな部分がタッチセンサー部となっています。

TRUEFREE「O1」レビュー。5,000円台のオープンイヤーイヤホンがまさかの下剋上機だった

TRUEFREE「01」を実際につかってみた

TRUEFREE「O1」レビュー。5,000円台のオープンイヤーイヤホンがまさかの下剋上機だった
視聴環境

プレーヤー:Pixel8Pro

コーデック:LDAC・AAC

予想の斜め上をいく高音質って…え、LDAC?!

驚くことにTRUEFREE「01」はLDACコーデックでの接続に対応しているみたいです。しかも驚くことに公式では“AAC・SBCコーデックに対応”って書いてるんです。それなのに、Bluetooth設定画面をみると『LDAC』って書いてある…Why?

とにかく、つまりO1はハイレゾ級のサウンドを楽しむことができるんですよ。オープンイヤーなのに。

TRUEFREE「O1」レビュー。5,000円台のオープンイヤーイヤホンがまさかの下剋上機だった

中低音にやや雑味のような歪みを感じるときがありますが、低音は力強さがあり高音も鮮やかでボーカルも聞き取りやすい音質になってます。5,000円台でここまで高音質さはやばいと誰かに報告したくなる、そんなレベルの感動をおぼえます。

TRUEFREE「O1」レビュー。5,000円台のオープンイヤーイヤホンがまさかの下剋上機だった
TRUEFREE「O1」レビュー。5,000円台のオープンイヤーイヤホンがまさかの下剋上機だった

音量が50%ほどだと全体的に薄いかんじではありますが、70%くらいで出力すれば低音もパンチがあり中~高音も厚みと情報量が多く心地いいサウンドになります。各音域も欠けを感じさせることのないハーモニーでこれは予想の斜め上をいく高音質さ。

また、音量調節もイヤホン側でできるので快適ですね。1タップで音量調節・2回タップで受話応答と再生停止・3回タップでゲームモードのオンオフが操作可能。タッチセンサー部も本体の割と上部でも反応してくれるので勢いよくタップしてもブレが感じにくく不快感がありません。

TRUEFREE「O1」レビュー。5,000円台のオープンイヤーイヤホンがまさかの下剋上機だった

脱着の際に仮に誤動作しても音量が1、2上げ下げされるだけなので気にならないのも良かった点です。

また、スマホアプリ内ではイコライザーカスタムやプリセットでの一発音質変化、さらにはテストからの自分の耳だけのパーソナライズEQもできるので意外にも楽しめるのもポイント。

バッテリーは驚異の最大45時間使用可能

単体10時間、ケース併用で最大45時間の連続使用が可能なO1。実際にも充電までの期間はながくてぜんぜんバッテリーの減りを感じることがありません。もうこうなると完全ワイヤレスイヤホンとほぼ同レベルの大容量さだよね。

ただ、その引き換えにケースがバカみたいに巨大なのがネック。いまどきスピーカーでもこれより小型化されてるだろってくらいに大きい。

翁(おきな)
翁(おきな)

モバイルバッテリーより大きいねん!たまげるー!

でも5,000円台だし、逆に失くすリスクが減るねとも思うのでふだんの仕事用として割り切って持ち運んでますが、次回作はもう2まわりくらい小さくしてくれることを期待しています。

5,000円でマルチポイント対応は神(スマホアプリ必須)

5,000円台でマルチポイント接続にも対応しているTRUEFREE O1。僕の場合スマホとスマートウォッチ間でマルチ接続してスマートウォッチで音楽再生、スマホで通話応答というかんじで使い分けています。

まじ実用性がたけぇ。

TRUEFREE「O1」レビュー。5,000円台のオープンイヤーイヤホンがまさかの下剋上機だった

ちなみに、マルチポイント接続機能を利用するにはTRUEFREE専用のスマホアプリをインストールする必要があります。

  1. メインデバイスとO1をまずペアリング
  2. スマホアプリを起動
  3. デュアルデバイスの機能をオンに
  4. O1のケースを開けたところにあるリセットボタンを3秒くらい長押ししてO1をペアリングモードに
  5. 接続したい2台目のデバイスのBluetoothをオンにして新規デバイスを検索
  6. “TRUEFREE O1”を選択して接続
  7. スマホアプリに戻って接続ボタンをタップ(すると最初の1台目も接続される)
  8. マルチポイント接続完了!
TRUEFREE「O1」レビュー。5,000円台のオープンイヤーイヤホンがまさかの下剋上機だった

ただ、マルチポイント接続をつかえるようにするとLDACコーデックではなくなる(AACコーデックになる)ことに要注意。体感でも顕著に解像度が落ちて荒々しいサウンドになったので諸刃の剣です。

それに、2台間の切り替え速度は1秒ちょっとインターバルがあるのであまり高速とは言えません。

とはいえ、切り替えられることに意味がある。5,000円でコレは上出来です。

TRUEFREE「01」レビューまとめ

TRUEFREE「O1」レビュー。5,000円台のオープンイヤーイヤホンがまさかの下剋上機だった
メリット
  1. 5,000円台とは思えない高音質
  2. 見た目によらず快適な装着感
  3. 便利なマルチポイント接続に対応している
  4. 多彩な機能を備えるスマホアプリ
  5. 最大45時間つかえるロングバッテリー
デメリット
  1. ケースがとにかく大きい
  2. マルチポイント接続をつかうのにスマホアプリのインストールが必須
  3. マルチポイント接続時は音質が顕著に落ちる

ということで、今回はTRUEFREEのオープンイヤーイヤホン「O1」について実機レビューしてきました。

いやぁLDACに対応していたのには驚きましたね。実際のところバグなのかなんなのかよくわかりませんが、事実AACコーデックになると音質が落ちたところをみるとほんとにLDACで接続されてるんじゃないかと信じたくなりますが。

それを抜きにしても装着感も悪くないし、バッテリーの持ちもいいし、使用感としても5,000円としては上々。15,000円のオープンイヤーイヤホンを買ってデメリットを知って損な気分になるよりお得感はあるかもしれない…。まさに下剋上機爆誕

ただ、ほんとにケースはバカでかいのでそこを許せるか否か。家事用としては最適かなと思います。

created by Rinker
truefree
¥5,380(2024/02/21 10:30:10時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください