LINDY「GOLD LINE」をレビュー。4K120Hz、8Kにも出力できるHDMI2.1対応ケーブル(と便利な変換アダプタたち)

LINDY「GOLD LINE」をレビュー。4K120Hz、8Kにも出力できるHDMI2.1対応ケーブル(と便利な変換アダプタたち)

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

LINDY(リンディー)というドイツの老舗ケーブルメーカーから最高級HDMIケーブルを提供してもらいました。

1本お値段8,000円!(現在はかなり値下がりしています)

意外と見落としがちですが、HDMIケーブルにもグレードがあって最高品質になるとドルビーアトモス対応とか8K出力できたりとかするんですね。で、その頂点に位置するのがこのLINDYの「GOLD LINE」

ってことで、最高級HDMIケーブルについてレビューしていきます。

さあ、はじめようか。

created by Rinker
リンディー(Lindy)
¥2,968(2024/06/25 10:43:46時点 Amazon調べ-詳細)
この記事の著者

ジャパニーズガジェットブロガー

おきな

プロフィール

ガジェットが大好きな34歳/ ブロガー歴5年/ レビュー数180品以上(うちイヤホン80種類)/ サラリーマン/ 4児の父/ “みんなといっしょ”が苦手なタイプ

廃れないフルメタル最高級HDMIケーブル「GOLD LINE」

LINDY「GOLD LINE」をレビュー。4K120Hz、8Kにも出力できるHDMI2.1対応ケーブル(と便利な変換アダプタたち)
  • 24K金メッキされた超高品質導体とコネクタを使用
  • トリプルシールド構造で外部ノイズによる干渉を排除
  • 耐久性バツグンのフルメタルハウジング
  • 0.5m~最大5mまで長さが選べる

コネクタと接触部分が純金メッキ加工されていることで、従来のプラスチック製品に比べて破損のリスクが少なく、接触不良も起きにくい仕様になっています。

また、ワイヤー本体はアイアングレーの高品質 PVC 外装、85% 錫メッキ銅編組メッシュの 3 層で覆われ、各導体遮蔽層はアルミ箔マイラーでカバーされているとのことです。

さらには、ALLM(自動低遅延モード)といって遅延を削減し素早い応答を可能とするゲーマー向け機能だったり、

超高解像度に必要な信号帯域幅を大幅に削減する高性能圧縮アルゴリズムを搭載していたりと、よくわからんけどとにかく多機能プロ仕様なHDMIケーブルなんです。

スペック

型番:37601~37604(1m、2m、3m、5m)

前端:HDMI Type-A 19 ピン オス

後端:HDMI Type-A 19 ピン オス

シェル素材:亜鉛合金

コネクタ材料:金メッキ 3µ

接点構造:リン青銅

接点材料:金メッキ 15µ

寸法:20 x 11.6 x 34.1mm(W x D x H)

規格:HDMI 2.1

線径:6.0mm

カバー素材:PVC

導体材料:C1020(無酸素銅)

線材規格:30AWG

遮蔽層:錫メッキ銅編組シールド、カバー率85%

4K映像出力だけならここまで要らない。ただし高リフレッシュレートを目指すなら必須

正直、ただ4K映像を出力するためだけであれば、GOLD LINEは必要ありません。

実は4K出力できるHDMIケーブルのなかにもハイスピード、プレミアムハイスピード、ウルトラハイスピード3つのグレードが存在するんです。

GOLD LINEは、HDMIケーブルのなかでも最上位ウルトラハイスピード対応のHDMIケーブルなので、4Kなら120Hz。なんなら8K/60Hzにも対応しているのです。

LINDY「GOLD LINE」をレビュー。4K120Hz、8Kにも出力できるHDMI2.1対応ケーブル(と便利な変換アダプタたち)
HDMI協会の認証を受けている証拠のシールが貼られているぞ

もっと言えば、アンプやサウンドバーに出力できるARC、Dolby AtmosやDTS:Xなどの最新サラウンドフォーマットに対応しているeARCなんかも備えていて、最高スペックなのです。

つまり、ただ映像がキレイなだけじゃなく動きまでヌルヌル滑らかな映像、サウンドも迫力満点本格的に楽しむことができるってこと。

もちろん、出力する側(モニターまたはTV)、入力する側(PCまたはプレーヤー)両方がウルトラハイスピードに対応している必要があるので、そこは注意が必要です。

「4Kリフレッシュレート120Hz対応のモニターを買ったのに、ぜんぜんリフレッシュレート出てない!」なんて思ってたひとはもしかするとHDMIケーブルがプレミアムハイスピードだからかもしれませんね。ってことです。

翁(おきな)
翁(おきな)

僕の愛用するモニターもまさしくプレミアムハイスピードまでしか対応してなかったから、GOLD LINEの恩恵を実感できてないのがざんねん…!

ちなみに、HDMIのグレードやバージョンについては以下の表が分かりやすいかと思いますので、参考にしてみてくださいね。

ウルトラハイスピードHDMI 2.148Gbps8K(7680×4320)/60Hz
4K(3840×2160)/120Hz
プロ仕様
プレミアムハイスピードHDMI 2.018Gbps4K(3840×2160)/60Hz市場だいたいコレ
ハイスピードHDMI 1.3~1.410.2Gbps4K(3840×2160)/30Hz絶滅危惧
スタンダードHDMI 1.34.95Gbps1080p(1920×1080)/60Hz化石

おすすめ!

デスクモニターに接続するならL字変換プラグといっしょに

これはGOLD LINEのみならずHDMIケーブルならすべて当てはまりますが、ディスプレイモニターに接続する際は、そのまま挿すよりL字プラグを噛ませたほうがスッキリ見栄えが良くなります。

ここが、こうなって、こう!こんなかんじ。

LINDY「GOLD LINE」をレビュー。4K120Hz、8Kにも出力できるHDMI2.1対応ケーブル(と便利な変換アダプタたち)

ってことで今回L字プラグ【型番41506】もLINDYから提供してもらいました。GOLD LINE同様金メッキ仕様でメタル感のある高品質L字プラグです。かっこいい。

こちらは、4K120Hz下位互換に対応していていHDRとDolby Visionにも対応しクロムメッキ仕様となっています。

LINDY「GOLD LINE」をレビュー。4K120Hz、8Kにも出力できるHDMI2.1対応ケーブル(と便利な変換アダプタたち)

360°動くアダプタもあるぞ

HDMI取り付けスペースがもっと複雑だという環境のひと向けに方向を360°調整することができるアダプタも存在します。

LINDY「GOLD LINE」をレビュー。4K120Hz、8Kにも出力できるHDMI2.1対応ケーブル(と便利な変換アダプタたち)

こちらの型番41096は、一方方向だけでなくグリングリンと自由に向きを変えることができるようになっています。

コネクタ部分も他とおなじ24K純金メッキ仕様。

ただし、HDMI2.0なので4K@60Hzまでとなります。

商品を画像検索すると見た目がいっしょでLINDYのシールが貼られていない無印他社の製品もあったのでどこかのOEM製品…かな?
created by Rinker
リンディー(Lindy)
¥1,339(2024/06/25 10:43:49時点 Amazon調べ-詳細)

LINDYのHDMIケーブル「GOLD LINE」買うなら今!

LINDY「GOLD LINE」をレビュー。4K120Hz、8Kにも出力できるHDMI2.1対応ケーブル(と便利な変換アダプタたち)

ということで、僕のデスク環境に新たに加わったLINDYのHDMIケーブル「GOLD LINE」についてレビューしてきました。

最高品質HDMI2.1ケーブル、今でこそプロ仕様っぽく聞こえるでしょうが、今後HDMI2.1が普及すると考えると先取りと言えるかもしれません。(というか先取りになるか)

今年2月まで8,000円だったのが、この記事を書いている今現在Amazonで4,000円くらいまで寝落ちしていることを考えると、より映像美を求めるユーザー層は今が買い時と言えるかもしれません。

created by Rinker
リンディー(Lindy)
¥2,968(2024/06/25 10:43:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
リンディー(Lindy)
¥1,339(2024/06/25 10:43:49時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください