Kiwi ears「Orchestra Lite」レビュー。8BA搭載ハンドメイドレジン製超絶ハーモニアスなIEM

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

当ブログの運営者、ガジェット大好き翁(おきな)@okinalogです。よろしくね。

Orchestra Liteは、低音用大型バランスドアーマーチュアドライバー2基、中音用カスタムバランスドアーマーチュアドライバー4基、高音用カスタムツイーター2基を搭載した8BA構成のイヤホンです。

お値段36,300円。

Kiwi ears「Orchestra Lite」レビュー。8BA搭載ハンドメイドレジン製超絶ハーモニアスなIEM

僕としては初となる8基ものバランスドアーマーチュアドライバーを搭載した8BA構成のイヤホンということで、レビューをかなり楽しみにしていたんですが、やばいですよこのイヤホン。

詳しくはレビューに書きますが、気になっているってひとは貯金ができたら真っ先に迷わず買っていいです。そんなイヤホンです。

さあ、はじめようか。

created by Rinker
Linsoul
¥36,300(2024/02/21 10:40:18時点 Amazon調べ-詳細)
Kiwi ears「Orchestra Lite」
低音
 (4.5)
中音
 (5)
高音
 (4.5)
サウンドステージ
 (4)
定位感
 (4.5)
ビルドデザイン
 (5)
総合評価
 (5)
この記事の著者

ジャパニーズガジェットブロガー

おきな

プロフィール

ガジェットが大好きな34歳/ ブロガー歴5年/ レビュー数180品以上(うちイヤホン80種類)/ サラリーマン/ 4児の父/ “みんなといっしょ”が苦手なタイプ

この記事では、LINSOULより提供してもらったKiwi earsのIEM「Orchestra Lite」について、音質やビジュアルなど実際の使用感をイヤホン大好きガジェットブロガー翁が実機レビューしていきます。

Kiwi ears「Orchestra Lite」の概要

Kiwi ears「Orchestra Lite」レビュー。8BA搭載ハンドメイドレジン製超絶ハーモニアスなIEM

Orchestra Lite(オーケストラライト)は、Kiwi earsの名作と名高い先代Orchestraに基づいた改良・廉価版で、より自然でバランスのとれたサウンドを強みとするIEMです。

レジン製のシェルはひとつひとつ手作業によって作成されていて、厳しい品質管理検査を通して出荷されているそうです。

ドライバーメーカーと協力開発されたカスタムドライバーは8基内蔵。5つのパッシブコンポーネントを採用した3way構造で複雑な音の層を再現するよう設計されています。

それでいてインピーダンスは16Ω、感度は112dBとスマホ直挿しでも使えるようになっているのも魅力です。

Kiwi ears Orchestra Liteのスペック

周波数帯域:20Hz-20KHz

インピーダンス:16Ω

感度:112dB

ケーブル:4コア7N無酸素銅(OFC)0.78mm2pin 3.5mmプラグ仕様

パッケージ

Kiwi ears Orchestra Liteのパッケージには、本体・ケーブルとイヤーピース3種3サイズ、ポータブルケースが付属しています。

Kiwi ears「Orchestra Lite」レビュー。8BA搭載ハンドメイドレジン製超絶ハーモニアスなIEM

ケーブル

Kiwi ears Orchestra Liteのケーブルは超軽量マテリアルが利用された4コア7N無酸素銅ケーブルを採用しています。

0.78mm2pin仕様なのでリケーブルも可能となっています。

外観

エンジニアの手作業によって制作されたオールレジン製のシェルは、2回の品質検査を受けて品質確認を施されています。

みてくださいこの美しい透明感とカラーリング。

カラー展開はグリーン・ブルー・パープル・オレンジ・クリアーの4色で、今回はパープルを提供してもらいましたが、個人的にはブルーがいちばんキレイに視えます。

Kiwi ears「Orchestra Lite」レビュー。8BA搭載ハンドメイドレジン製超絶ハーモニアスなIEM
Kiwi ears「Orchestra Lite」レビュー。8BA搭載ハンドメイドレジン製超絶ハーモニアスなIEM

Kiwi ears「Orchestra Lite」を実際につかってみた

Kiwi ears「Orchestra Lite」レビュー。8BA搭載ハンドメイドレジン製超絶ハーモニアスなIEM
翁(おきな)
翁(おきな)

実際にKiwi ears Orchestra Liteを使用してみて感じたことをレビューしていくで!

視聴環境

プレーヤー:Pixel8Pro(DAC経由)

DAC:iBasso DC04Pro

ストリーミング:Amazon Music Unlimited

イヤーピース:SpinFit OMNI

高解像高精細!これが“耳が溶ける”音質

Orchestra Liteの音質は、クセのないニュートラルさと統一感のある高精細かつ情報量の多い質感となっていました。

各音域角や凹凸はなく言えばシンプルなフラットではあるのですが、ぜんたいの水準が高いので聴けばすぐに「うぉーーーー!」と思うことでしょう。

はじめの1曲目を再生した瞬間にかなり透明度の高い中音がゴーっと流れ込んできます。

各音域・音場の広さと分離感まで含めてぜんたいのバランスでみるとOrchestra Liteの完成度は非常に非情に非常に高くて、聴けば聴くほど魅了される不思議さがあります。

低音はインパクト力とほどよい深さがありますが、ベースブーストなKiwi ears「QUARTET」ほど低音中心なレベルではありません。

高音は変な煌びやかさや鋭さはなく滑らかかつニュートラルな印象で、女性ボーカルであっても裏声を強みとした男性ボーカルでも美しく表現してきます。

そして、中音。低音高音に隠れることなく前面にズオーっと飛び出してくるクリアーな中音が半端なく爽快です。一切雑味がなくボーカルの声もブレスも発音も聞き取りやすい!聴こえる!しかも高精細ときたから活力が沸き上がります。

ここまでの解像度はいままで聴いたことがありません。

TYLAの『Water』のサビの部分とか、鳥肌がたつほど美しいですよ。

Kiwi ears「Orchestra Lite」レビュー。8BA搭載ハンドメイドレジン製超絶ハーモニアスなIEM

強いて言えばスピード感を特長とした楽曲とは相性がそこまでよくなさそうな印象です。

EMINEMの『GODDZILA』がややガチャガチャしたかんじに聴こえました。

ただ、どのジャンル、どんなアーティストでも高水準で鳴らしてくれる。それがOrchestra Liteです。

4.4mmバランス接続にリケーブルして再度視聴してみた

Orchestra Liteは3.5mmプラグのイヤホンということで、手元にあったTRIPOWINの4.4mmバランス接続タイプのケーブルにリケーブルして変化を確認してみました。

Kiwi ears「Orchestra Lite」レビュー。8BA搭載ハンドメイドレジン製超絶ハーモニアスなIEM

大きく変化したのは低音。

迫力が増し、深さが増し、力強いサウンドに変化しました。これならドンシャリ好きでも満足できるレベル。

また、高音の明瞭度が高まりましたね。Seraph自体が銀メッキケーブルという素材感もあってか、全体的にクール感が増したように感じます。

中音も、純正ケーブルでは気付かなかった音を前面に出せていて、Orchestra Liteのバランス接続へのリケーブルは全体をとおしてプラスに転がった気がします。

今回試したのはこちら

音場と定位感

Orchestra Liteの音場は前後に広めですが、予想の範囲を超える衝撃はありません。

ただし、空間表現力は高いのでオーケストラによるクラシック楽曲での臨場感は目を見張るものがあります。

分離感は“8BAらしさを感じるほど顕著な具合ではありません”って海外のレビューサイトでは言っていましたが、僕から言わしてみればえぐいくらい分離感半端ないです。

AC/DCの『Thunderstruck』の各楽器の立体感とか半端ないですよ。

各楽器の音像がハッキリ手に取るようにわかるので、ゲームでも実用可能です。

おすすめのイヤーピースは

最近新たに提供してもらい手元に届いたSpinFitの「OMNI」

有線イヤホンワイヤレスイヤホンどちらでも使えるという万能イヤーピースらしいんですが、これがOrchestra Liteと非常に相性がよかったです。

粒立ちがよくなり解像感をより一層味わうことができるようになりました。

Kiwi ears「Orchestra Lite」レビュー。8BA搭載ハンドメイドレジン製超絶ハーモニアスなIEM

傘が柔らかく薄いのでフィット感もバツグンにソフトで。

1つ持っていればいろいろなイヤホンに使いまわせるので購入を強くおすすめします。

Kiwi ears「Orchestra Lite」はこんなひとにおすすめ

はっきり言ってOrchestra Liteはオーディオの魅力を知っているひと全員におすすめしたいIEMです。

毎日のモチベーションや癒しに音楽を重要視しているひと全員です。

全音域に勢いと瑞々しさがあるので、聴くだけでどんな楽曲でも元気が出てくる。Orchestra Liteはそんなイヤホンと言えます。

翁(おきな)
翁(おきな)

強いていえば低音の深みに力不足を感じるひともいると思いますが、先述したようにバランス接続にリケーブルすれば解消されるので問題なし!

特に完全ワイヤレスイヤホンから有線イヤホンへ移行しだしたひとは必ず衝撃を受けると思います。

Kiwi ears「Orchestra Lite」レビューまとめ

Kiwi ears「Orchestra Lite」レビュー。8BA搭載ハンドメイドレジン製超絶ハーモニアスなIEM
メリット
  1. 美しいハンドメイドレジンシェル
  2. 8BA構成の耳が溶けるような高音質
  3. 4.4mmバランス接続ケーブルにリケーブルすると低音の迫力が増す
  4. Orchestraとおなじドライバー構成で半額
デメリット
  1. 低音ブーストな音質ではない

ということで、今回はKiwi earsのインイヤーモニター「Orchestra Lite」について実機レビューしてきました。

初の8BA構成、見事に度肝を抜かれました。

まさにハイエンドに相応しい音質。どんなアーティストでも高音質に再現するバランス重視なサウンドたまりませんね。

ここまで高精細で高音質だとほかのイヤホンにメリットを見いだせなくなっちゃうじゃないですか…。

気になってるひとは迷わず買ってください。間違いなく明日から元気が出る音質のイヤホンです。

created by Rinker
Linsoul
¥36,300(2024/02/21 10:40:18時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください