Tranya「X3」レビュー。コスパメーカーが出した防水設計&ゲームモード搭載aptX Adaptive対応耳を塞がないイヤホン

Tranya「X3」レビュー。防水設計&ゲームモード搭載aptX Adaptive対応耳を塞がないイヤホン

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

当ブログの運営者、ガジェット大好き翁(おきな)@okinalogです。よろしくね。

高音質ながら周囲の音も聞きとれる耳を塞がないイヤホン(オープンイヤーイヤホン)

このブログでも先日、2モデルほどレビューしてまして家事のときやスポーツシーン、外出先などでも使い勝手がよくて完全ワイヤレスイヤホンからほぼ移行しちゃってるくらいです。

そして今回、コスパがいいと話題のTranyaからも耳を塞がないイヤホン「X3」が登場したようで、実機を提供してもらいました。

使用感などレビューしていきます。

さあ、はじめようか。

created by Rinker
TRANYA
¥14,600(2024/02/21 10:14:28時点 Amazon調べ-詳細)
この記事の著者

ジャパニーズガジェットブロガー

おきな

プロフィール

ガジェットが大好きな34歳/ ブロガー歴5年/ レビュー数180品以上(うちイヤホン80種類)/ サラリーマン/ 4児の父/ “みんなといっしょ”が苦手なタイプ

この記事では、Tranyaから提供してもらった耳を塞がないイヤホン「X3」について、レビューしていきます。

Tranya「X3」の概要

Tranya「X3」レビュー。防水設計&ゲームモード搭載aptX Adaptive対応耳を塞がないイヤホン

Tranyaというと、先日完全ワイヤレスイヤホンをレビューのが記憶に新しい。まだまだ認知度の低いブランドですが、サウンドピーツEarFunのようにコスパがいいオーディオを販売している新参ですね。

そんなTranyaのオープンイヤーイヤホン「X3」の特徴は下記です。

  1. 16mm大口径ドライバー搭載
  2. AptX Adaptiveに対応
  3. 最大連続再生時間32時間
  4. ゲームモード搭載

お値段はAmazon価格で14,600円(記事執筆現在5,000円OFFクーポンが出ているようです)と耳を塞がないイヤホンとしては中堅に位置する価格ですね。

スペック

Bluetooth5.3
コーデックSBC,AAC,apt X Adaptive
ドライバー16mm
防水性能IPX5
連続再生時間単体:32時間
ケース込み:46時間
急速充電対応;Type-C
Tranya X3スペック

外観

Tranya「X3」レビュー。防水設計&ゲームモード搭載aptX Adaptive対応耳を塞がないイヤホン

ケースサイズは、ヨコ10.9×タテ7.1×厚さ3cm。薄いのが救いですがやっぱりオープンイヤーイヤホンのケースはまだまだ大きいのが気になるポイントですね。

背面に充電用のType-Cポートがあり、ワイヤレス充電には対応していません。

Tranya「X3」レビュー。防水設計&ゲームモード搭載aptX Adaptive対応耳を塞がないイヤホン

ぜんたいの重さは約108g。本体はマグネットでスポッと固定されます。

Tranya「X3」レビュー。防水設計&ゲームモード搭載aptX Adaptive対応耳を塞がないイヤホン

勾玉のような形状の本体は、以前レビューしたTRUEFREE O1や1MORE Fit SE S30と違ってフック部分が変形しないタイプ。バッテリーはおそらく耳の後ろ側に内蔵されているボーラスタイル(勝手に命名)です。

接続

デバイスとの接続方法はBluetoothで、完全ワイヤレスイヤホンと変わりありません。

  1. X3の蓋を開ける
  2. デバイスのBluetooth設定画面を開いてをBluetoothをオンにする
  3. 新規デバイスを探す
  4. 『Tranya X3』を選択
  5. 接続完了!

Tranya「X3」を実際につかってみた

Tranya「X3」レビュー。防水設計&ゲームモード搭載aptX Adaptive対応耳を塞がないイヤホン
翁(おきな)
翁(おきな)

実際にTranya X3を使ってみて感じたことをレビューしていくで!

ボーカルがめっちゃ近くに感じる奥行のあるサウンド

さっそくX3の音質をチェックしていきましょう。

接続コーデックはaptXで、ハイレゾ音源には対応していません。ただ、それでも想像するようなポッスポスの低音やスッカスカの中音ではありません。

Tranya「X3」レビュー。防水設計&ゲームモード搭載aptX Adaptive対応耳を塞がないイヤホン

いちばん前に出てくるのはボーカル。中高音系のボーカルとは特に相性がよくエドシーランやJustin Timbarlakeのような裏声を得意とするアーティストは聴きやすいですね。

無駄な余韻がなくキレがあり楽器音との分離がはっきりしているので、ポッドキャストを聴いているかのような感覚になります。かなり近くに声を感じるので出勤時にオーディブルとか流し聴きしたいひとにはいいかもしれません。

Tranya「X3」レビュー。防水設計&ゲームモード搭載aptX Adaptive対応耳を塞がないイヤホン

低音は沈み込むような深さこそないものの、キック力はありバスドラムの迫力はころさずに再現できている印象。ドンシャリサウンドが好みのひとにとってはちょっとパンチに欠けるであろう抑え具合。

全体的に中~高音の主張がつよく、情報量も同じくそのあたりが多めに聴こえます。もちろん、音量も上げれば上げるだけ鮮明さは増していきます。音漏れを引き換えに。

とまあふつうのイヤホンかのようなレビューをしていますけど、そもそも外音はしっかり聞き取れるうえに耳の外で鳴ってる音ですから、そう考えるとかなり鮮明ではあります。

操作はタッチ式、目印もあるから分かりやすい

Tranya「X3」レビュー。防水設計&ゲームモード搭載aptX Adaptive対応耳を塞がないイヤホン

X3はタッチセンサー式の操作方式を採用しています。

1回タップで再生停止と受話終了、2回タップで音量の増減、3回タップで曲のスキップと巻き戻し、4回タップでゲームモードのオンオフ。長押しで音声アシスタント起動といった配置となっています。

センサー部にはキーボードのJとFにあるような目印になる突起があるので、外さずに操作できます。(探すのにちょっと時間かかる…)

ただ、今回でオープンイヤーイヤホン3台目なので正直に言いますが、そもそもイヤホン系全部タッチセンサー式まじで操作しづらいからやめてほしい…物理ボタン式のほうが圧倒的に操作しやすいんだが!

長時間の装着は難しい(個人差あり)

これは僕の耳の形状の問題でしょうが、X3はイヤーフック部分が固定されていて硬いタイプなので長時間装着していると外した時にめっちゃ耳が痛くなりました。

あと、メガネをかけてる人はイヤホンのフック部分とカチャカチャと干渉するので向きませんね。

Tranya「X3」レビュー。防水設計&ゲームモード搭載aptX Adaptive対応耳を塞がないイヤホン
Tranya「X3」レビュー。防水設計&ゲームモード搭載aptX Adaptive対応耳を塞がないイヤホン

以前レビューしたTRUEFREE O11MORE Fit SE S30とかはフック部分がソフトなタイプでそんなことなかったんで、ちょっとざんねん…

Tranya「X3」レビューまとめ

Tranya「X3」レビュー。防水設計&ゲームモード搭載aptX Adaptive対応耳を塞がないイヤホン
メリット
  1. 奥行を実感できる音場の広さ
  2. しっかり周囲の音も聞きとれる
  3. ボーカルの声が近くに聴こえる
  4. 生活防水仕様
デメリット
  1. フック部分が硬い固定式なので耳に合う合わないがあるかも
  2. ケースは大きい(耳を塞がないイヤホン全部そう)

ということで、今回はTranyaの耳を塞がないイヤホン「X3」について実機レビューしてきました。

aptX Adaptiveに対応しているということで、対応したスマホを使っているひとには魅力的なタイプのイヤホンです。Bluetooth5.3で接続もはやいし、防水設計だし使い勝手はいいですね。

音質も想像するようなふと昔前のオープンイヤーに比べると圧倒的に奥行があるし、音は間違いないですね。

フックの部分がハードなのが唯一気になるポイントです。

created by Rinker
TRANYA
¥14,600(2024/02/21 10:14:28時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください