KZ「ZSTX」レビュー。2,480円見た目チープだけど原音忠実度を意識された1BA+1DDモデル

KZ「ZSTX」レビュー。2,480円見た目チープだけど原音忠実度を意識された1BA+1DDモデル

この記事では、KZの有線イヤホン「ZSTX」のビジュアルの素材感や音質について、今有線イヤホンにドはまり中のガジェットブロガー翁が実機レビューしていきます。

当ブログの運営者、ガジェット大好き翁(おきな)@okinalogです。よろしくね。

中華イヤホンならまずKZな昨今、翁2基めのKZイヤホンとして「ZSTX」を購入してみました。2,480円。

バランスドアーマーチュアドライバーとダイナミックドライバーをそれぞれ1基ずつ積んだハイブリッド仕様で、中華イヤホンらしい強めのドンシャリサウンドなんだけど明瞭感もあり。

前回レビューした「ZSN PRO」とはまた異なった音質を楽しめるイヤホンに仕上がっていました。

中華イヤホンデビュー機にはちょうどいい聴きやすい音質で手頃な価格帯のモデルです。

さあ、はじめようか。

created by Rinker
Yinyoo
¥2,280(2023/03/30 23:50:31時点 Amazon調べ-詳細)
この記事の著者

ジャパニーズガジェットブロガー

おきな

プロフィール

ガジェットが大好きな34歳/ ブロガー歴5年/ レビュー数180品以上(うちイヤホン80種類)/ サラリーマン/ 4児の父/ “みんなといっしょ”が苦手なタイプ

※有線イヤホンを使ってみたいなと興味があるひとは、まずは「有線イヤホン素人の僕が15本以上触れてみて分かった【初めての1本】におすすめな5選」を参考にしてみてください。

KZ「ZSTX」概要と特徴

今回レビューするのは、KZの有線イヤホン「ZSTX(ゼットエスティーエックス)」

KZ独自の30095型のバランスドアーマーチュアドライバー(BA)と10mmの二重磁気ダイナミックドライバー(DD)をあわせもつ1BA+1DD構成のハイブリッドモデルです。

KZによると、ZSTXは他社同価格帯のイヤホンにくらべ音の広がりを広くし、着色を抑え原音にちかいサウンドに仕上げているらしく、インイヤーモニターとしても活用できるとのこと。

ケーブルは0.75mmの2pinTZFケーブルを採用。

おなじ形状のケーブルがあればリケーブルすることが可能となっています。

ブラック・パープル・ターコイズブルーの3色展開で、マイク付きモデルも含め豊富なラインナップとなっています。

マイクありモデルも存在
KZ「ZSTX」のスペック

周波数応答:20-40KHz

インピーダンス:12Ω

感度:107dB/mW

ケーブル:0.75mm2pinTZFケーブル

パッケージ

ケーブル

KZ「ZSTX」のケーブルはTFZタイプの0.75mm2pinリケーブル仕様。

ZSN PROのqdcケーブルと似てますがじゃっかん形状がちがうタイプで、ZSN PROのようにイヤホン受け側が突起していないタイプとなっています。

イヤホン受け側は溝が入っていてケーブル側が食い込むかたちで装着するのがTFZケーブルです。

耐久性の面ではqdcケーブルモデルより高そうですが、溝にゴミなどがつまらないよう注意も必要です。

スケルトンで清潔感のあるTZFケーブル
連結部は頑丈なので抜き差しの際にピンが折れないよう注意が必要

3.5mmのイヤホンジャックは装着しやすいL字型で、繊細な音を出させてくれる銀メッキ仕様。

まわりにはビニールコーティングがされていてツルっとしています。

外観

KZ「ZSTX」のシェルはこれまでの僕の触ってきたイヤホンのなかでいちばんスケルトンでいちばんチープ感のあるプラスチック素材。

ただ、プラスチック素材なぶん重さは3.8g(イヤーピース含まず)と軽量で、装着感は軽やかなのが強み。

フェイスプレートに描かれた“ZSTX”の筆記体がポップで好き嫌いが分かれそうなデザイン。

ノズルはいちばん凹んだところから最大9mm突起していて耳の奥まで差し込むことが可能

ZSN PRO同様スケルトンが印象的で、内部のドライバーも見て取ることができます

KZ「ZSTX」を実際に使ってみた

視聴環境

プレーヤー:Pixel4a(スマホ直挿し)、Pixel7(DAC)

DAC:iBasso DC03Pro

イヤーピース:SpinFit CP100+

ストリーミング:Amazon Music Unlimited

キレのいい高音としっかり重たい重低音のドンシャリ

KZ「ZST X」の音質
  • 低音:かなり太くてキレがいい。それでいてとろんと滑らかな低音
  • 中音:ニュートラルでボーカルの発音も聞き取りやすい。楽器音の主張具合もきちんと聞き取れる
  • 高音:少し控えめな位置から飛んでくる。伸びは最小限でキレがいい

ZST Xの音質は、V字のドンシャリチューニングとなっています。音の輪郭がまるく滑らかさが目立つあたたかみのある聴きやすい仕上がりです。

これは、ZSN PROとは正反対の音色。長時間聴いていて疲れにくい音と言えます。

中音やパーカッション系の音はシャープなサウンドなので、キレがいいキック力のある強めのバスドラムとのバランスもあわせて心地がいいなと思いました。

EDM系のヒップホップ楽曲をバイブスガンガンで楽しむのにちょうどよかったです。

定位感

低価格帯ということで、音場の広さは驚くほどではありませんでしたが、定位感に関してはそれなりに頑張ってる印象です。

まずリスニング用として検証してみました。

ボーカルを手前中心に置きつつ楽器音は左右後方からも流れてきます。2,000円台としてはノーマルなステレオサウンドの印象です。

ゲーム用途ではどうなのかも検証してみました。

前後左右はしっかりと音が変化して聞き取ることができましたが、斜め前・斜め後ろの音を再現するのは苦手なようで左右と聞き分けがつきませんでした。

FPSゲームでZSTXをつかうのはあまりおすすめとは言えません。

おすすめのイヤーピースはSpinFit「CP100+」

ZSTX付属のシリコンイヤーピースはZSN PRO同様何の変哲もない硬めのものだったので、装着感はいいものではありませんでした。

可能ならサードパーティ製のイヤーピースを別途用意して交換するほうがより高音質で音楽を楽しむことができます。

おすすめはSpinFitの「CP100+」です。

KZ ZSTXと相性がいいイヤーピースはSpinFit CP100+

柔らかくて痒みも起きにくいし、音全体の解像度が増してクリアーなサウンドを楽しむことができるようになります。

予算面でもし可能ならおなじSpinFitの「W1」のほうが最高ですが、2,400円ほどと少々高価になります。CP100+でもじゅうぶん音質は向上するので、まずはCP100+からはじめてもいいでしょう。

KZ「ZSTX」と似た価格帯のイヤホンとの比較

今回はZSTXよりも安いfinalの「E500」と、おなじKZの2種類「ZSN PRO」「DQ6」を比較対象にしてみました。

いずれもDACは経由せずスマホ直挿しでおなじ音量で検証。

final「E500」との比較

  • おなじ音量でもZSTXのほうが音が大きい
  • 低音の迫力はZSTXのほうがつよい
  • ZSTXはケーブルの交換ができる
  • シェルの軽さと値段の安さはE500が圧倒的
翁(おきな)
翁(おきな)

手軽なのはE500だけど使い込みで楽しむならZSTX。用途によるか。

KZ「ZSN PRO」との比較

  • 全体の解像度はZSN PROびほうがたかくてクッキリとしている
  • 原音忠実度はZSTXのほうがたかい
  • ボーカルはZSTXのほうが聴きやすい
  • ZSTXはあたたかい、ZSN PROはクールな音質
翁(おきな)
翁(おきな)

装着感が軽くて聴きやすい音質なのはZSTX!

KZ「ZSN PRO」レビュー。1BA+1DD搭載2,500円でとっても高解像度なハイブリッド型中華イヤホン

created by Rinker
kz-brand
¥3,800(2023/03/30 23:30:01時点 Amazon調べ-詳細)

KZ「DQ6」との比較

  • ボーカルの主張はZSTXのほうが近くて聴きやすい
  • ZSTXのほうがドンシャリ感がつよい
  • 装着感はDQ6のほうがフィットしやすい
  • 音場はDQ6のほうが広いけど定位感はそこまで変わらない
翁(おきな)
翁(おきな)

値段がちがうけど、ボーカルライクなのはZSTXだね!

created by Rinker
N\C
¥3,280(2023/03/30 23:50:33時点 Amazon調べ-詳細)

KZ「ZSTX」はこんなひとにおすすめ

  • 重たく響く低音のバイブスを感じたいひと
  • 着色の少ない原音よりのサウンドを楽しみたいひと
  • ストリートファッションにあうポップデザインのイヤホンを探しているひと
  • スマホ付属のイヤホンから1段ランクアップしたリスニングイヤホンを求めているひと

しっかりとしたドンシャリサウンドでいて聴きやすい滑らかな輪郭の音をだすイヤホンなので、スマホ付属のイヤホンを脱却してリスニングイヤホン沼に立ち入るのにちょうどいいエントリー機だといえます。

音の透明度を重要視するならおなじKZのZSN PROがおすすめですが、「とにかく中華イヤホンを味わいたい!」というならZSTXでまず間違いないです。

KZ「ZSTX」レビューまとめ

ということで、今回はKZのイヤホン「ZSTX」について実機レビューしてきました。

メリット
  1. 太くて重たいキレのいい重低音が楽しめる
  2. 長時間装着しても疲れない軽さ
  3. 着色が抑えめで原音再現度は同価格帯イヤホンよりたかめ
  4. 滑らかで丸みのあるサウンドで長時間聴いても疲れにくい
デメリット
  1. プラスチック素材シェルがチープに見える
  2. TZFケーブルの受け側に汚れがつまりそう

1BA+1DDで迫力のある低音と近距離ボーカルボイスの楽しめるイヤホンでした。

おなじ1BA+1DDのKZ「ZSN PRO」とはまたちょっと違った仕上がりで、原音忠実度に注力したチューニングは好き好きでしょうが2,480円という価格で考えると聴きやすい音質なのでありだと思います。

イヤーピースの交換で化けるのも中華イヤホンの醍醐味っぽいかんじで個人的にこの変化がクセになりつつあります。

created by Rinker
Yinyoo
¥2,280(2023/03/30 23:50:34時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください