ZIIGAAT「Cinno」レビュー。1DD+4BA構成スピード感唸る低音バイブスガンガン元気が出るIEM

ZIIGAAT「Cinno」レビュー。1DD+4BA構成スピード感唸る低音バイブスガンガン元気が出るIEM

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

この記事では、LINSOULから提供してもらったZIIGAATのインイヤーモニター「Cinno」について、趣味でガジェットレビューをしているガジェットブロガー翁が実機レビューしていきます。

当ブログの運営者、ガジェット大好き翁(おきな)@okinalogです。よろしくね。

ZIIGAATというブランドのIEM「Cinno」は、10mmのLCPダイアフラム1基と高音用と中高音用バランスドアーマーチュアドライバーを4基の計5種類のドライバーを搭載したハイブリッドインイヤーモニターです。

ZIIGAAT「Cinno」レビュー。1DD+4BA構成スピード感唸る低音バイブスガンガン元気が出るIEM
メリット
  1. ハキハキと元気がでるスピード感
  2. 太めの低音と細めの高音の塩梅が絶妙
  3. 耳の小さいひとにも相性がよさそうな小さなシェル
  4. ケーブルの交換が可能
デメリット
  1. 絡みやすい付属ケーブル
  2. 解像感は高くは感じられない

さあ、はじめようか。

created by Rinker
Linsoul
¥14,880(2024/02/21 05:13:37時点 Amazon調べ-詳細)
ZIIGAAT Cinno
低音
 (4)
中音
 (4)
高音
 (3.5)
サウンドステージ
 (3.5)
定位感
 (3)
ビルドデザイン
 (4)
総合評価
 (4)
この記事の著者

ジャパニーズガジェットブロガー

おきな

プロフィール

ガジェットが大好きな34歳/ ブロガー歴5年/ レビュー数180品以上(うちイヤホン80種類)/ サラリーマン/ 4児の父/ “みんなといっしょ”が苦手なタイプ

ZIIGAAT「Cinno」の概要

ZIIGAAT「Cinno」レビュー。1DD+4BA構成スピード感唸る低音バイブスガンガン元気が出るIEM

今回レビューする「Cinno(チンノ)」はZIIGAATというブランドが発売したオーディオ向けインイヤーモニターです。

ZIIGAATって僕も聞き覚えがなかったんですが、どうも10年以上OEM・ODM製品を開発製造していたメーカーだったようで、独自のブランドを立ち上げたんだとか。まだ出来立てのブランドということですね。

そんなZIIGAATのCinnoの特徴は下記です。

  1. 10mm液晶ポリマー(LC)ダイナミックドライバー1基
  2. 高音用と中高音用バランスドアーマーチュアドライバー各2基
  3. 人間工学に基づいたコンパクトシェル
  4. 0.78mm2pinリケーブル仕様
ZIIGAAT Cinnoのスペック

周波数応答:20Hz-20KHz

インピーダンス:32Ω

感度107dB

ケーブル:0.78mm2pin 3.5mmプラグタイプ

パッケージ

Cinnoのパッケージはシンプルで質素です。必要最低限のコストで作られている感じ。

ZIIGAAT「Cinno」レビュー。1DD+4BA構成スピード感唸る低音バイブスガンガン元気が出るIEM
  • Cinno本体
  • ケーブル
  • シリコンイヤーピース×3サイズ

ケーブル

Cinnoの付属ケーブルは材質が公開されておらず調べても判明しませんでしたが、素人耳的には銀メッキ銅線っぽい。表面は滑りにくいビニール感があって絡みやすい2芯編み込みタイプ。印象はよくないかも。

ZIIGAAT「Cinno」レビュー。1DD+4BA構成スピード感唸る低音バイブスガンガン元気が出るIEM

外観

Cinnoのシェルは最近レビューしたイヤホンのなかではかなりこじんまりとしたタイプで、すっぽりと耳に収まる小ささです。全面的にレジンコーティングされたようなツルっと感がありシック。ハウジング部とフェイスプレートとの境目も凹凸がなくスッキリとまとまっています。

ZIIGAAT「Cinno」レビュー。1DD+4BA構成スピード感唸る低音バイブスガンガン元気が出るIEM
ZIIGAAT「Cinno」レビュー。1DD+4BA構成スピード感唸る低音バイブスガンガン元気が出るIEM

ZIIGAAT「Cinno」を実際につかってみた

ZIIGAAT「Cinno」レビュー。1DD+4BA構成スピード感唸る低音バイブスガンガン元気が出るIEM
翁(おきな)
翁(おきな)

実際にZIIGAAT Cinnoを使ってみての感想をレビューしていくで!

視聴環境

プレーヤー:Pixel8Pro

DAC:iBasso DC04Pro

ストリーミングサービス:Amazon Music Unlimited

キレのいいスピード感と広がりのある低音が絶妙にノれるサウンド

ZIIGAAT「Cinno」の音質はキレとスピード感を特長としたフラット傾向となっていました。Cinnoで音楽を聴けばどんなに暗い曲でも明るくハッピーに感じられる。そんな音質をもったイヤホンです。

低音~中音域まではやや太めの輪郭でほどよい拡張性もありつつ、輪郭が細く鮮度の高い高音がスパッと差し込むかたち。

個人的にはスピード感のあるHipHopと相性がよく感じました。

たとえば、EMINEMの『GODDZILA』とか、Chris Brownの『Look At Me Now』とか、太めの低音とかなりアップテンポなラップが特徴の楽曲とかかなり聞き取りやすかったです。

ロックとも相性がよく、ギターやベース、パーカッションも比較的明瞭に聴こえます。Jay-Z&Linkin Park『Numb/Encore』なんかもノリノリで聴くことができました。

ZIIGAAT「Cinno」レビュー。1DD+4BA構成スピード感唸る低音バイブスガンガン元気が出るIEM

ただ、解像度はそこまで高く感じられません。低音の拡張性と輪郭の細い高音の緩急がそれをカバーしている印象です。

とはいえ、おなじハイブリッド構成でクール傾向の音質のIEMのTRIPOWIN「Rhombus」よりは温かみがあり聴きやすさがあります。長時間聴くならCinnoですね。また、Kiwi earsの「MELODY」と比べると全体のまとまりとか聴きやすさでMELODYに軍配があがるかなぁ。

音場と定位感

ZIIGAAT Cinnoの音場は値段相応に広くはなく狭すぎないかんじ。

ただ分離感はさすがにバランスドアーマーチュアドライバーを搭載したIEM、サビ部分の音声の重なりとか各楽器音がしっかり分離されていて心地よく聴くことができます。Ed Sheeranの『Shape of you』とか『I Dont Care』を聴くとそれが分かります。

彼の美声と、各方位からの楽器音、レイヤーの層がしっかり表現できていて清らかな気持ちになります。

おすすめのイヤーピース

Cinno付属のイヤーピースはその辺の中華イヤホンについてくるぺらっぺらのシリコンイヤーピースとは異なり装着感がいいタイプなので、しゃっちがサードパーティ製のイヤーピースを必要とはしませんが、ほかに選ぶならAZLA SednaEarfit MAXがおすすめです。

AZLA SednaEarfit MAXのフィルターが中音にほどよい粒立ちのよさを付与してくれて、解像感がやや目立つ音質に変化します。低音の膨張具合もすこし鮮明になっている気もします。

SpinFitのOMNIでも装着感はいいんですが、高音がやや刺さるような質感になるのでちょっと違う感じがします。

レビューはこちら!

ZIIGAAT「Cinno」レビューまとめ

ZIIGAAT「Cinno」レビュー。1DD+4BA構成スピード感唸る低音バイブスガンガン元気が出るIEM
メリット
  1. ハキハキと元気がでるスピード感
  2. 太めの低音と細めの高音の塩梅が絶妙
  3. 耳の小さいひとにも相性がよさそうな小さなシェル
  4. ケーブルの交換が可能
デメリット
  1. 絡みやすい付属ケーブル
  2. 解像感は高くは感じられない

ということで、今回は新星ZIIGAATというブランドのCinnoについて実機レビューしてきました。

ボーカルが前面に押し出されていて楽器音の分離具合もはっきりとしていて、LCPダイアフラムを活かした元気がでるような低音、勢いとスピード感のあるサウンドが魅力的なイヤホンでした。

ZIIGAAT、個人的にはもともとOEM製品を開発製造していた会社の独立ブランドということで経験者が入部してきたような感覚でワクワクしているのが正直な気持ちです。ぜひほかの製品も触れてみたいですね。

created by Rinker
Linsoul
¥14,880(2024/02/21 05:13:37時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください