ZIIGAAT「NUO」レビュー。LCP振動板採用シャープさと分離感を特長とするエントリーモデル

ZIIGAAT「NUO」レビュー。LCP振動板採用シャープさと分離感を特長とするエントリーモデル

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

いま、僕がひそかに注目しているオーディオブランドZIIGAATのエントリーモデル「NUO」

シンプルなモノクロデザインでビジュアルもよく値段も4,500円程度と比較的手頃なのに、Amazonの評価☆がめちゃ低いんですよ。もともと他メーカーのOEMとかODMを製造していた会社のオリジナル製品なのに、そんなに酷いのかなぁ…?

ってことで、実態はどうなのかみていきましょう。

さあ、はじめようか。

created by Rinker
Linsoul
¥4,580(2024/04/12 22:08:12時点 Amazon調べ-詳細)
ZIIGAAT NUO
低音
 (4)
中音
 (3)
高音
 (4)
臨場感
 (3.5)
解像度
 (4)
デザイン性
 (3.5)
総合評価
 (3.5)
この記事の著者

ジャパニーズガジェットブロガー

おきな

プロフィール

ガジェットが大好きな34歳/ ブロガー歴5年/ レビュー数180品以上(うちイヤホン80種類)/ サラリーマン/ 4児の父/ “みんなといっしょ”が苦手なタイプ

この記事では、LINSOULより無償提供してもらったZIIGAATのイヤホン「NUO」について正直レビューしていきます。

※有線イヤホンを使ってみたいなと興味があるひとは、まずは「有線イヤホン素人の僕が15本以上触れてみて分かった【初めての1本】におすすめな5選」を参考にしてみてください。

ZIIGAAT「NUO」

今回レビューするのはZIIGAATの「NUO」

10mmの液晶重合体(LCP)振膜ダイナミックドライバーとネオジウム磁石による組み合わせで応答性と解像度に特化。カスタム設計の音響チャンバーによってリアルでプロ仕様のステレオイメージング能力を備えた広いサウンドステージを実現しています。

そのほか、ケーブルは0.78mm2pinでリケーブルが可能なほか、インピーダンスは32Ωの感度117dBとDACなしでも駆動させやすい仕様となっています。

ZIIGAATというと、10年以上他メーカー用OEMやODM製品を製造してきた技術とノウハウを持ったブランドです。以前「Ciino」をレビューしましたがNUOはCiinoの弟分にあたります。価格もCiinoは14,000円に対してNUOは4,580円と半額程度になっています。

スペック

ドライバー:10mm LCPダイナミックドライバー

周波数応答:20Hz-20KHz

インピーダンス:32Ω

感度:117dB

ケーブル:0.78mm2pin 3.5mmプラグ

パッケージ

ZIIGAAT「NUO」レビュー。LCP振動板採用シャープさと分離感を特長とするエントリーモデル

外観

NUOの外観はオールブラックにホワイトのロゴとシンプルなモノトーンデザインとなっています。

フェイスプレートは樹脂で、シェル部分は半透明なブラック。

細長いシルエットで滑らかな凹凸があります。

ZIIGAAT「NUO」レビュー。LCP振動板採用シャープさと分離感を特長とするエントリーモデル

ZIIGAAT「NUO」を実際に使ってみての感想をレビュー

ZIIGAAT「NUO」レビュー。LCP振動板採用シャープさと分離感を特長とするエントリーモデル
翁(おきな)
翁(おきな)

実際にZIIGAAT NUOを使ってみての感想を正直レビューしていくでぃ!

視聴環境

プレーヤー:Pixel8Pro(DAC経由)

DAC:iBasso DC03Pro

ストリーミング:Amazon Music Unlimited

やや人を選びそうな装着感

NUOを装着したようすがコチラ。

個人的には、違和感がありました。横長だからか、耳の奥まで入れにくい。

ZIIGAAT「NUO」レビュー。LCP振動板採用シャープさと分離感を特長とするエントリーモデル
ZIIGAAT「NUO」レビュー。LCP振動板採用シャープさと分離感を特長とするエントリーモデル

シャープで分離感が特徴的なサウンド

ZIIGAAT NUOはU字の弱ドンシャリ傾向で、価格としては高解像で分離感に長けた仕上がりとなっています。

低音は、バスドラムのインパクトと重みをしっかり再現できていてサブベースも深い。無駄に広がりもせずキレがいいです。HBB BLONの「Z300」よりももう少し軽いかんじです。

中音はやや凹み気味で、量感も印象に残るほどは感じられませんがニュートラルで聴きやすい滑らかさがあります。

高音はやや煌めきがあって、でも刺さるまで鋭く尖れてはいない絶妙なライン。ほかの音域と被ることなくしっかり分離されていて主張があり華やかさを再現できています。

音質の傾向
音場狭い
音場広い
ハード
ソフト
迫力
繊細
楽器音
ボーカル
低音寄り
高音寄り

女性ボーカルはやや遠め。おなじくZIIGAATの上位モデル「Cinno」と宇多田ヒカルの『One Last Kiss』を聴き比べてみると、NUOのほうがCinnoよりも2歩ほど遠いところから声が届く印象です。

いっぽうで男性ボーカルとは相性がいいですね。Justin BieberとかBruno Marsとか、いいですね~雑味がなくて。QUEENの『ボヘミアンラプソディー』は声も近く、この曲ならではな分離感を最大限に堪能することができました。

ZIIGAAT「NUO」レビュー。LCP振動板採用シャープさと分離感を特長とするエントリーモデル

EDMとも相性がよくて、カイリーミノーグの『Real Groove』とかイヤーズ&イヤーズの『SHINE』なんかはすごくキレと透明感があってテンション爆上がりでした。

ということでZIIGAAT NUOは、男性ボーカルの楽曲や電子音で構成されたEDMを好んで聴くひとにおすすめですね。

同価格帯としてはKiwi earsの「Cadenza」がライバルにあたるかと思います。実際、聴き比べしてみましたがシャープさではCadenzaを越えてますね。

そう考えると、NUOは価格に対して割とクオリティの高い音質に仕上がっていると言えます。

おすすめのイヤーピースは

比較的なんでもいけますが、先述したように僕の耳にとってはやや入れにくいサイズだったのでホールド感のあるSpinFitのCP145とかAZLA SednaEarfit XELASTECとかが相性がよかったです。

ZIIGAAT「NUO」レビューまとめ

ZIIGAAT「NUO」レビュー。LCP振動板採用シャープさと分離感を特長とするエントリーモデル
メリット
  1. 価格としては広い音場
  2. 男性ボーカルと相性がよく、近い
  3. 分離感がよくポップス、ロック、EDMもイケる
  4. シャープさが気持ちいい
デメリット
  1. 形状がやや人を選びそう
  2. 女性ボーカルだと声がやや遠い

ということで、今回はZIIGAAT NUOについて実機レビューしてきました。

LCP振動板を採用した1DD構成ということで、ほどよい弾力あり高音の煌めきあり低音の迫力ありといった仕上がりのイヤホンでした。

独特のシャープさがKiwi earsの「Cadenza」以上ということも考えると、4,000円台としては無難に損をしないクオリティなんじゃないかなと思います。

Amazonの☆の少なさは充てにしなくてよさそうです。(第一最初のレビュー投稿が破損品が届いたって話でしっかりとした音質による評価は実質入ってない数値だし…)

created by Rinker
Linsoul
¥4,580(2024/04/12 22:08:12時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください