Kiwi ears「Singolo」レビュー。独自音響システムKARS搭載R&Bに最適なイヤホン

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

新作が出るたび出るたび話題となる注目の中華イヤホンメーカーKiwi earsから新作「Singolo」が登場したということで、いつものようにLINSOULから提供してもらい使い倒してみました。

Singoloは、過去レビューしたどのモデルとも被らない新鮮な質感で、特に僕が好んで聴くR&Bに最も向いているサウンドをもったイヤホンでした。

詳しくレビューしていきます。

さあ、はじめようか。

Kiwi ears Singolo
低音
 (5)
中音
 (4)
高音
 (3)
臨場感
 (3.5)
解像度
 (3.5)
デザイン性
 (4.5)
総合評価
 (4.5)
created by Rinker
Linsoul
¥11,305(2024/05/19 07:51:47時点 Amazon調べ-詳細)
この記事の著者

ジャパニーズガジェットブロガー

おきな

プロフィール

ガジェットが大好きな34歳/ ブロガー歴5年/ レビュー数180品以上(うちイヤホン80種類)/ サラリーマン/ 4児の父/ “みんなといっしょ”が苦手なタイプ

Kiwi ears「Singolo」

今回レビューするSingoloは、オーディオレビューにおいて海外で人気のCrinacleと共同製作されたオーディオファン向けのインイヤーモニターです。

カラーはブルーとブラックの2色展開で、価格はAmazonで13,000円。

  1. 11mmDDシングル構成
  2. KARS搭載
  3. 0.78mm2pinリケーブル可能仕様

Singoloは、日本製の11mm液晶ポリマー(LCP)ダイアフラムダイナミックドライバーを搭載しています。

また、注目すべきは、Singoloに搭載されたKARS(Kiwi Acoustic Resonance System)

KARSについて、LINSOULではこのように解説されています。

KARS はギミックではありません。ドライバーへの空気の流れを操作し、低周波出力を調整する個別のバンドパス フィルターです。この特許取得済みのイノベーションは、Singolo のドライバーに適切な共振点を完全に計算するために、数多くの科学的および物理的モデルに基づいて設計された精巧な迷路状のチューブ ネットワークを備えています。 KARS は、タイトなサブベースのシェルフを可能にします。これはシングルドライバー IEM ではこれまで不可能だったものです。低音の質、量、質感はすべて、同様のドライバー形式で使用される他のチューニング戦略とは比較になりません。

LINSOUL Singoloページより

KARSを搭載することで、空気の流れを調整して純粋で高解像なサウンドが楽しめるとのこと。

スペック

周波数応答:20Hz-20KHz

インピーダンス:32Ω

感度:108dB

ケーブル:0.78mm2pin 3.5mmジャック

付属品

Singoloのパッケージは先のQURTETやQUINTETとおなじ大きさの化粧箱で、ただしポータブルケースは付属していません。

価格を考えると付属していると嬉しかったんですが、ざんねん。

そのほか、イヤーピースが2種類と冊子が1枚同梱していました。

ケーブルについては公式に記載がありませんが、ストレートタイプでやや絡みやすい質感。コネクタ部分は滑らかなL字で、全体をとおしてかわいらしいデザインです。

外観

Singoloのビジュアルは透明感があり高級感を感じることができるデザインとなっています。

フェイスプレートはレジンの奥にKiwi earsのロゴと水彩のような色味がありキレイで、シェル部分はクリアーなスケルトンで内部構造が視えるようになっています。

サイズ感はCadenzaとほぼおなじで、凹凸はほぼありません。

(左)Cadenza(右)Singolo
(左)Cadenza(右)Singolo

Kiwi ears「Singolo」を実際に使ってみての感想

視聴環境

プレーヤー:Pixel8Pro(DAC経由)

DAC:iBasso DC04Pro

ストリーミング:Amazon Music Unlimited(ULTRA HD音質)

沈み込む深い低音を含んだ落ち着きのある上質なサウンド

音の傾向
音場狭い
音場広い
ハード
ソフト
迫力
繊細
楽器音
ボーカル
低音寄り
高音寄り

Singoloは、羊をかぶった狼のようなサウンドを魅せるイヤホンとなっています。

一見、淡泊でドライでさっぱりとした中~高音中心のサウンドとみせつつ、実のところ高解像で深くなめらかな低音を孕んでいます。

SingoloはR&B楽曲を最大限にムーディに出力してきます。、たとえばOmarionの『Ice Box』とかR.KELLYの『Number One』とか過去イチムーディ。

低音担当のサブウーファーでも積んでいるかのような深く、でも力任せじゃなく上品な低音がすごく気持ちよくて楽曲に奥行を付与。

中~高音はニュートラルで粒立ちのいいドライな質感。特に煌びやかとか解像感に感激するほどではなくて、標準的です。

ファレルウィリアムスの『Happy』や久保田利伸の『流星のサドル』を聴くと、ボーカルは気持ち遠くて低音のうしろに位置しているように聴こえます。

でも、この距離感がプラスに働いていて音場を広く表現しています。そして、ハモリが絶妙に軽快でレイヤー感があり見通しがいいので清々しい。重たい低音と相まって表はサクサクなのに中しっとりな焼き立てのクロワッサンのような具合なんです。

この低音はしっかりとSingoloを耳に装着することでしか得ることができません。いつも使っているSpinFitのW1CP100AZLA SednaEarfitMAXではなくAZLA SednaEarfit XELASTECにすることでこの事実に気づくことができました。

イヤーピースいろいろ持っててよかった…

DACによっても質感はガラッと変わる

また、DACによってもSingoloは音色をガラッとかえたのでシェアしておきたい。

まず、僕がふだんメインでつかっているiBassoのDC04Proだと、若干艶やかさがありメリハリ重視で迫力のあるサウンドが味わえる。これはこれで元気がでるので好きなんだけど、気持ち勢いがありすぎるようにも感じます。

いっぽうで個人的に相性がバツグンだったのが、おなじKiwi earsから出ている「Allegro」。

これはもうやっぱり同じブランドどうしの製品だと納得の相性。全体的にカラッとしたドライな質感に変化し、シャリ感が増す。中音~中高音のハモリ具合にレイヤー感が増してすごくハーモニアスになります。

Singoloを活かすならAllegroだと直感的に感じるほど。

この記事を書いている現在AllegroはAmazonではまだ販売されていないけど、気になるひとはお気に入りリストに放り込んで入荷を待ってもいいかもしれません。

created by Rinker
Linsoul
¥9,780(2024/05/19 08:31:28時点 Amazon調べ-詳細)

相性のいいイヤーピースはどれか

先ほども書いたように、Singoloは耳に完全に装着することで真価を発揮します。

といったらどのイヤホンもそうだろってはなしですが、Singoloについては“完全に耳に最適化”でないと0点に近いくらい音が正しくないんです。付属のイヤーピースだと、柔らかすぎてしっかりと耳介をホールドできない印象で、じゅうぶんとは言えません。

ホールド力が強くて、耳介内をほぼ真空にしてくれるレベルで密着するイヤーピースを探してみてください。

個人的に最適だったのは、AZLA SednaEarfit XELASTECです。

Kiwi ears「Singolo」

メリット
デメリット
  • R&Bと最適な重厚感のある低音
  • レイヤー感があるコーラスとのハモリ
  • 上質なビルドデザイン
  • ケースは付属していない
  • しっかり音質を実感するにはイヤーピースを選ぶ必要がある

ということで、今回はKiwi earsの最新作「Singolo」について実機レビューしてきました。

Singoloのよさを実感するにはイヤーピースを最適化する必要があるのはすこし手間ですが、そこを過ぎれば深い深い低音を体感できるので個人的にはいいイヤホンを手に入れたと思います。

R&Bのしんみりとした失恋ソングや未練たらたらの恋愛ソングが好きなので、Singoloは自分癒しに最適です。

created by Rinker
Linsoul
¥11,305(2024/05/19 07:51:47時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください