シャオミ(Xiaomi)ハンディクリーナーミニをレビュー。ズボラでも掃除がしたくなる

7 min

整理整頓や掃除が苦手でザ・ズボラ人間な僕。

だけど、ブロガーらしくせめてデスク周りはキレイにしたい。そんな思いから今回思い切ってハンディクリーナーを導入した。というかメーカーに提供していただいた。

4月27日から日本でも公式に販売が開始されたシャオミ(Xiaomi)の「ハンディクリーナーミニ」だ。

新発売製品ということもあって気になっている人も多いのではないだろうか。

Xiaomiのハンディクリーナーミニ パッケージ

見た目からも清潔感が漂うこのハンディクリーナー。見た目だけでなく掃除機としての性能も申し分ない出来上がりとなっていた。

ハッキリ言ってコスパがいい

ズボラな僕でさえ必要以上にデスクを掃除したくなるハンディクリーナーだった。

寝室兼デスクスペースの僕の部屋はホコリがすごくてちょうどハンディ掃除機がほしいと思っていたからシャオミのハンディクリーナーミニを導入してから椅子に座るたびに掃除を楽しむようになった。

ホコリが溜まった僕のデスク
ホコリが溜まった僕のデスク
デスクをシャオミのハンディクリーナーミニで掃除する様子
シャオミのハンディクリーナーミニでサッとひと撫で
小さいホコリもこの通りキレイに
小さいホコリも10秒程度でこの通りキレイに

ということで、この記事ではXiaomiのハンディクリーナーミニをレビューしていく。

テレワークでデスクを多用するようになったお父さんたちにおすすめ。

残念なところ
  • カラーバリエーションが白のみ
  • 充電端子の場所が底面
  • 交換フィルターがAliExpressでしか見つからない
いいところ
  • シンプルで置く場所を選ばないデザイン
  • こどもでも扱える500gという軽さ
  • メカモノに疎くてもメンテナンスしやすいシンプル設計
  • しっかり小さなゴミでも吸い取る吸引力
  • 充電端子がUSB-Cだからコンセント必須じゃない

「Xiaomi Mi Vacuum Cleaner mini」

シャオミのハンディクリーナーミニは、世界的にシェアを拡大している中国のスマホメーカーシャオミ(Xiaomi)の家電製品ライン「米家(Mijia)」の販売する製品で、4月27日に日本で公式に販売が開始したばかりの商品だ。

販売価格はAmazonで5,940円。

特徴は以下。

  • ブラシノズル+隙間ノズルで細部まで掃除できる
  • ワンクリックでごみを捨てられる
  • 小型で持ち運びが簡単で、保管と使用が簡単
  • 充電端子はUSB-C

要は5,000円という価格の割に細部まで良く作り込まれているので、卓上や車内など小回りを利かせたいところでの利用に最適なサイズ感と使い勝手となっている。

また操作方法からメンテナンスまでカンタンに行えるので、こどもから女性まで扱うことができるところが魅力だ。

製品仕様詳細

販売メーカー:シャオミ(Xiaomi Mijia)

型名:ハンディクリーナーミニ(Mi Vacuum Cleaner mini)

内容量:1000ml

バッテリー:充電式リチウムイオン電池

バッテリー容量:2000mAh

インターフェイス:USB-C

製品サイズ(奥行き×幅×高さ):5.50×5.50×26.70 cm

バッテリー持続時間:標準モード時最大30分・強力モード時最大9分

本体重量:500g

ズボラな僕でも使いたくなる「Xiaomiハンディクリーナーミニ」レビュー

見た目から触りたくなるデザイン

これが今回導入したXiaomiのハンディクリーナーミニ。

エントリープラグみたいな見た目のシャオミハンディクリーナーミニ
エントリープラグみたく近未来的な見た目がイケる。

まるで水筒のようにシンプルな筒状のデザイン。

シャオミのハンディクリーナーミニを水筒とレッドブルと比較した様子
シャオミのハンディクリーナーミニを水筒とレッドブルと比較した様子

奥さんも「え、なにそれ!」と言わんばかりに興味を引くであろう清潔感のある魅力的な見た目

付属品は以下

  • 本体
  • 隙間ノズル×1
  • ブラシノズル×1
  • タイプ C 充電ケーブル× 1
  • ユーザーマニュアル× 1

僕の提供していただいた製品は中国版。日本版には「アダプタ」も付属している

さらりとしたマットなプラスチックボディにMijiaのロゴ。

凹凸はなく実にシンプル。

本体重量は約500g

ハンディというだけあって片手で扱うわけだけど、本体は500gと500mlペットボトルとほぼ同じ重さなので持っていて疲れは感じない。

USB-C対応の充電端子

充電はUSB-Cケーブルから給電。

MicroUSBのように上下を気にしないでいい端子なのでズボラな僕が大好きな充電端子だ。

日本版はアダプタが付属しているけど、最悪モバイルバッテリーからでも充電ができるので旅先のお供にも持って回れる。

モバイルバッテリーでも充電できるシャオミのハンディクリーナーミニ
モバイルバッテリーでも充電できるシャオミのハンディクリーナーミニ
充電している姿も様になる

バッテリー容量は2000mAh。だいたい2時間で充電が完了する。

こういうUSBケーブルを使うデバイス機器は、USB-Aポート付きの電源タップなどがあると都度アダプタを探さずに済むからひとつあると便利。

▶関連記事:充電器いらずなAnkerの延長コードPowerPort Strip PD 3。いいところ残念なところ

見た目だけじゃない。想像以上の吸引力

“掃除機”というだけに見た目だけじゃなく吸引力が重要だけど、シャオミのハンディクリーナーミニは吸引力もしっかりとある実力派となっていた。

百聞は一見に如かず。

シャオミのハンディクリーナーミニの吸引力実例

吸引口から入るなら割と重たいものでもきちんと吸い取ってくれる。

そう、僕の好きなビスケットとかも。

実際にごみを吸い終わった後のシャオミハンディクリーナーミニのダストボックスの様子
大小さまざまなゴミがきちんと吸い取れていた

ちなみに、吸引口にはABS ハードダストシールド(内蓋)が用意されているので、ダストカップ内のゴミが逆流しずらくなっている。

加えて、本機はクイックスタート・ストップ仕様となっているので、スイッチを切った後の余韻もまったくなくスッとモーター回転が止まる。

さかさまの状態が多くてもキレよく吸引が止まるのでシールドがサッと閉まってゴミが漏れる心配がない。

ちなみに、シャオミハンディクリーナーミニの吸引力を数値面で目安程度に参考にすると、1分間に88000回転するモーターの真空度は13000Pa

最大120Wの強力な出力が可能。

20~100Wが主流のハンディクリーナー群の中では非常に高い数値となっている。

「Pa」という単位
ゴミや空気を浮き上がらせて吸い込む圧力の単位のことで”真空度”とも言う。

例えば他の製品と比較をしてみるなら、Ankerのハンディクリーナー「Eufy HomeVac H11」は、販売価格4,990円と価格的にはシャオミのハンディクリーナーミニと似た金額。

だけど、消費電力は70Wで連続使用時間は13分となっているので、120Wで30分間使えるシャオミのハンディクリーナーミニのほうが数値面でみて優れていると言える。

ノートPCも持ち上げる驚異の吸引力
強力モードならノートPCも持ち上げる驚異の吸引力

僕の愛用するHPのENVY x360(1.5キロくらい)も持ち上げることができる密着力と吸引力。驚異的。

※良い子はマネしないでね

付属のブラシと隙間ノズルで細かいところ・高いところまでキレイに

隙間ノズル、ブラシノズルはそれぞれ装着することができ、またすべてを組み合わせて延長ブラシノズルとして使うことができる。

棚の上の隙間や冷蔵庫の上の積み重なったほこりも見える範囲ならキレイにすることができる。

延長ブラシノズルモード

家庭用のコードレスクリーナーだとどうしても重たく肩への負担が大きいのでたった500gのシャオミハンディクリーナーミニは使い勝手がいい。

いつも僕の役回りになる狭いトイレの天井の換気扇掃除が楽になってうれしかった。

家庭用のシャークのコードレスクリーナーは重たい
家庭用のシャークのコードレスクリーナー。重たいんだコレ
シャオミのハンディクリーナーミニなら軽いからトイレの換気扇もラクラク
シャオミのハンディクリーナーミニなら軽いからトイレの換気扇もラクラク

また、キーボードを掃除するのにも最適だった。

メカニカルキーボードの掃除にも最適なシャオミのハンディクリーナーミニ
汚れが溜まりやすいメカニカルキーボードとの相性はバツグン

デスクに常備しておけば、PC起動からセキュリティソフト立ち上がりまでの何分間かの間にサッとデスク上の掃除が済むから間を有効的に使えるようになった。

右手にポテチ、左手にシャオミのハンディクリーナーミニ。

ノートPCの掃除もラクラクなシャオミハンディクリーナーミニ
もちろんノートPCの掃除もラクラク

日本の一般家庭にはだいたいある能面の手入れも楽にできた。

能面の掃除もラクラクなシャオミハンディクリーナーミニ
汚れが絡まりがちな起毛上の部分も

難しい操作はいらない。すべてがシンプルで使いやすい設計

操作も単純で、ボタンはひとつのみ。押すだけ。

モードも標準モードか強力モードの2種類しかない。

実にシンプル。

ボタン操作と持続時間

マルチボタン1回プッシュ⇒電源ON(標準モード)⇒マルチボタンをもう1回プッシュ⇒強力モード⇒マルチボタンをもう1回プッシュ⇒電源OFF

標準モード:30分間
強力モード:9分間

30分間という持続時間が短いという意見もあると思うけど、実際デスクを掃除するうえでは30分間も使うことはないし、なんなら5,000円台にも関わらず強力モードが9分も持つなら十分な長さだ。もう少し持続時間の長いものだと7,500円のアイリスオーヤマのハンディクリーナーになるので、そこはお財布との相談で決めたらいいと思う。

吸い取ったゴミの処理もシンプルにワンタッチでダストカップを開けて手を汚さずにサッと脇にあるゴミ箱に捨てることができる。

これがロック状態
下にスライドしてロックを解除
ボタンの下部をプッシュすると…
パッカーン!

また、ダストカップ内部の手入れもカンタン

カップと本体を軽くスライドさせるだけで上下に分離することができる。

ロックにある●を右にスライドさせると…
ロックが解除されて
上部が切り離せる!
上からでは出てこなかった細かい汚れも大丈夫!
片手でカンタンにダストカップを開けられるシャオミのハンディクリーナーミニ

つまり、吸って⇒開けて⇒捨てて⇒取り外すの一連の流れがすべて片手で済むということになる。

まったく力を使わなくてもサッと分解・隅々までメンテナンスができたので、ズボラな僕だけでなく嫁さんでもカンタンに手入れができる。

ココがXiaomiハンディクリーナーミニの大きなポイントだ。

つぎにダストカップとフィルターを分解。

上部の底面はこういった感じ
金物の取っ手を立ち上げて
ただ取っ手を引っ張るだけで取り出すことができる

取り出したフィルターはフィルターカバーと内部フィルターに分けることができるので、さらに細かいところまで手入れが可能。

上部を持って右回転させると…
フィルターとフィルターカバーを分離できる!
あとはブラシ系のものでさっと手入れ

フィルターとダストカップに関しては水洗いしても問題がない。

いちいちブラシで擦るのが嫌だという人はいっそ水洗いのほうが手っ取り早い。(ただし洗い終わったらしっかりと乾かす必要がある)

操作からメンテナンスまで、実にシンプルでメカモノに疎い人でもすぐに覚えることができる。

実際に使ってみて気になったところ

カラーバリエーションが白のみ

まず、本機はカラーバリエーションが白のみというのがちょっと残念なところ。

個人的にはデスクの色に合わせて黒か、オールアルミモデルがあると良かったな。

充電端子がある位置が底面

次に充電端子がある位置。

シャオミハンディクリーナーミニの充電端子は底面にある。これがネック。

本機は充電時には運転ができない。となるとデスクに置いた状態で充電がしたいとろこなんだけど、底面に充電端子があると立てたまま充電ができない

充電端子は背面にほしかった。

交換用フィルターはまだ日本では販売していない

また、ここが重要なんだけど、調べてみると交換用のフィルターはAmazonでは見つけることができなかった。

さらに調べてみると中国の大手オンラインショップ「AliExpress(アリエクスプレス)」でようやく見つけることができた。

つまり、万が一フィルターが破れたり破損したという場合には現時点では交換用フィルターは日本のオンラインショップでは手に入れることができずAliExpressから購入するほかない。

僕は以前からAliExpressは利用してきているけど、一般ユーザーにとってはちょっとハードルが高いだろうから、シャオミさん対応よろしくお願いします。

ただ、実際にはAliExpressからの輸入は全然ハードルが高くないから希望は失わないでほしい。到着までに小見1カ月ほど時間がかかるくらいで、勇気を出せば全くできないことではない。

AliExpressの使い方や詳細に関しては以下の記事に記載しているから確認してみてほしい。

【すぐできる!】アリエクスプレス(AliExpress)での登録と買い方紹介

まとめ:いつもキレイなデスクを使えるって幸せ

シャオミのハンディクリーナーミニならデスクを常にキレイに保てる

今回は4月27日に日本でも公式販売がスタートしたシャオミ(Xiaomi)のハンディクリーナーミニについてレビューしてきた。

まだ、日本での活動が始まったばかりなだけに気になる点もいくつかはあったけど、製品としての性能は価格以上でコスパに優れていたのが事実。デスク掃除くらいになら最適なスペックだった。

以前レビューしたスマートウォッチ「Mi Band 4」同様、人気が出るに違いないものとなっていた。それは、ズボラで掃除嫌いな僕が無駄に掃除をしだしたことで証明している。

既に同時発売のスマートウォッチ「Mi Watch」は販売開始8時間で売り切れ状態だし、気になる人ははやめにほしいものリストに追加しておこう。

残念なところ
  • カラーバリエーションが白のみ
  • 充電端子の場所が底面
  • 交換フィルターがAliExpressでしか見つからない
いいところ
  • シンプルで置く場所を選ばないデザイン
  • こどもでも扱えるほどの軽さ
  • メカモノに疎くてもメンテナンスしやすい設計
  • しっかり小さなゴミでも吸い取る吸引力
  • 充電端子がAndroidスマホと同じUSB-C

4点

評価 :4/5。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください