BQEYZ Winterレビュー。3.5万円12mmDD×骨伝導ドライバー搭載えげつない分離感と臨場感のIEM

BQEYZ Winterレビュー。12mmDD×骨伝導ドライバー搭載えげつない分離感と臨場感のIEM

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

この記事では、BQEYZより提供してもらったインイヤーモニター「Winter」について使用感や音質に対しての感想などをガジェットブロガー翁が実機レビューしていきます。

当ブログの運営者、ガジェット大好き翁(おきな)@okinalogです。よろしくね。

BQEYZ Winterは、12mmの空気伝導式ダイナミックドライバーと骨伝導ユニット(3万円台としては初)を搭載するハイブリッド仕様のIEMです。

お値段34,500円。

BQEYZ Winterレビュー。3.5万円12mmDD×骨伝導ドライバー搭載えげつない分離感と臨場感のIEM

圧倒的音場の広さとえげつない分離感からなるWinterのサウンドは、どのジャンルを聴いたとしても心を揺さぶる最高品質となっていました。

翁史上過去最高最強の称号を贈ります。

骨伝導ユニットの使用感については賛否あるかもしれませんが、Winterがほかにない魅力を放つ要因は確実にこの骨伝導ユニットの存在あってのもの。

ただ、装着面についてややクセと言えるところもあったので、その辺も踏まえて詳しくレビューしていきます。

さあ、はじめようか。

created by Rinker
KyaMuc
¥34,500(2024/05/18 10:50:13時点 Amazon調べ-詳細)
選べるカラー
BQEYZ Winter
低音
 (4.5)
中音
 (5)
高音
 (4.5)
サウンドステージ
 (4.5)
定位感
 (4.5)
ビルドデザイン
 (3.5)
総合評価
 (5)
この記事の著者

ジャパニーズガジェットブロガー

おきな

プロフィール

ガジェットが大好きな34歳/ ブロガー歴5年/ レビュー数180品以上(うちイヤホン80種類)/ サラリーマン/ 4児の父/ “みんなといっしょ”が苦手なタイプ

BQEYZ Winterの概要

BQEYZ Winterレビュー。3.5万円12mmDD×骨伝導ドライバー搭載えげつない分離感と臨場感のIEM

今回レビューするのは、BQEYZのIEM四季シリーズのひとつ「Winter」

「Spring」「Summer」「Autumn」に次ぐ最終モデルにして最高傑作と言われている人気モデルです。

大きな特徴として、

  • ダイナミックドライバー+骨伝導ドライバーのハイブリッド仕様
  • 音場を向上させるデュアルキャビティ音響構造を採用
  • 優雅な曲線ベースの美しい5軸CNC加工のメタルシェル
  • 2.5mm,3.5mm,4.4mmから選べる3製品

骨伝導ユニット搭載のIEMというとUnique MelodyのIEM「MEST MKII」がそうで、脳内を駆け巡るサウンドという想像もできない高音質になっているのだそうだ。

ただ、いっぽうで価格はいというと20万円を超える高嶺の花子さん価格となっています。

そんなMEST MKⅡに似た空気伝導×骨伝導の構成を実現しているWinterは3万円台とかなり手頃で、自社開発というコストをかけない手法でこの構成を実現しているのだそう。

振動板にPZT(圧電セラミックス)素材、ケーブルに単結晶銅、デュアルキャビティ構造など各パーツ各素材を試行錯誤し

弾力のある低域と繊細で分離性のある中音域、バリのない滑らかでクリアな高域を実現しているそうです。

BQEYZ Winter のスペック

周波数応答:5-40000Hz

インピーダンス:38Ω

感度:113dB

ケーブル:0.78mm2pin

パッケージ

Winterのパッケージには、本体と説明書、専用ケースにケーブル、4種類のイヤーピースが付属しています。

イヤーピースはハードめとソフトめのシリコンタイプに加えて低反発ウレタン素材のものも付属していてより取り見取り。

価格にみあった豪華な付属品となっています。

BQEYZ Winterレビュー。3.5万円12mmDD×骨伝導ドライバー搭載えげつない分離感と臨場感のIEM
BQEYZ Winterレビュー。3.5万円12mmDD×骨伝導ドライバー搭載えげつない分離感と臨場感のIEM
BQEYZ Winterレビュー。3.5万円12mmDD×骨伝導ドライバー搭載えげつない分離感と臨場感のIEM
BQEYZ Winterレビュー。3.5万円12mmDD×骨伝導ドライバー搭載えげつない分離感と臨場感のIEM
BQEYZ Winterレビュー。3.5万円12mmDD×骨伝導ドライバー搭載えげつない分離感と臨場感のIEM

ケーブル

Winterのケーブルは高品質音質伝送を特長とする単結晶銅(OCC)を内蔵した編みタイプを採用しています。

ソフトで取り回しは比較的しやすく存在感があって高級感があります。

0.78mm2pin仕様で、リケーブル可能。

別売りで4.4mmバランスジャックなど切り替えが可能なケーブルも販売されているそうですので、DAC経由で音楽を聴くひとはそちらも注目です。

BQEYZ Winterレビュー。3.5万円12mmDD×骨伝導ドライバー搭載えげつない分離感と臨場感のIEM

外観

Winterのシェルは5軸CNC加工で生成された金属素材で滑らかな流線形のお上品なデザインとなっています。

ブラックはフェイスプレート外側に挿し色グリーンのパイプラインがあしらわれていてカッコイイビジュアルです。

ただ、骨伝導ユニットを搭載しているからか、ほかのIEMと比べて若干部厚いのが気にはなるところです。

BQEYZ Winterレビュー。3.5万円12mmDD×骨伝導ドライバー搭載えげつない分離感と臨場感のIEM
BQEYZ Winterレビュー。3.5万円12mmDD×骨伝導ドライバー搭載えげつない分離感と臨場感のIEM
BQEYZ Winterレビュー。3.5万円12mmDD×骨伝導ドライバー搭載えげつない分離感と臨場感のIEM

BQEYZ Winterを実際に使ってみた

BQEYZ Winterレビュー。3.5万円12mmDD×骨伝導ドライバー搭載えげつない分離感と臨場感のIEM
視聴環境

プレーヤー:Pixel4a(直挿し・DAC経由)

DAC:iBasso DC04Pro

イヤーピース:CP1025

注意点

まず大前提として骨伝導ユニットからの音をしっかり耳が受け取れているかでWinterの音質は180度違ってきます。

Winterは筐体に厚みと長さがあるタイプなので、イヤピだけがフィットしていてもまだ100%とは言えません。

具体的には、シェルが耳甲介に触れている感触が分かるレベルまでのフィット感を得ればWinter100%の音質を味わうことができます。

そのためにイヤーピース選びにも工夫が必要です(後述)

うなる低音、満点の中音、煌めく高音、体験したことのない迫力臨場感サウンド

BQEYZ Winterの音質
  • 低音:とにかく深く、力強さと解像度は過去最強クラス
  • 中音:艶やかで瑞々しく決して低音高音の陰に隠れることなく主張しきっている
  • 高音:煌びやかさがありながらもピーク感が全くなく余裕がある伸びのある高音を出力してくれる

もうとにかく“臨場感が半端ないIEM”っていう一言に尽きます。

ここまでの臨場感は味わったことがないレベルで感動して思わず涙したほど。

ポップス、EDM、コーラス系、オーケストラ、バンド系どのジャンルを聴いたとしても心を揺さぶられる音質です。

BQEYZ Winterレビュー。3.5万円12mmDD×骨伝導ドライバー搭載えげつない分離感と臨場感のIEM

骨伝導ユニットからであろう分厚いながらも深みと力強さが特長の低音が基盤となっていて、

そこに負けないボーカルの主張具合、高音の煌びやかさのハーモニーえげつない。

実際のところ骨伝導とはいえ、Shokzなどの骨伝導イヤホンのようにビリビリと振動を感じるという感覚は一切なく、意識しても骨伝導らしい感触は感じられません。

ただただ粒立ちの良い立体的なサウンドが流れ込んでくるという感覚です。

冬を連想させるWinterに似つかわしいエネルギッシュさに一瞬疑問をおぼえましたが、

“冬眠のために栄養を蓄えた肉厚なクマ”と考えるとたしかにWinter。

映画で言うならレオナルドディカプリオ主演の『レヴェナント:蘇りし者』まさにアレ。

created by Rinker
¥300(2024/05/18 10:50:15時点 Amazon調べ-詳細)

音場と定位

BQEYZ Winterの音場や定位感については以下です。

  1. 音場(サウンドステージ):過去最広クラス。前後ズドーンと空間が広がる
  2. 音像定位:輪郭が少し太いので定位イメージは完全ではないけど、立体感は申し分ない(根本音源による)
  3. 分離感:ハイブリッドドライバーのなかでも最高クラスに分離を実感できる
  4. ゲーム用途:ぜんっぜん実用的。距離感もつかみやすく足音特定がしやすい

Winterの臨場感の秘密はやっぱり骨伝導ユニットからなる音場と分離感からでしょう。

ぜんたいをとおしてめちゃ広い空間にズドーンと立体的なサウンドが流れ込んでくるので他を圧倒します。

僕は10万円クラスのIEMをまだ聴いたことがないので比較はできませんが、僕の所持しているIEMのなかではいちばん音場は広かったです。

おすすめのイヤーピースは?

BQEYZ Winterと相性がいいと感じたイヤーピースはSpinFitの「CP1025」です。

本来完全ワイヤレスイヤホン用のイヤーピース。

Winterは通常のIEMと違い骨伝導システムが内蔵されているタイプなので、傘の浅い完全ワイヤレスイヤホン用イヤーピースとの相性がよかったです。

BQEYZ Winterレビュー。3.5万円12mmDD×骨伝導ドライバー搭載えげつない分離感と臨場感のIEM

現に有線イヤホン用のイヤーピースだと十分な音質を体験できておらず、CP1025に変更したと同時に最高のサウンドを体験することができました。

それに、有線イヤホン用イヤーピースだとなぜかケーブルが耳にかからず浮いちゃってしまってたんです。

つまるところ、僕がWinterを使うならどのみち完全ワイヤレスイヤホン用の浅いイヤーピースしか選択肢はなかったということですかね。

ただ、デメリットとしてステムフィルター部分がむき出し状態になりますね。

サビの原因になってしまうかもしれませんので、その辺は自己判断に任せます。

レビューはこちら

BQEYZ Winterとほかのイヤホンとの比較

RAPTGO「BRIDGE」との比較

  • シンバル系のシャリ感はBRIDGEのほうが主張が強く軽快感がある
  • ベースの解像度はWinterのほうが正確
  • 分離感はWinterのほうが明確で各音の輪郭がくっきりしていてメリハリがある
  • ただしBRIDGEは筐体側で音質変化スイッチを搭載している
翁(おきな)
翁(おきな)

どちらもマジで高品質なんだけどWinterは低音側、BRIDGEは高音側それぞれ相いれない音域を特性としているイメージ!

レビューはこちら

WHIZZER「Kylin HE10」との比較

  • 低音の深みやパンチ力は圧倒的にWinterのほうがつよい
  • 楽器音と比べてのボーカルの主張はWinterのほうがつよい
  • シャリ感はHE10のほうが主張があり軽快感がある
  • 本体の付け心地はHE10のほうが圧倒的に小さくてつけやすい
翁(おきな)
翁(おきな)

ボリューム設定に対しての音量では圧倒的にWinterのほうがパワフルなんだよね!繊細なモニターをしたいならHE10かな~

レビューはこちら

BQEYZ Winterレビューまとめ

BQEYZ Winterレビュー。3.5万円12mmDD×骨伝導ドライバー搭載えげつない分離感と臨場感のIEM
メリット
  1. 骨伝導ユニットならではの分厚く力づよい臨場感のあるサウンド
  2. それでいて霞まない瑞々しいボーカルボイス
  3. えげつない分離感
  4. クセのない上品なデザイン
デメリット
  1. 骨伝導ユニットを味わえるようにしっかり耳甲介にフィットさせる必要がある
  2. てことでイヤーピースを選ぶ

ということで、今回はBQEYZ Winterについて実機レビューしてきました。

艶やかで弾けるサウンドでどのジャンルを聴いても心動かされるレベルの高音質なIEMとなっていました。

10万円クラスのIEMに搭載されるレベルの骨伝導ユニットを搭載して3万円っていうコスパの良さは注目ポイントですよね。

きちんとフィットさせるためにイヤーピースを選ぶ可能性もありますが、この低音と分離感を味わえるならその価値はあります。

created by Rinker
KyaMuc
¥34,500(2024/05/18 10:50:13時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください