CIOのSuperMobileChargerをレビュー。Qi充電もモバイルバッテリーもAC充電器もコレ1つで

4 min
CIOのSuperMobileChargerをレビュー。Qi充電もモバイルバッテリーもAC充電器もコレ1つで

できるだけ手荷物を少なく、かつ利便性を保ちつつ。

バッテリー内蔵のスマホやイヤホンが欠かせない僕にとってモバイルバッテリーは欠かせないガジェットのひとつだけど、モバイルバッテリー自体も充電をし忘れることがある。

そこで、CIOの「SuperMobileCharger」を購入してみた。

この商品の優れた点は、ACコンセント式充電器であり、同時にモバイルバッテリーでもあり、あろうことかワイヤレス充電器でもある3in1ハイブリッドだということ。

コンセントに挿した状態でデバイスの充電も本体の充電もできる”パススルー”に対応しているので、普段から充電器として使用していればモバイルバッテリー自体を充電し忘れる僕の悩みは解消される。

SuperMobileChargerがあれば、AC充電器もモバイルバッテリーもワイヤレス充電器も必要ない

これまで場所をとっていた3つの充電機器がひとつに集約される。

ということでこの記事では、CIO SuperMobileChargerを購入した理由と実際のサイズ感や使用感をレビューしていく。購入を考えている人は参考にしてほしい。

デメリット
  • コンセントが出しづらい
  • 個体としては少々大きい
  • 値段が高い
メリット
  • Qiワイヤレス充電対応
  • 10000mAhモバイルバッテリー
  • ACプラグが出し入れできる
  • PD3.0対応
  • Quick Charge対応
  • バッテリー残量を可視化でわかりやすい

CIOの3in1モバイルバッテリー「SuperMobileCharger」

CIOのSuperMobileChargerは、冒頭でも書いたようにAC充電器×モバイルバッテリー×Qiワイヤレス充電器の3in1ハイブリッドチャージャー。

値段は6,578円。

出力W数の割には値段が高いのがネック。(3/26現在Amazon内商品ページにて20%OFFクーポンあり)

端子はUSB-Cが1口、USB-Aが1口の計2ポート。

最大出力は18Wで、PD3.0(PowerDelivery)とQuick Chargeに対応しているのでiPhone8以降のiPhoneシリーズやHUAWEI、Galaxyなど幅広いスマホで急速充電が可能。

また、最大7.5W(Androidは最大10W)のQiワイヤレス充電にも対応している。

製品仕様

製品名:SuperMobileCharger(CIO-SC2-10000)
入力:AC100-240V 50/60Hz 0.5A
AC充電:5V=2.4A
Type-C入出力(AC時):5V=3A
Type-C出力(モバイルバッテリー時):5V=3A 9V=2A 12V=1.5A 
USB-A出力(AC時):5V=2.4A
USB-A出力(モバイルバッテリー時):5V=2.4A 9V=2A 12=1.5A
Qiワイヤレス出力:5W/7.5W/10W/15W
バッテリー容量:10000mAh
サイズ:約82 x 80 x 29mm
重量:約245g

因みにCIOというと、以前3ポート65Wの小型充電器「LilNob」をレビューしたが、あの充電器は使い勝手がよかったので充電機器に関してはCIOは注目のメーカーだと個人的には思う。

AUKEYのモバイルバッテリー「PB-WL03」とも迷った

ハイブリッドモバイルバッテリーに関しては、おなじくワイヤレス充電が可能なAUKEYの「PB-WL03」とも一瞬迷った。

PB-WL03は、モバイルバッテリー×Qiワイヤレス充電×スマホスタンドで、ワイヤレス充電対応のiPhoneなどのスマホを充電しながら動画閲覧が楽しめるタイプで、これもまた魅力的に見えた。

ただ、僕が使っているスマホはワイヤレス充電非対応のPixel4aということと、理想としていたのはコンセントプラグ付きのモバイルバッテリーだったので、SuperMobileChaegerを買うことにした。

驚異の3in1充電器CIO SuperMobileCharger(SC2-10000)レビュー

CIO SuperMobileCharger外観

CIO SuperMobileChaegerの実物をみていこう。

SuperMobileChargerとLilNob

まずは大事なサイズ感など携帯性をチェック

でん。大きい。

フリスクと比較するとこういったかんじ。

素材はプラスチックで、指紋の目立たないマット系ブラックのサラりとした肌触り。

高さは80mm
奥行きは82mm
幅は約29mm

やっぱりちょっと大きい。

コンセントジャックは折りたたんで出し入れが可能なんだけど、この出し入れがちょっとしづらい。硬い

電源ボタンを長押しするとオンオフを切り替えられる。

本体重量は246.6gと、モバイルバッテリーとしては結構重め。

モバイルバッテリーとACアダプターの重量

モバイルバッテリーとAC充電それぞれ単体でもあわせて227gなので、ワイヤレス充電器を足したとしてもSuperMobileChargerのほうが重たい…。

実際に使ってみる

僕の使っているいくつかのメインデバイスたちに実際に充電してみた。

CIO SuperMobileChargerの出力W数を計測
W数を計測してみる

USB-CからPixel4aへの出力。

9.11V×1.69A=16Wの出力が確認できた。最大18Wに対してはきもち出力が弱い。

JBL CLUB PRO+TWSへの充電

つぎに、USB-AからJBLの完全ワイヤレスイヤホンCLUB PRO+ TWSへの出力を計測。

5.10V×0.24A=1Wという数値がでた。

USB-CケーブルでSuperMobileCharger本体を充電しながらでもワイヤレス充電ができた。コレは便利。

因みに、肝心の”パススルー”はというと、SuperMobileChargerを充電しながらスマホなどデバイスを充電すると、先に接続されているデバイスに電力を供給し、デバイスが満充電となったのちにSuperMobileCharger本体が充電をはじめた。

AC充電時の充電順

デバイス⇒デバイスMAX⇒SuperMobileCharger

いちどに3つのデバイスを充電できるのは便利。

横向きのコンセントジャックに挿した様子。

横幅は26mm程度なのでとなりのコンセントに干渉はしないけど、高さがある分はみ出る。

壁面埋め込みタイプのコンセントに挿した様子。

壁面コンセントに挿すとすぐに本体が重みで抜けてしまったので、壁面埋め込みタイプのコンセントには使えないと思ったほうがいいかも。

まとめ

この記事では、CIOのマルチチャージャー「SuperMobileCharger」について実機レビューしてきた。

充電方式が多数あるので、利用の幅は広い。

AC充電器だのモバイルバッテリーだのをそれぞれ別個で持ち運ばなくて済むことを考えると、相当カバンのスペースを空けることができるので総合してコンパクトだけど、コンセントジャックの形状は選びそうなので注意が必要。

メリットもデメリットも表裏一体といった印象の使い心地だった。

3点

評価 :3/5。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください