KBEAR 「玄武(Xuanwu)」レビュー。3,990円クセあり高音質!PU+炭素PET複合振動板搭載イヤホン

KBEAR 「玄武(Xuanwu)」レビュー。3,990円クセあり高音質!PU+炭素PET複合振動板搭載イヤホン

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

この記事では、Easy Earphoneから提供していただいたKBEARの「玄武(Xuanwu)」について、80本以上のイヤホンに触れてきたガジェットブロガー翁が音質や使用感などをレビューしていきます。

当ブログの運営者、ガジェット大好き翁(おきな)@okinalogです。よろしくね。

KBEAR「玄武(Xuanwu)」は、PU+炭素PET複合振動板を搭載するリケーブル仕様のイヤホンです。

お値段3,990円。

青龍」につづき「玄武」もなかなか独特のクセをもつ、でもズブズブハマっていく高音質をもつイヤホンとなっていました。

サブイヤホンにもってこいです。

さあ、はじめようか。

この記事の著者

ジャパニーズガジェットブロガー

おきな

プロフィール

ガジェットが大好きな34歳/ ブロガー歴5年/ レビュー数180品以上(うちイヤホン80種類)/ サラリーマン/ 4児の父/ “みんなといっしょ”が苦手なタイプ

※有線イヤホンを使ってみたいなと興味があるひとは、まずは「有線イヤホン素人の僕が15本以上触れてみて分かった【初めての1本】におすすめな5選」を参考にしてみてください。

KBEAR 「玄武(Xuanwu)」の概要

今回レビューするのは、中国はKBEAR(ケービーイヤー)のイヤホン「玄武(Xuanwu)」

以前レビューした「青龍」とおなじKBEARです。

  • PU+炭素PET複合振動板を採用
  • 全面金属メッキ鏡面仕上げのシェル
  • 無酸素銅銀メッキケーブル

KBEAR 「玄武(Xuanwu)」は、8mmの弾力に優れたPU振動膜+軽く硬い炭素(カーボン)PET複合振動板ダイナミックドライバーを搭載しています。

よくある低コストなPET(プラスチック)素材にカーボンをコーティングすることで、適度な弾力と反応速度を引き出しているっぽい。

インピーダンスは16Ωで感度も106dB±3dBなので、スマホ直挿しでもじゅうぶんに音量を出すことができます。

KBEAR「玄武」のスペック

周波数応答:20Hz-20KHz

インピーダンス:16Ω

感度:106dB±3dB

ケーブル:0.78mm2pin

パッケージ

ケーブル

KBEAR「玄武」のケーブルは、0.78mm2pinタイプです。

ビニールコーティングされているフラットなケーブルで、プラグはストレートな3.5mmイヤホンジャックとなっています。

中低音を凝縮・躍動させる無酸素銅ケーブルに高音域を華やかにする銀メッキの組み合わせた線を採用しているとのこと。

外観

玄武のシェルは、フェイスプレートはレジン下に亀甲柄の金属プレートを沈めていて、ほかはオールメタル状の硬派なデザインとなっています。

シンプルといえばシンプルなデザインです。

上品な印象ですが、指紋が目立つのがデメリットな素材感です。

KBEAR 玄武と青龍
(左)玄武(右)青龍

メタル感でいうと、青龍ともたしかに共通するものがありますね。

KBEAR 「玄武(Xuanwu)」を実際に使ってみた

KBEAR 「玄武(Xuanwu)」を実際に使ってみた
視聴環境

プレーヤー:Pixel4a(直挿し)、Pixel7(DAC)

DAC:iBasso DC03Pro

イヤーピース:AZLA SednaEarfit MAX

ストリーミング:Amazon Music Unlimited

前提として、今回の玄武もエージングを150時間ほど行ってから視聴しました。

はじめは超硬かった音質が、エージング後に180°ちがった味を出したので驚いたほどです。

おなじKBEAR の「青龍」といい「玄武」といい、KBEARはエージング必須のイヤホンブランドですね。

粒立ちのいいシャープな中音が目立つサウンド

KBEAR 「玄武(Xuanwu)」の音質
  • 低音:控えめ。迫力より解像度重視。キレとキック力はある
  • 中音:ボーカルの距離感は1歩うしろ。粒立ちがよくシャープで聴きやすい
  • 高音:低音よりは主張がしっかりされているけど、ピーク感を感じる曲もちらほら

玄武の音質は独特のシャープさが売りといったかんじで、個人的には好きなタイプの音を出すイヤホンです。

ボーカルの声が喉をとおるときの振動をいい意味で誇張しているというか、微細動を感じることができるっていうんですかね。

だから、トランペットとかの管楽器とかも相性がいいです。

低音はそこまで強くはないので、イヤーピースでしっかりと密閉することができればある程度太いベースを聴くことはできます。

弾力性のつよい炭素PET振動板ドライバーの恩恵か、全体のキレもあり2,000円台のイヤホンよりは確実にいい音を出すイヤホンです。

定位感と音場の広さ

玄武の定位感は3,000円台としては優秀で、ボーカルは前方わりと近く、楽器音は前方から左右に広がりを感じさせます。

音像も価格帯としてははっきりしていて明瞭感があります。

ゲームにおいても比較的実用的な定位感をもっています。

左右はもちろん、斜め方向から後方までなめらかに切り替わるし、距離感も今まで触れてきた3,000円台のイヤホンのなかではいちばん自然なように思えます。

おすすめのイヤーピースはAZLA SednaEarfit MAX

KBEAR 玄武と相性のよかったイヤーピースは、AZLAの「SednaEarfit MAX」です。

シェルの形状的にフィット性のあまりつよくないイヤホンなので、SednaEarfit MAXくらい装着感のいいイヤーピースが最適です。

また、SednaEarfit MAXにはイヤーピース側にもフィルターネットがあるので、玄武のシャープなサウンドをさらに細かな粒に仕立ててくれている印象で、心地よかったです。

レビュー記事はこちら

created by Rinker
アズラ(AZLA)
¥2,000(2024/05/18 19:29:11時点 Amazon調べ-詳細)

KBEAR 「玄武(Xuanwu)」をほかのイヤホンと比較してみた

TANGZU Wan’er S.G、KZ DQ6、TINHIFI C2、KBEAR 玄武

今回は、玄武と似た価格帯のイヤホン3本と聴き比べをしてみました。

どのイヤホンもDACなしスマホ直挿しで検証しています。

TANGZU「Wan’er S.G」との比較

  • ボーカルとの距離感はTANGZU Wan’er S.Gのほうが近い
  • 低音の力強さとキレはTANGZU Wan’er S.Gのほうがつよい
  • 中音と高音の主張は玄武のほうがある
翁(おきな)
翁(おきな)

臨場感のあるサウンドを好むならTANGZU Wan’er S.G。定位感でみるなら玄武だな。

created by Rinker
Linsoul
¥3,980(2024/05/18 10:39:28時点 Amazon調べ-詳細)

KZ「DQ6」との比較

  • 低音の迫力はDQ6のほうが強力
  • 高音の聴きやすさは玄武のほうがいい
  • 装着感はDQ6のほうが圧倒的にフィットする
  • 全体的にみて玄武のほうが音のバランスがとれている
翁(おきな)
翁(おきな)

この勝負は圧倒的に玄武に軍配があがるね。DQ6は力みすぎていて疲れる

レビュー記事はこちら

TINHIFI「C2 Mech Warrior」との比較

  • 音の輪郭や分離感はTINHIFI C2のほうがクッキリしている
  • キレの良さはTINHIFI C2のほうがつよい
  • ボーカルの聞き取りやすさはKBEAR 玄武のほうがいい
  • 低音はTINHIFI C2のほうが強力
翁(おきな)
翁(おきな)

値段と音の傾向はほとんど似ているから低音の強弱が分かれ目。力強い低音を求めるならC2だね。

レビュー記事はこちら

created by Rinker
GG TINHIFI
¥3,630(2024/05/18 10:08:59時点 Amazon調べ-詳細)

KBEAR 「玄武(Xuanwu)」レビューまとめ

KBEAR 「玄武(Xuanwu)」レビューまとめ
メリット
  1. レイヤー感を感じられる独特のハーモニーが楽しめる
  2. シンプルだけどきちんと主張もあるシェルデザイン
  3. 控えめな低音と粒立ちのいい中音
  4. ケーブルの交換(リケーブル)で音質を変更することができる
デメリット
  1. クセはある音質
  2. 装着感はそこまでよくない
  3. まずエージングが必要
  4. 低音はそこまで主張がない

ということで、今回はKBEARの新商品「玄武(Xuanwu)」について実機レビューしてきました。

PU+炭素PET複合振動板採用ということで、キレのあるすぐれた中音を楽しめるサウンドとなっていました。

いい意味でも悪い意味でも控えめな低音でエージングで化けるというひとクセあるイヤホンだったと思います。

3,000円台としては面白みのあるイヤホンです。

KBEAR 「玄武(Xuanwu)」はこんなひとにおすすめ

  • 2台目のイヤホンに、安くて高音質なイヤホンがほしいというひと
  • 粒立ちのいいシャープな音質が好きだというひと
  • 管楽器中心の演奏を視聴するひと

正直、玄武は独特の音質を放つイヤホンなので万人ウケするものではありません。

ただ、しっかりとエージングをすれば中音域に限っては1万円台の「Heart mirror pro」に似た粒立ちのいいさらりとした質感のサウンドが楽しめるので、

そこにどれだけ好奇心を抱けるかといったところが判断基準になるかなと思います。

なので、1本目というよりは2本目3本目のサブイヤホンを探している余裕のあるひとが最適なターゲットです。

在庫状況を確認する
created by Rinker
アズラ(AZLA)
¥2,000(2024/05/18 19:29:11時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください