TINHIFI「C2 Mech Warrior」レビュー。4,000円台でキレのいい音質のLCP+PU複合10mmDD搭載イヤホン

TINHIFI「C2 Mech Warrior」レビュー。4,000円台でキレのいい音質のLCP+PU複合10mmDD搭載イヤホン

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

この記事では、LINSOULから提供していただいたTINHIFIのインイヤーモニター「C2 Mech Warrior」について、ビジュアルから音質、ほかのイヤホンとの比較など今IEMにドはまり中のガジェットブロガー翁が実機レビューしていきます。

当ブログの運営者、ガジェット大好き翁(おきな)@okinalogです。よろしくね。

2基めのTINHIFIイヤホンに「C2 Mech Warrior」を迎え入れました。販売価格は4,820円。

TINHIFI C2 Mech Warrior

アンダー5,000円とはいえ、もうこのイヤホンは1万円台のIEMと比較してもそこまで違いがわからないほどいい音を出します。

中音に関しては、ね。

航空グレードのアルミ合金を採用したメカメカしいビルドデザインに、LCP+PU複合ダイナミックドライバーを搭載したキレのいいボーカルライクな高音質を堪能することができるイヤホンです。

さあ、はじめようか。

created by Rinker
Linsoul
¥3,623(2024/05/19 13:39:37時点 Amazon調べ-詳細)
この記事の著者

ジャパニーズガジェットブロガー

おきな

プロフィール

ガジェットが大好きな34歳/ ブロガー歴5年/ レビュー数180品以上(うちイヤホン80種類)/ サラリーマン/ 4児の父/ “みんなといっしょ”が苦手なタイプ

※有線イヤホンを使ってみたいなと興味があるひとは、まずは「有線イヤホン素人の僕が15本以上触れてみて分かった【初めての1本】におすすめな5選」を参考にしてみてください。

TINHIFI「C2 Mech Warrior」概要と特徴

今回レビューするのは、中国ブランドTINHIFI(ティンハイファイ)のイヤホン「C2 Mech Warrior」です。

TINHIFIというと、以前「T4 Plus」をレビューしましたが今回のはシリーズ違いの「Cシリーズ」となります。

「Mech Warrior」というのは、イメージ的につけた愛称でしょう。

翁(おきな)
翁(おきな)

TINHIFIには、「Cシリーズ」のほかに「Tシリーズ」「Pシリーズ」が存在するみたい。

C2 Mech Warriorの特徴は以下です。

  • 10mmLCP+PU複合振動板を搭載
  • N52ネオジム磁気回路搭載
  • 0.035mmCCAWボイスコイルによるダブルキャビディ設計

ようは、弾力性にすぐれた素材(LCP+PU複合振動板)と応答速度のはやいもの(N52ネオジム磁気回路)を組み合わせることで中~高音のキレがよく豊かな低音の音質を実現した設計のイヤホンということになります。

後述しますが、実際C2 Mech Warriorは価格に反してかなり明瞭で心地よいハイレゾサウンドを楽しむことができます。

航空グレードのアルミ合金を採用した3DプリントによるCNC加工シェルでメカメカしいビジュアルに0.78mm2pin仕様でリケーブルも楽しめるモデルとなっています。

全体的な特徴は、以前レビューしたTRIPOWINのRhombusとよく似ていて、音質も近しい仕上がりになっている印象です。

ただ、価格面ではC2 Mech WarriorよりもRhombusのほうが倍ちかく高価なので、Rhombusが気になるけど手が出ないというひとの妥協案としてありだと思います。

TINHIFI C2 Mech Warriorのスペック

周波数応答:10-20KHz

感度:104±3dB

インピーダンス:32Ω

ケーブル:0.78mm2pin CIEMケーブル

パッケージ

TINHIFI C2 Mech Warriorの付属品
TINHIFI C2 Mech Warriorの付属品

ケーブル

C2 Mech Warriorのケーブルはリケーブル可能な0.78mmの2pinタイプで、イヤホンに食い込むCIEMタイプのケーブルを採用しています。

グレージュカラーのビニールコーティングがされていて、線はよくみると銀色なので銀メッキっぽいけどどうかな…。

プラグは3.5mmL字形状のジャックで、ケーブル自体はさらっとしているので絡みにくい印象です。

外観

C2 Mech Warriorのシェルは、名前のとおり航空グレード仕様のアルミニウム合金を採用した高精度CNC加工によって造られています。

ずっしりと重たくてひんやりと冷たい質感。

航空グレードのアルミニウム合金のシェルって、丈夫で実用的ですよね。

樹脂素材のシェルに比べると反響がきちんと出る印象で、カッチリしたキレのいいサウンドの印象をイメージすることができます。

もうこのビルドデザインのクオリティだけでじゅうぶんアンダー5,000円ぽさがないですよね。

個人的には好きです。

TINHIFI「C2 Mech Warrior」で実際に音楽を聴いてみた

視聴環境

プレーヤー:Pixel4a(直挿し)、Pixel7(DAC経由)

DAC:iBasso DC03PRO

イヤーピース:SpinFit W1

ストリーミング:Amazon Music Unlimited

TINHIFI「C2 Mech Warrior」は、フラットでニュートラルな心地いいサウンドに仕上がっていました。

シェルのビジュアルとは裏腹に解像度はかなりたかめで、繊細な音を出すテクニカルな寒色系サウンドです。

キレがよくクセの少ないクリアでスッキリとした中音中心サウンド

TINHIFI「C2」の音質
  • 低音:輪郭はぼんやりしていて力強さに欠ける印象だけど、ベースの解像度はそれなり
  • 中音:とにかくクリアで粒が細かく心地いいシャープ具合。ボーカルと楽器の分離感もしっかりしている。口の動きまでイメージできるほど明瞭で透明感がある
  • 高音:控えめ。不快感のない絶妙なラインをスルっと刺してくる印象。

C2 Mech Warriorは、全体的にクリアーで明瞭度のたかい寒色系のクッキリサウンドとなっていました。

スマホ付属のイヤホンと聴き比べるとそのちがいがハッキリ実感できると思います。

なかでも最大の魅力は、中音のシャープさでしょう。

1万円台のインイヤーモニターと比較しても引けを取らないニュートラルで明瞭な中音を聴かせてくれます。

そして、女性ボーカルとの相性はバツグンにいいです。高すぎず低すぎない中音域の声を得意とする女性ボーカルを視聴するとたまらなく心地いいです。

翁(おきな)
翁(おきな)

相変わらず最高だなセリーヌディオン…

定位感と音場

C2 Mech Warriorはやや広めの音場で空気感をかんじられる印象でした。

ボーカルは近いけど、楽曲は明らかに後方で奥行があり臨場感があります。余韻は少なめなのでクセもなく聴くことができるサウンドです。

ゲームでの使用に関しても、C2 Mech Warriorの定位感はしっかりと区別できました。

前後左右に斜め方向まで違和感なくナチュラルに聞き分けることができます。

キレのいい音質のため、無駄なく位置感覚をつかむことができるイヤホンです。

おすすめのイヤーピースは、SpinFit「W1」

TINHIFI「C2 Mech Warrior」に最適だなと思ったイヤーピースはSpinFit「W1」です。

C2 Mech Warrior最大の強みである透明度と明瞭感の高い中音の解像度を最大限に引き出してくれます。

低音の解像度も引き上げられていて臨場感が増し、イヤーピースを交換しての恩恵を実感できます。

以下はSpinFit「W1」の実際の使用感レビューになってるので、気になるひとは参考にしてみてください。

TINHIFI「C2 Mech Warrior」とほかのイヤホンとの比較

TINHIFI C2 Mech WarriorとTINHIFI C3、QKZ HBB Khan、TINHIFI T4 Plusを比較

TINHIFIのイヤホンはすでにいくつか持ってるので、同価格帯の他社イヤホンQKZ HBB Khanも含めて比較してみました。

どのイヤホンも130時間程度のエージングを行ったもので、DACはなし、スマホ直挿しでの比較になります。

QKZ HBB「Khan」との比較

  • 音域の広さはQKZ HBB Khanのほうが広範囲の音をカバーできている
  • おなじ音量で再生したときC2 Mech Warriorのほうが大きいボリュームで音楽を聴ける
  • 低音とパーカッションの弾力はQKZ HBB Khanのほうがつよい
  • 中音の粒立ちのよさとシャープさはC2 Mech Warriorのほうが心地いい
TINHIFI C2 Mech WarriorとQKZ HBB Khanを比較
翁(おきな)
翁(おきな)

値段がいっしょだから難しいけど、中音のよさを重要視するならC2 Mech Warrior。全体のバランスでとるならQKZ HBB Khanってかんじかな。

TINHIFI「C3」との比較

  • ボーカルの出具合はC3のほうが前面にでている
  • 音場はC3のほうがやや広く奥行を感じられる
  • 低音の解像度はC2 Mech Warriorのほうがたかい
  • 中音の主張具合はC2 Mech Warriorのほうが前に出ていて聞き取りやすい
TINHIFI C2 Mech WarriorとTINHIFI C3を比較
翁(おきな)
翁(おきな)

ここでもC2 Mech Warriorの中音のよさが決め手になる印象。C3もC2 Mech Warriorもおなじ明瞭度の寒色系サウンドだからどっち買っても満足度は変わらないかな。

C3についての詳細は以下のレビュー記事を参考にしてみてください。

created by Rinker
GG TINHIFI
¥5,600(2024/05/19 13:39:38時点 Amazon調べ-詳細)

TINHIFI「T4 Plus」との比較

  • 音場の広さはT4 Plusのほうが広く奥行がある
  • 音域もT4 Plusのほうが広範囲をカバーしていてC2 Mech Warriorでは聴こえない音が聴こえる
  • 低音のインパクトはT4 Plusのほうが力強く弾力がある
  • 中音の解像度は同レベル
TINHIFI C2 Mech WarriorとTINHIFI T4 Plusを比較
翁(おきな)
翁(おきな)

やっぱり3倍の値段するT4 Plusのほうが全体をとおして音がいいけど、中音に限ってはC2 Mech Warriorも負けてない。

T4 Plusについて詳細は以下のレビュー記事を参考にしてみてください。

created by Rinker
Linsoul
¥15,700(2024/05/19 03:04:17時点 Amazon調べ-詳細)

TINHIFI「C2 Mech Warrior」がおすすめなひと

  • ボーカル含め高解像度な中音のイヤホンを高音質でたのしみたいひと
  • メタル系シェルのキレのいい寒色系サウンドが好きなひと
  • あまりドンシャリが好きじゃないひと

低音がつよく高音がキンキンするイヤホンが苦手というひとであれば、TINHIFI C2 Mech Warriorの心地よいサウンドにハマると思います。

ニュートラルで天井感のない透き通った中音を低音に邪魔されることなく存分に味わうことができます。

翁(おきな)
翁(おきな)

特にボーカル重視なサウンドを求めるならドンピシャリなハズ!

TINHIFI「C2 Mech Warrior」レビューまとめ

ということで、今回はTINHIFI「C2 Mech Warrior」について実機レビューしてきました。

メリット
  1. 明瞭でクリアーなキレのあるクセのないサウンドが味わえる
  2. 5,000円以下で1万円のイヤホン並みのニュートラルな中音が楽しめる
  3. メカメカしいオリジナリティあふれるビルドデザインのシェル
  4. いい意味でドンシャリ感控えめ
デメリット
  1. 低音のパンチ力は控えめ
  2. ケーブルが独特な形状のCIEMタイプ
  3. 金属シェルだから耳に着けると冷たい

5,000円以下としては驚きのクオリティに仕上がった一品だと思います。

低音・高音を控えめに中音中心のサウンドなので初心者でも聴きやすい音質で、明らかに高音質だと実感できるでしょう。

とくにイヤーピースの換装はミソですね。ぜんっぜん変わりますよ。

created by Rinker
Linsoul
¥3,623(2024/05/19 13:39:37時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください