KOVOL「Sprint 140W」レビュー。Macbook Pro16純正充電器の代用になるGaNⅢ充電器[PR]

この記事では、KOVOLより提供していただいた140W充電器「Sprint 140W」について、ガジェット好きな翁がレビューしていく。

当ブログの運営者、ガジェット大好き翁(おきな)@okinalogです。よろしくね。

最大140Wの出力が可能で、USB Type-CポートにType-Aポートも備え持つ2ポート仕様のパワフル充電器だ。

140Wというと、AppleのMacBook Pro 16インチ2021年モデルの充電に必要なW数だ。

純正は1ポートだから、こちらのほうがひとつポート数に余裕があるということになる。

ということで、実際どんな製品なのか見ていこう。

さあ、はじめようか。

この記事の著者

ジャパニーズガジェットブロガー

おきな

プロフィール

ガジェットが大好きな34歳/ ブロガー歴5年/ レビュー数150品以上/ サラリーマン/ 4児の父/ “みんなといっしょ”が苦手なタイプ

KOVBOL「Sprint 140W」

今回レビューするのは、KOVOL(コヴォル)の充電器「Sprint(スプリント) 140W」

最大140Wの高出力が可能なコンセント直挿し充電器だ。

  • MacBook Pro16(2021)を30分で56%充電できる
  • USB-C×1、USB-A×1の計2ポート同時充電が可能
  • 複数の安全保護機能搭載

最大140Wの高出力が可能で、140Wを必要とするMacBook Pro16(2021年モデル)をわずか30分で56%まで充電することが可能。

また、USB Type-CとUSB Type-Aをそれぞれ1ポートずつ搭載していて、特にType-AはQC(クイックチャージ)3.0に対応しているため、2台のデバイスを同時に充電することができる仕様となっている。

最新のGaN Ⅲ(窒化ガリウム)を採用しているため、小型であるにもかかわらず過熱しにくく、その他ショート防止機能や過電圧保護機能など安全に配慮された設計となっている。

とまぁ、中身の話はさておき要するに140Wの電気を必要とするMacBook Pro16の充電を純正充電器ではなくSprint 140Wで代用できるということだ。

2ポートの充電器で代用できるんだから、Sprint 140Wのほうが便利がよさそうだ。

プラグは折り畳み式。

型番KV-PC019
入力100-240V~50/60Hz 18A Max
PD Output出力:5V⎓3A,9V⎓3A,12V⎓3A,20V⎓5A,28V⎓5A,140W Max
QC Output出力:5V⎓3A,9V⎓2A,12V⎓1.5A,18W Max

KOVOL「Sprint 140W」レビュー

ということで、MacBook Pro 16 2021を持ってもいない翁が実際にKOVOL Sprint 140Wの使用感をレビューしていく。

サイズ感

Sprint 140Wのサイズ感はこんなかんじ。

標準的な充電器に比べたら大きいけど、大事なのはMacBook Pro16 2021の純正充電器と比べてどうかということ。

実際、純正充電器のスペックと比較してみると、


Apple
純正140Wアダプター

KOVOL
Sprint 140W
サイズ(タテ)96×(ヨコ)75×(奥行)25mm(タテ)82×(ヨコ)84~68×(奥行)32mm
重さ277g301g
ポート数USB-C×1USB-A×1
USB-C×1
値段13,800円9,999円
Apple純正140W充電器とKOVBOL Sprint140Wの比較表

サイズ・ポート数・価格、あらゆる面で純正充電器よりSprint 140Wのほうが優れていることがわかる。

強いていえば、Sprint 140Wのほうが若干重たいというところ。

実際の重量は301gだった。

ただ、純正とほぼ同じおもさでポートが2つならもうこれは軽いといっていいだろう。

持ち運ぶとしたらカバン必須

で、実際に持ち運ぶとしたらどんなかんじかというと、こんなかんじ。

ズボンのポケットやガジェットポーチには入れられないサイズなので、リュックにインするのが無難だろう。

こう見ると、そんなに許せないほど大きくはないなと。

純正充電器を持ち運ぶよりはコンパクトだ。

出力W数

残念ながら、僕はMacBook Pro16を所持していないので、実際に140W出力できているか確認することができなかった。

ただ、スマホ(Pixel7)に接続したかぎりはしっかりと必要な最大電力を出力できていた。

KOVOL「Sprint 140W」レビューまとめ

ということで、今回はKOVOLのSprint 140Wについてレビューしてきた。

正直、僕はMacbook Proを持ってないから十分な実力を検証できなかったけど、少なくとも純正の140W充電器に比べたら使い勝手はバツグンにいいだろうなということが分かった。

メリット
  1. MacBook Pro 16インチの充電に必要な140W出力可能
  2. MacBook Pro 16インチ純正充電器より小さい
  3. MacBook Pro 16インチより安い
  4. これひとつでMacBook Pro 16インチといっしょにスマホを充電できる
デメリット
  1. とはいえ充電器としては大きめ
  2. USB Type-C2ポートがよかった
created by Rinker
KOVOL
¥8,980(2023/01/26 23:00:37時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonでの買い物を少しでも安く楽しむのであれば、Amazonギフト券へのチャージがお得

通常のお買い物時よりも多くのAmazonポイントを獲得することができるからだ。

Amazonギフト券とは?

アマゾン内で使うことのできる商品券(ギフト券/ギフトカード)【1ポイント=1円】

ギフト券というと、贈り物のイメージだけどAmazonギフト券は自分自身でチャージをして自分用に使うことができる決済手段。クレジットカードを持たない人でもカンタンにチャージできて、通常の購入時よりも多くのポイントを貰うことができるというメリットがある。

Amazonギフト券のポイント還元率一覧表
チャージで付与されるポイント還元率の一覧表
BOWSが実際にAmazonでお得になった金額の詳細
翁(おきな)が実際にAmazonでお得になった金額の詳細
Amazon

Amazonギフト券へのチャージはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください