PITAKA Power Dongleレビュー。薄くて小さくて持ち運び便利なApple Watch充電器

3 min
PITAKA Power Dongleレビュー。薄くて小さくて持ち運び便利なApple Watch充電器

外出時にApple Watchの充電器は所持しているだろうか。

バッテリーの持ちが悪いApple Watchこそ持ち運び用の充電器が必要だ。

ただ、純正の充電ケーブルはコードが邪魔で持ち運ぶには向いていない。となると、理想的なのはケーブルを要しない充電器だ。

PITAKAのApple Watch充電器「Power Dongle」がまさにソレ

持ち運び便利なコンパクトサイズで、コードレス。USB-Cポートさえあれば外出先で速やかにかつスマートにApple Watchを充電することができる。

デスク下の充電器でApple Watchを充電するPITAKAの「Power Dongle」

もちろん、Appleデバイスとライセンス契約を結んだ“MFi認証を受けた製品”なので互換性は保証されているから安心だ。

ということで今回は、PITAKAより提供していただいたApple Watch充電器「Power Dongle」をレビューしていく。

残念なところ
  • 値段が少々お高い
いいところ
  • ケーブルレスで持ち運び便利
  • 超コンパクトでキャップ付き
  • 見た目かっこいいスケルトンデザイン
  • Apple Watch全シリーズ対応

携帯用Apple Watch充電器がほしいならPITAKAの「Power Dongle」がおすすめ

冒頭でも述べたように、Apple Watchの純正充電器はケーブルが邪魔で持ち運びには向いてない。

自宅でデスク上で使う分には問題ないけど、外出時にカバンに入れることを考えるといちいちケーブルをまとめる作業時間が無駄だ。

でも、PITAKA(ピタカ)のPower Dongle(パワードングル)ならサッとキャップと付けてパッとカバンに放り込める。その間わずか5秒程度。

邪魔くさい純正充電ケーブル(右)圧倒的ちいささの「Power Dongle」(左)

あとはカフェやなんかでMacBookやノートPCのUSB-Cポートに挿せばすぐにApple Watchを充電できる。

実にスマートだ。

製品仕様スペック

対応機種:全Apple Watchシリーズ対応

ワイヤレス充電出力:5W

入力端子:USBType-C

入力:DC 5V/1A

出力:DC 5V/1A

サイズ:ヨコ約4cm×タテ約5.4cm×厚み約1cm

重さ(公式):28.34g

販売価格:6,499円

PITAKA公式より

PITAKA Apple Watch充電器「Power Dongle」レビュー

実際にPower Dongleを使用してみての感想をレビューしていく。

外観とサイズ

PITAKA Power Dongleのパッケージ付属品一覧の画像
付属品
指乗りサイズ

これが実際のPower Dongle。ブラック調のスケルトンデザインがめちゃめちゃかっこいい。

そして、超ちっちゃい超軽い。

白い円形の部分がマグネット内蔵のワイヤレス充電ポートとなっている。接続端子はUSB-C。キャップもマグネット仕様なのではずれにくい仕様。

(左)ミドリカッター(中)Power Dongle(右)フリスク

段ボールカッターの「ミドリカッター」とフリスクといっしょに並べてみた。

驚異のフリスク以下。超ミニマル。

薄さに関してもほぼフリスクと同じ。どちらかというとPower Dongleのほうが1mm程度薄い。

重さはたったの27.8g。

裏面にちっちゃく「PITAKA」のロゴが印字されている。控えめな主張がかっこいい。

実際にApple WatchSEを充電してみる

実際に僕の持っているApple WatchSE(44mm)を充電してみた。

デスク下に設置したBaseusの充電器にPower Dongleを挿して、上にApple Watchを乗せるだけ。超カンタン。

必要なのはUSB-Cポート1口のみ
Apple Watchを乗せれば即時充電が開始

マグネットもきちんと利いているので、ちょっと揺らした程度では充電が途切れることもなく安心。

残80%の状態から100%までの充電にかかった時間は30分程度だった。

デスク下のBaseus「Power Combo」との相性がバツグンすぎる
翁

デスクスペースを広く維持したまま充電できるのはスマートでいいね!

日常生活での使い勝手

このコンパクトサイズで日常生活で使い勝手が悪いわけがない。

フリスク以下の小ささを誇るこの充電器に欠点は存在しない。

ポケットに入れるもよし、ポーチに入れるもよし、カバンに入れればどこにいったか見失うレベルだ。

旅行の時なんかにすごくありがたみを感じる小ささだと思う。

見失うに関連して強いて言えば、失くさないようにストラップホールがあればキーホルダー感覚で身につけておけるかと思ったけどどうだろうか。せっかく素晴らしいデザインなことだし、どうせならちらっと見えるところにぶら下げてみるとオシャレアクセサリーにもできると思う。

PITAKAの充電ドック「MagEZ Slider」と組み合わせて完全体に

PITAKA Power DongleとMagEZ Slider

PITAKAには、Power Dongleと組み合わせると4-in-1になる充電ドックが存在する。

MagEZ Slider」だ。

PITAKA MagEZ Sliderレビューまとめ

Power Dongleと組み合わせると、同社のケースを装着したiPhone、ワイヤレス充電に対応したAirPods(またはPro)、Apple Watchをいちどに充電することができる。

実際に先日レビューしてみたけど、MagSafe対応のモバイルバッテリーとしても使うことができるのは魅力的だ。

僕もiPhone14を手にしたあかつきには、こちらの充電ドックを購入しようと思う。待ちきれずにiPhone12を購入済み。

PITAKA Apple Watch充電器「Power Dongle」レビュー:まとめ

PITAKA Apple Watch充電器「Power Dongle」レビュー:まとめ
PITAKA「Power Dongle」の評価
使いやすさ
5.0
値段
2.0
デザイン性
5.0
総合評価
4.0
残念なところ
  • 値段が少々お高い
いいところ
  • ケーブルレスで持ち運び便利
  • 超コンパクトでキャップ付き
  • 見た目かっこいいスケルトンデザイン
  • Apple Watch全シリーズ対応

ということで、この記事ではPITAKAから販売されているApple Watch用充電器「Power Dongle」についてレビューしてきた。

お値段こそぱっと見高いけど、それ以上に持ち運び便利で実用性の高いアイテムだった。もうApple Watchを所持するすべてのユーザーに買ってほしい。激推し。

Amazonでの買い物を少しでも安く楽しむのであれば、Amazonギフト券へのチャージがお得

通常のお買い物時よりも多くのAmazonポイントを獲得することができるからだ。

Amazonギフト券って?

アマゾン内で使うことのできる商品券(ギフト券/ギフトカード)【1ポイント=1円】

ギフト券というと、贈り物のイメージだけどAmazonギフト券は自分自身でチャージをして自分用に使うことができる決済手段。クレジットカードを持たない人でもカンタンにチャージできて、通常の購入時よりも多くのポイントを貰うことができるというメリットがある。

Amazonギフト券のポイント還元率一覧表
チャージで付与されるポイント還元率の一覧表
翁

最大2.5%って一見低いように感じるけど、Amazonで日用品とかを買っても還ってくるからチリツモ結構バカにならないんだよね。

BOWSが実際にAmazonでお得になった金額の詳細
翁(おきな)が実際にAmazonでお得になった金額の詳細
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください