PITAKAのApple Watch専用バンドレビュー。軽くてカッコいいカーボンモデル

4 min
PITAKAのApple Watch専用バンドレビュー。軽くてカッコいいカーボンモデル

今注目のブランド「PITAKA」よりApple Watch専用の交換バンドを提供していただいたので実物レビューをしていく。Apple Watchをワンランクアップさせたいと思っている人は参考にしてみてほしい。

Apple製品の醍醐味は、純正以外に着せ替えサードパーティ製品のバリエーションが無限大にあるところだと思う。

Apple Watchも例外ではなく、バンドを純正から他ブランドのモノに交換するだけでまったく違う顔を魅せる。

なかでも「PITAKA」のカーボン仕様の交換ベルトは独特の存在感を放つ。

軽量で上質。

そんなPITAKAのApple Watch専用カーボンバンドについて詳しくみていこう。

翁

当ブログの運営者、ガジェット大好き翁(おきな)です。@guidbowsよろしくね。

PITAKAのApple Watch専用カーボンバンド

今回レビューするApple Watch専用バンドは「PITAKA(ピタカ)」というブランドの商品。

スーパーカーなどで採用されるカーボン繊維(炭素繊維)を使用した丈夫でスタイリッシュな仕様となっている。

炭素繊維の長所を一言で言うと、「軽くて強い」という点である。鉄と比較すると比重で1/4、比強度で10倍、比弾性率が7倍ある。その他にも、耐摩耗性、耐熱性、熱伸縮性、耐酸性、電気伝導性に優れる。短所としては、製造コストの高さ、加工の難しさ、リサイクルの難しさが挙げられる。

Wikipedia「炭素繊維」より抜粋引用

コマごとに分解・装着ができるようになっており、サイズの微調整が可能。

パッケージには調整用のピン、予備のコマが同梱されている。

サイズとデザインのバリエーション

バリエーションは全部で4種類。

  • モダン:38/40/41mm対応
  • モダン:42/44/45mm対応
  • レトロ:38/40/41mm対応
  • レトロ:42/44/45mm対応

モダンとレトロの主な違いは、ファイバーの織りが縦向きか横向きかとコマの形状。

価格はすべて9,299円となっている。

PITAKAのApple Watch専用カーボンバンド実際の使用感

実際にApple WatchSE 44mmに装着してみた。

今回僕が選んだのはモダンの44mm対応モデルだ。

見た目からは想像できない軽やかな着け心地

腕に装着した様子がコチラ。

イイ。とてもかっこいい。

見た目もいいけど、なにより驚くのはその着け心地の軽さ。一見重たそうな見た目だからか、想像以上に軽く感じる。

締め付け感もないし、かといってふにゃふにゃもしていない。

シックでシンプルだけど上品な見た目になるので、純正バンドや編み込みモデルほどカジュアルカジュアルしていないし、ステンレスやレザーモデルほどキメすぎてないのでプライベートでもビジネスシーンでも兼用できそう。

ベルト長さの調節はちょっとコツがいる

ベルト長さははじめ僕の腕にはかなり大きく設定されていたので長さ調節を行った。

ただ、この調節が通常のピン式腕時計とは違ってわりと難しかった。

翁

実際に15分ほど格闘して感じた僕なりのコツは、内部でコマを固定する役割を担うバネピンの仕組みとピンの押し込み具合を感触で理解すること。

コマの外し方と装着の仕方、それぞれ画像で解説していく。

長さの調整方法(コマの外し方)
まずは外したいコマの両サイドに空いた穴どちらかにピンを挿し込む
奥までは挿し込まずゆっくり2mm程度押し込む
ピンを押し込んだままの状態で穴前後のコマを広げる
外れない場合は反対側からもピンで軽く押し込むとコマが取れる
長さ調節(コマの装着の仕方)
コマにバネピンを挿入する
装着したいコマ同士を表裏同じにして近づける
バネピンをピンで押し込む
バネピンが凹んだ状態を維持しつつコマ同士をフィットさせる
翁

この解説でわかったかな…語彙力

長さ調節したPITAKAのカーボンバンド(左)と純正バンド(右)

この商品はコマごとに分解・装着することができるのでかなり微妙な長さ調節が可能だ。

僕は結局、純正バンドよりもかなり短くしてちょうどよい状態となった。

クラスプはマグネット式で脱着カンタン

ベルトを止める部分(クラスプ)はマグネット式。純正のポッチボタンとは違って固定力が高いのが特長。

両サイドのボタンを押し込めば外すことができ、装着の際は軽く近づけるだけで磁力で勝手にハマる。

角度によってはうまくはまらない時もあったけど、純正バンドよりは個人的に好き。

保護ケースとの組み合わせてさらにかっこよく

バンドだけで満足してはいけない。

PITAKAには、Apple Watch専用のケースカバーも存在している。(別売り)

バンドとセットで装着することでより一層カーボンカーボンした統一感のある外観へと変貌する。

バンドだけでも十分だと思いがちだけど、この若干4cm四方のケースを装着するだけで…

こうも変わる。

右側面
左側面

どうだろう。

黒くて分かりづらいけど、文字盤以外がカーボン一色に。

細部まできちんと作り込まれていて、品質はバンド同様シックでカッコいい。

PITAKAカーボンバンドとケースを装着したApple WatchSEの総重量はそれでも63.7g。純正バンド時でも66.8gなのでむしろ軽くなっている。

純正バンド装着時の重さは66.8g
PITAKAカーボンバンドとケース装着時はなんと63.7g

充電ドックと組み合わせてさらにさらにかっこよく

PITAKAには、iPhoneとApple Watch、AirPodsまで一度に同時Qi充電できる充電ドックがある。

これとApple Watch専用カーボンバンドとの組み合わせは最高にかっこいい。

PITAKA MagEZ SliderはiPhone・Apple Watch・AirPodsまで同時Qi充電できる充電ドック
翁

充電スタンドを探しているならぜったいおすすめ!

AppleユーザーはPITAKAに刮目しよう

PITAKA Apple Watch専用カーボンバンド
使いやすさ
4.0
値段
2.0
デザイン性
5.0
総合評価
5.0

ということで、この記事ではPITAKAのApple Watch専用バンドについてレビューしてきた。

カーボンの繊細かつ高品質さの2極をうまくマッチさせた男心をくすぐるデザインの交換バンドだった。もう純正ベルトは必要ない。

ちなみに、PITAKAはバンドだけでなくiPhoneケースやiPadケースなどApple製品全般のカバーを展開している。

“Appleデバイス、買ったらPITAKA”を念頭に置いておこう。

参考:PITAKA公式サイト

翁

最新記事のアップ情報などはTwitterで発信しているので、「記事がためになったよ」という人はぜひフォローしてね!→@guidbows

Amazonでの買い物を少しでも安く楽しむのであれば、Amazonギフト券へのチャージがお得

通常のお買い物時よりも多くのAmazonポイントを獲得することができるからだ。

Amazonギフト券って?

アマゾン内で使うことのできる商品券(ギフト券/ギフトカード)【1ポイント=1円】

ギフト券というと、贈り物のイメージだけどAmazonギフト券は自分自身でチャージをして自分用に使うことができる決済手段。クレジットカードを持たない人でもカンタンにチャージできて、通常の購入時よりも多くのポイントを貰うことができるというメリットがある。

Amazonギフト券のポイント還元率一覧表
チャージで付与されるポイント還元率の一覧表
翁

最大2.5%って一見低いように感じるけど、Amazonで日用品とかを買っても還ってくるからチリツモ結構バカにならないんだよね。

BOWSが実際にAmazonでお得になった金額の詳細
翁(おきな)が実際にAmazonでお得になった金額の詳細
翁

ジャパニーズガジェットブロガー

こんにちは、BOWSの運営者「翁(おきな)」です。
このブログは、僕「翁」が【理想のデスク環境】や【便利なおうち環境】を創造することを目指して最新ガジェットや便利グッズをレビューするブログです。

レビュー数➡144商品
月間アクセス➡8,000~10,000PV
PR実績➡46商品
※2022/2/28更新

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください