わずか37mmで驚異の使い心地。TAVARAT(タバラット)のレザーペンケースを試す

3 min
わずか37mmで驚異の使い心地。TAVARATのレザーペンケースを試す

財布、ベルト、カバン、ジャケット

本革の製品というのは、使い込めば使い込むほどに味を出し、次第に自分だけのオリジナリティを生み出してくれる。

耐久性とデザイン性を兼ね備えた代わりに高級な大人の素材だ。

僕も過去には、レッドウィングのエンジニアブーツや、フライングジャケットなどに触れ、そのバツグンの存在感に酔いしれた経験がある。

そして、このレビューブログを通して人生初となる本革の筆箱を手にした。

それが、TAVARATのレザーペンケース¥11,000(税込)だ。

ベースには、シボ感のあるシュランケンカーフを使用。幅255mmに高さはたったの37mmという印象的な細長形状のペンケース。

今回は、便利ツールということでTAVARAT様よりご提供いただいたレザーペンケースをレビューしていく。

永く愛用できるペンケースを探している人は参考にしてほしい。

わずか37mmの筆箱。その元来は箸入れ

わずか37mmの筆箱。その元来は箸入れ

今回レビューするTAVARATのレザーペンケースは、本革シュランケンカーフを採用した大人のペンケースだ。

その元来はなんと箸入れという。

同社TAVARAT(タバラット)のマイ箸ケース「OTEMOTO CASE」をデザインそのままにペンケースにしたのが、この細長いペンケースだ。

自社で企画から製造まで行うTAVARATのこだわりを感じさせる上質かつ贅沢な筆箱となっている。

製品詳細

商品番号:Tps-133

素材(表):牛革(シュランケンカーフ)

素材(裏地):ナイロン100%

カラーバリエーション:ブラック/ディープレッド/トープ

サイズ:(Sサイズ)約 H37mm × W255mm × D12mm/(Mサイズ)約 H37mm × W275mm × D12mm/(Lサイズ)約 H37mm × W290mm × D12mm

生産:Made in JAPAN

参考:TAVARAT公式サイト

実際に使ってみた(使用感想レビュー)

TAVARATのレザーペンケースを実際に使ってみた感想をレビューしていく。

シボ感のあるレザーに、予想外の裏地。つまりしっかりとした造り

まず最初に目を引くのが、滑らかで優しい表面のシュランケンカーフ。

シュランケンカーフ:生後6か月以内の仔牛

型押しとは違う不規則的でランダムで自然なシボ感がいい。

また、このシボは実用性もあってキズが付きにくく目立ちにくいという特徴を持っているから、カバンの中でがちゃがちゃしがちなペンケースとの相性がいい。

独特の優しい風合いに、実用性の高いシュランケンカーフが筆箱に使われているなんて、なんて贅沢なんだ。

ちなみに、このシュランケンカーフはもともと汚れに強いけど、ベージュ系など薄いカラーは汚れが目立つ。なので、はじめに皮革用の防水スプレーをかけてあげるといいと思う。

裏地には耐久性に優れたテフォックスを採用

そして、驚いたのはこのペンケースが裏地を備えていたということ。

レザーアイテムはコストを抑えるために裏地なしでむき出しのものをよく見るけど、このペンケースにはきちんとした裏地を付けている。

しかも、汚れに強いナイロン素材。

公式の文言だと“テフォックス”とあったので、テフロン加工(撥水加工)を施したナイロンオックスということだ。

見えない細部までしっかりと縫製されている

細かいところを見てみると、きちんと角も返し縫いがされていて耐久性も申し分ない様子。

ジップに引っかかって破れるという心配はなさそうだ。

また、本縫いの縫い目の幅も太すぎず細すぎず、それでいてきちんと真っ直ぐ縫われている。

しっかりとした縫製職人の仕事だろう。

ファスナーには最高級YKKエクセラファスナーを採用

ファスナーは、これまた贅沢にYKKの“エクセラファスナー”を採用しているようで、通常のファスナーよりも輝きが強く上質ですべりが良いのが特徴。

TAVARATのレザーペンケースはYKKのエクセラファスナーを採用しているので開け閉めが滑らかスムーズ

事実、開け締めも引っかかり感もなくスムーズで軽やかだ。

製品として内も外もしっかりとしたこだわりのある造りとなっていた。

意外と入る。実用的な収納力

意外と入る。実用的な収納力

この細長ペンケース、見た目のスタイリッシュさとは裏腹に意外と入る。

そこが大事。

高さは37mmではあるものの、幅が255mmあり合計して6点のツールを入れることができた。

実際に持ち歩いている中身は以下。

計6点が入るTAVARATのレザーペンケース
  • Jetstreamのボールペン×2
  • ものさし
  • USBメモリ
  • SDカード
  • 緊急時用未加工キー

全部入れての上からの様子はこんな感じ。

横幅が薄いだけに、中身が内部で遊ぶことなく固定される。

この程度の内容物であれば、ファスナーもふつうに閉まる。

レザーがしなやかで柔らかいので、こなれてくれば伸びてもう少し入るようになるかもしれないけど、必要十分な収納力。

永く愛用できる大人のペンケース

永く愛用できる大人のペンケース

この記事では、TAVARATのレザーペンケースをレビューしてきた。

上質で使いこむほどに味が出るシュランケンカーフ、丈夫な裏地を採用し耐久性も考えられた実用的なペンケースとなっていた。

シンプルながらもバツグンの存在感で、好きな人はドンハマりすること間違いなしの品質となっていた。

11,000円の価値はある。

特に、贈り物などにおすすめだ。

僕はこれからペンケースをこの1つに絞り愛用していくつもりなので、経年変化のほどをまたいつか追記する。

5点(最高評価)

評価 :5/5。
BOWS

BOWS

BOWSは、話題の商品や便利な「ガジェット」、コスパに優れた「完全ワイヤレスイヤホン」など「いいものと、いいおと」をテーマに実際に購入しレビューするブログ。

レビュー数⇒70商品
月間アクセス⇒7,000~10,000PV(2021/6)
PR実績⇒24商品(7月時点)

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください