±0(プラスマイナスゼロ)の「マルチLEDライト(XLM-G011)」を使えばケーブルレスで室内なんでも主役にできる

±0(プラスマイナスゼロ)の「マルチLEDライト(XLM-G011)」を使えばケーブルレスで室内なんでも主役にできる

  • 部屋にスポットライトがほしいけど、置き場所に悩む
  • 色温度も変えられるスポットライトがほしい
  • できるだけ小型なスポットライトはないかな

そんな人にピッタリなアイテムを見つけた。

それが、±0(プラスマイナスゼロ)というブランドから発売している「LEDマルチライト(XLM-G011)」だ。

±0(プラスマイナスゼロ)のLEDマルチライト

このライトは、ケーブル不要で使える小型のスポットライト

このライトを使えば、室内どんな場所でもどんなモノでも一瞬で主役に変えることができる。

before画像 after画像

先にチラッと見せると、そのままでは野暮ったい観葉植物もこんなかんじに仕上げることができる。

翁(おきな)
翁(おきな)

あ、念のため伝えておくとこのとき植物の上に写ってるスタンド式のスポットライトは消灯してあるからね。分かりづらいよねごめんね!

観葉植物が主役クラスになった

ということで、この記事では±0(プラスマイナスゼロ)のLEDマルチライトについてレビューしていく。

created by Rinker
プラスマイナスゼロ
¥4,400 (2022/10/06 23:04:24時点 Amazon調べ-詳細)
この記事の著者

ジャパニーズガジェットブロガー

おきな

プロフィール

ガジェットが大好きな34歳/ ブロガー歴5年/ レビュー数150品以上/ サラリーマン/ 4児の父/ “みんなといっしょ”が苦手なタイプ

±0(プラスマイナスゼロ)の「LEDマルチライト」

箱はホワイトが写されているけど、中身はBlack

今回レビューするのは、±0(プラスマイナスゼロ)というブランドが販売しているライト「LEDマルチライト(XLM-G011)」という商品。

±0の商品を購入するのははじめてなんだけど、以前からAmazonで売っている商品がどれもシンプルにかわいくて気にはなっていた。

今回僕はたまたまAmazonで売っていた「LEDマルチライト」を見つけて『コレは絶対便利だ!』と思い衝動買いしたという次第だ。

カラー展開は、ブラックとホワイトの2色。

Amazon、楽天でも販売していて価格は4,400円と割と手頃だ。

型番XLM-G011
光源LED(交換不可)
電源単3アルカリ乾電池または単3ニッケル水素電池
消費電力1W
色温度電球色:3000K
昼光色:6500K
防水性能IPX3(雨が大丈夫程度の防水)
サイズ(高さ)9.7×(幅)6.5×(奥行)6.5cm
重量約126g
±0「LEDマルチライト」のスペック

外観

外観はこんなかんじ。

今回僕が買ったBlackは、サラッとした艶消しチャコールグレーでモダンなデザイン。

サイズは、(高さ)9.7×(幅)6.5×(奥行)6.5cm。

缶コーヒーより1まわり大きいくらいの大きさだ。

円柱型でボディには凹凸もなくすごくシンプル。

あるのは、ライトのオンオフに使うタッチセンサー内蔵の電源ボタンと、吊り下げようフックくらい。

上部フックの部分は電池を入れる蓋にもなっていて、左に軽く回すことで開けることができる。

電池は単三電池3本。

電池を入れるだけですぐに使うことができる。

±0(プラスマイナスゼロ)のマルチLEDライトを実際に使ってみた

3種類の点灯パターンで照らし方を好みで変えられる

LEDマルチライトの点灯パターンは全部で3種類。

暖色(強)
暖色(弱)
昼光色
パターン明るさ連続点灯時間
暖色(強)90ルーメン30時間
暖色(弱)25ルーメン70時間
昼光色90ルーメン30時間
LEDマルチライトの点灯パターンと詳細

パターンは電源ボタンをタッチすることで段階的に変えることができる。

観音竹が一気に主役になった

色温度は、暖色が3000ケルビン、昼光色が6500ケルビン。

暖色は、豆電球っぽい温かな色味で、間接照明として使いやすい。

1色だけだと物足りないし、あまりカラフルなカラーも必要ないので必要な3色が用意されていて使い勝手が広がるのではないだろうか。

光源寿命は説明書上、40000時間と長めだ。

さすがLED。

下からだけでなく上からも照らしやすい設計

うれしいことにこのLEDマルチライトは、アッパーライトとしてだけでなくダウンライトとして天井から吊る下げることもできるように設計されている。

個展とかでも使えそうなレベル

上部にフックがあることで、S字金具を活用して吊り下げられるほか、本体にマグネットが内蔵されているからスチール部分ならどこでも取り付けることができる仕様となっている。

こんなところにもくっつけることが可能だ。
ちょっと雰囲気ある古着屋さんのショーケースみたいになった

また、付属しているスチールプレートを活用してフックのかけられない場所にも設置することができるようになっている。

スチールプレートには3Mの両面テープがついている
翁(おきな)
翁(おきな)

家にダウンライトがなくても小物を照らすことができるのは便利だ。

サイズ的にも持ち運びしやすいから、キャンプなどアウトドアシーンでも活用できそうだ。

LEDを交換できないのが唯一ざんねんなところ

説明書をみたところ、LEDマルチライトはLEDの交換はできないらしい。

技術のある人なら可能かもしれないけど、一般人には難しそうだ。

保証期間は1年となっているので、購入直後の不具合ならカスタマーサポートに相談したほうがよさそうだ。

±0(プラスマイナスゼロ)のマルチLEDライトレビューまとめ

±0(プラスマイナスゼロ)のLEDマルチライト(XLM-G011)

ということで、この記事では±0(プラスマイナスゼロ)のLEDマルチライト(XLM-G011)についてレビューしてきた。

シンプルモダンで吊り下げフックとマグネットを内蔵し、置き場所にも困らないまさにマルチなスポットライトだった。

今年買ってよかった便利アイテム上位ランクイン間違いなしのヒット商品となるだろう。

決して必要性の高いモノではないけど、部屋の雰囲気をワンランク上げたいという人に激推しな一品だ。

メリット
  1. どこでもカンタンにスポットライトとして使うことができる
  2. シンプルモダンで置き場所に困らないおしゃれデザイン
  3. 天井から吊り下げたりスチール部にくっつけることもできる
  4. 懐中電灯や間接照明など用途幅が広い
デメリット
  1. LEDの交換はできない
  2. 単3乾電池が必要
created by Rinker
プラスマイナスゼロ
¥4,400 (2022/10/06 23:04:24時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください