EURPMASK「NU1」レビュー。光るだけじゃない。スマホの充電やハブとしても使えちゃう3-in-1ヘッドホンスタンド

4 min
EURPMASK「NU1」レビュー。光るだけじゃない。スマホの充電やハブとしても使えちゃう3-in-1ヘッドホンスタンド

EURPMASKのヘッドホンスタンドをメーカーに提供していただいたので実機レビューしていく。

デスクに新しい仲間が増えた。

意外と場所をとるヘッドホンの収納にはヘッドホンスタンドが欠かせない。

でも、ただ掛けておくだけっていうのも寂しいしなぁ…と思っていたときに光るヘッドホンスタンドのレビュー依頼をいただいた。

EURPMASKのヘッドホンスタンド「NU1」だ。

一見ふつうのRGBライトを搭載したゲーミングヘッドギア用スタンドかと思いきや、実はスマホスタンドとしても使えたり充電器としても使えたりと個人的にメリットな部分の多いヘッドホンスタンドだった。

そのほか、小物を置けたりケーブルを本体裏に巻けたりとデスク周りをスッキリさせたいという人にもおすすめしたい。

もちろんヘッドホンスタンドとしてもふつうに優秀で、今では僕のデスクを飾る1軍アクセサリーだ。

残念なところ
  • プラスチック感がプレミアム性に欠ける
  • Qiワイヤレス充電には非対応
いいところ
  • RGBで光る
  • 1台で2つのヘッドギアを掛けられる
  • USBハブ機能搭載
  • クランプでデスクに吊り下げることもできる
  • スマホスタンドとしてもつかえる
  • 18Wの充電機能が便利
今回レビューするモデル

EURPMASK多機能ヘッドホンスタンド「NU1」

今回レビューするのは、EURPMASKのヘッドホンスタンド「NU1」。EURPMASKは、中国深センのヘッドホン愛好家たちによって設立・開発されたデバイスブランド。

「NU1」は、クラウドファンディング「MAKUAKE(マクアケ)」では、58万円を超える大成功を収めた製品だ。

智優美(ズーメイ)は2016年に深圳で設立されました、ヘッドホンを愛用しているメンバーによって設立されました。EURPMASK NU1開発のために、メンバーは様々なヘッドホンの重さや着用スタイル、使用シーン、ユーザーが好む収納方法を徹底的に研究し、さらにヘッドホンをよく使用する方やゲームプレイヤーの方のアドバイスを基に、外観から機能、材質まで厳選して、十数回にわたる修正を繰り返しました。こうして誕生した多機能ヘッドホンスタンドEURPMASK NU1が、皆様に気に入っていただけることを願っています。

MAKUAKE「EURPMASKメーカー紹介」より

このヘッドホンスタンドの特長は、通常のヘッドホンを掛けておくだけのスタンドにはないマルチな機能をもつところ。

スタンドには最大2つのヘッドホンを収納可能。クランプ仕様にすればデスク下への設置もできるようになっている。

また、3.5mmのイヤホンジャックを搭載。Micro-BケーブルでPCと接続することでPCからスタンドを経由してヘッドホンで音楽を鑑賞することができる。

USB-Aポートの2口、USB-CともUSB3.0仕様。PCやスマホなどと接続することでハブとして使用することで高速伝送が可能となっている。

そのほか、下部はスマホスタンドや小物を置いておくトレイが用意されており、ヘッドホン以外のアイテムを収納することができる。

RGBライトは6つのモードを搭載。好みに合わせて変更することができる。

製品仕様詳細
EURPMASKヘッドホンスタンドスペック
型番NU1
重量500g
耐荷重1㎏
サイズ幅:100mm
高さ:279.5mm
奥行:135mm
ボタン点灯/消灯/モード切替
USBポートMicro-B×1
USB-A×2(USB3.0)
USB-C×1
オーディオ出力7.1チャンネルサラウンド
3.5mmAUX
給電能力最大18W
素材ABS樹脂
価格(2022年4月時点のAmazon価格)11,880円

外観

パッケージ
付属品
  • スタンド本体
  • 電源アダプター
  • USBケーブル(Micro-B to USB-A)
  • 取扱説明書

この製品は完成品が入っているため、組み立て作業は必要ない

正面
後ろ
底面

底にはしっかりと滑り止めが貼られている。耐荷重も1㎏なのである程度重たいヘッドホンを掛けても耐えられる。

ホルダーの飛び出し部分は最大で約59mm

トレイのサイズは、縦約57mm、横約82mm。

本体だけの重さは約300g

EURPMASKヘッドホンスタンド「NU1」の実際の使用感レビュー

ということでEURPMASKのヘッドホンスタンド「NU1」の実際の使用感をレビューしていく。

ヘッドホンの掛け心地は安定的

前提である“ヘッドホンスタンド”としての使い心地は良好。

ホルダー部分の出っ張り具合も十分でヘッドホンが落ちる心配はない。

ホルダー部を前後に押し引きすればもうひとつヘッドホンを掛けられる。

翁

僕はふだんヘッドホンと骨伝導イヤホンの2つを掛けてつかっている。

また、本機は背面にケーブル収納用のホルダーが付いているけど、手で可動させると本体底面からクランプが飛び出す仕様になっている。

これによりデスク下にヘッドホンをぶら下げる設置方法が選択可能となっている。意外に器用なギミック。

厚さ2.5cmの天板にも問題なくクランプできた。

バネも強めで滑り止めもちゃんと利いているから固定力は高い。

RGBはアクセントに最適。点灯パターンも変えて楽しめる

アクセントとしても使えるRGBライトには、6つのモードが用意されていた。

デスク上の照明や壁紙の色味にあわせれば全体の統一感もそろえることができておしゃれだ。

翁

個人的には白の常時点灯が好きだったかな。赤はちょっとくどいね。

6種類のライトモード
フルオート(全色)
サイクル(全色)
ウェーブ(全色)
常時点灯(白)
点滅(赤)
呼吸モード(全色)

モードの変更は本体左サイドにあるプッシュ式ボタンを軽く一回押すことで行うことができる。

ボタンは長押しすると電源のオン/オフが行える。

1台で幅広くつかえる

  • ヘッドホンスタンド
  • ハブ機能
  • 充電機能
  • 小物用トレイ
  • RGBライト

見直してみればかなりマルチなEURPMASKのヘッドホンスタンド。

USBポート接続した照明はきちんと点灯したし、USB-Cに接続したiPhoneはちゃんと充電できた。

スタンドとしても使えるのは結構あり。Fireタブレットを置いて映画鑑賞するのに角度がちょうどよかった。

デスクの小物を収納しつつ拡張できるっていうのは結構ありがたい機能だと思う。

ただ、ハブ機能僕はあんまり利便性は感じなかった。僕自身PCからデータを取り出したりしないからだろうけど。

翁

有線ヘッドホンを買ったらPC経由で音楽を聴いてみよう。

あとは素材がABS樹脂ではなくてもう少し高級感のある素材ならなおよかったなぁ。

欲を言えばQiワイヤレス充電ができると最強だった

マルチとはいえ、個人的には【RGBライト<Qiワイヤレス充電】でQiのほうが必要性が高い。

Qiに対応していれば万人受けする文句なしのミニマルマルチスタンドだったと思う。

EURPMASKヘッドホンスタンド「NU1」レビューまとめ

EURPMASK「NU1」評価
使いやすさ
3.0
値段
3.0
デザイン性
4.0
総合評価
3.5
残念なところ
  • プラスチック感がプレミアム性に欠ける
  • Qiワイヤレス充電には非対応
いいところ
  • RGBで光る
  • 1台で2つのヘッドギアを掛けられる
  • USBハブ機能搭載
  • クランプでデスクに吊り下げることもできる
  • スマホスタンドとしてもつかえる
  • 18Wの充電機能が便利

ということでこの記事では、EURPMASKのヘッドホンスタンドについてレビューしてきた。

ただの光るヘッドホンスタンドではなくデスク周りを整頓できる機能を備えた多機能ヘッドホンスタンドだった。

今回レビューしたモデル
翁

ジャパニーズガジェットブロガー

こんにちは、BOWSの運営者「翁(おきな)」です。
このブログは、僕「翁」が【理想のデスク環境】や【便利なおうち環境】を創造することを目指して最新ガジェットや便利グッズをレビューするブログです。

レビュー数➡144商品
月間アクセス➡8,000~10,000PV
PR実績➡46商品
※2022/2/28更新

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください