HIDIZS「MS1-Galaxy」レビュー。3,600円1DDでハモリと透明感が美しいバラード向けイヤホン

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

この記事では、HIDIZSから提供してもらった有線イヤホン「MS1-Galaxy」について、イヤホン好きなガジェットブロガー翁が忖度なしで実機レビューしていきます。

当ブログの運営者、ガジェット大好き翁(おきな)@okinalogです。よろしくね。

HIDIZS MS1-Galaxyは、10.2mm1DD構成でドイツ製Makrolon樹脂シェルと2芯銀メッキ線を採用したケーブルで構成されるエントリーモデルです。

お値段3,599円。

HIDIZS「MS1-Galaxy」レビュー。3,600円1DDでハモリと透明感が美しいバラード向けイヤホン

HIDIZSというメーカーのイヤホンに触れるのは今回がはじめてだったんですが、MS1-Galaxyはほかとはちょっとちがった味を持った聴きやすいサウンドのイヤホンでしたね。

サクッと買える金額としては当たりです。

さあ、はじめようか。

created by Rinker
Hidizs
¥3,599(2024/05/19 10:44:00時点 Amazon調べ-詳細)
選べるカラー
HIDIZS MS1-Galaxy
低音
 (2.5)
中音
 (3)
高音
 (3.5)
サウンドステージ
 (2.5)
定位感
 (2)
ビルドデザイン
 (3.5)
総合評価
 (2.5)
この記事の著者

ジャパニーズガジェットブロガー

おきな

プロフィール

ガジェットが大好きな34歳/ ブロガー歴5年/ レビュー数180品以上(うちイヤホン80種類)/ サラリーマン/ 4児の父/ “みんなといっしょ”が苦手なタイプ

※有線イヤホンを使ってみたいなと興味があるひとは、まずは「有線イヤホン素人の僕が15本以上触れてみて分かった【初めての1本】におすすめな5選」を参考にしてみてください。

HIDIZS MS1-Galaxy

HIDIZS「MS1-Galaxy」レビュー。3,600円1DDでハモリと透明感が美しいバラード向けイヤホン

DAPやDACを手掛けているオーディオブランド「HIDIZS」のエントリーモデルとなる「MS1-Galaxy」

  1. 10.2mm PU+PEEK振動板
  2. 高性能デュアル磁気回路ダイナミックドライバー採用
  3. 高密度ドイツ製マクロロン性樹脂シェル
  4. 0.78mm2pin銀メッキ無酸素銅線採用リケーブル仕様
  5. ハイレゾ認定
  6. マイク有り無し選択可能

Galaxyは、軽量さと均一性が高いPU(ポリウレタン)+PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)複合高ポリマー振動板とデュアル磁気回路構造によって高音の拡張性と細やかな表現力に注力した造りとなっています。

また、ドイツ製マクロロン樹脂素材を採用したシェルは非刺激性で長時間の使用が可能。耐久性と高級感の両方を考えられた品質となっています。

チューニングはH-2019(ハーマンターゲットカーブ) 目標周波数応答曲線ガイドラインに従って同社音響エンジニアによって行われ、完璧にバランスのとれたサウンド特徴を生み出し優れたリスニング体験を実現しているとのこと。

MS1-Galaxyのスペック

周波数応答:20Hz-40KHz

インピーダンス:32Ω

感度:108dB

ケーブル:銀メッキ無酸素銅線0.78mm2pin

パッケージ

Galaxyのパッケージは、本体・ケーブル・イヤーピース・冊子類という一般的な最低限の構成となっています。

今回僕が提供してもらったのはトランスペアレント(クリアー)で、その他ブラック・ブルー・レッドがマイク有り無しで選択可能です。

HIDIZS「MS1-Galaxy」レビュー。3,600円1DDでハモリと透明感が美しいバラード向けイヤホン
HIDIZS「MS1-Galaxy」レビュー。3,600円1DDでハモリと透明感が美しいバラード向けイヤホン

ケーブル

ケーブルは2芯の銀メッキ無酸素銅線を採用した0.78mm2pinタイプのリケーブル可能な仕様です。

以前レビューしたSIMGOTのEW100Pと似た質感で、取り回しやすい高級感のある質感。

外観

MS1-Galaxyのシェルは、樹脂素材でかなり軽量。

内部にキラキラとしたシートが入っていて、フェイスプレートにはHIDIZSのロゴがプリントされていてお値段の割に高級感を味わえます。

各面にバリもないし、お値段以上にはしっかり組み立てられている印象です。

HIDIZS「MS1-Galaxy」レビュー。3,600円1DDでハモリと透明感が美しいバラード向けイヤホン
HIDIZS「MS1-Galaxy」レビュー。3,600円1DDでハモリと透明感が美しいバラード向けイヤホン
HIDIZS「MS1-Galaxy」レビュー。3,600円1DDでハモリと透明感が美しいバラード向けイヤホン
HIDIZS「MS1-Galaxy」レビュー。3,600円1DDでハモリと透明感が美しいバラード向けイヤホン

HIDIZS MS1-Galaxyを実際につかってみた

HIDIZS「MS1-Galaxy」レビュー。3,600円1DDでハモリと透明感が美しいバラード向けイヤホン
翁(おきな)
翁(おきな)

実際にHIDIZS MS1-Galaxyを使用してみての感想をレビューしていくで!

抜けのいいソフトで聴きやすいサウンド

MS1-Galaxyは、耳当たりやさしく聴きやすいボーカルライクな弱ドンシャリサウンドです。

自分の弱点をよく理解した古鞘に戻ったときの安心感みたいな感覚をおぼえるイヤホンです()

個人的に好きな宇多田ヒカルと相性バッツグンの音質をしていると思います。

君に夢中』を聴いてもらうと分かります。

もう、ほんと電話越しに自分のために歌ってくれているかのような感覚に陥るくらいにリアル感のあるサウンドです。

HIDIZS「MS1-Galaxy」レビュー。3,600円1DDでハモリと透明感が美しいバラード向けイヤホン

低音はほどよく沈みこんでグイグイ持ち上げるかんじ。ダイナミックドライバーらしいインパクトはありますがキレはそこまでないのでロックやヒップホップには向きません。

KZのZSN Proなどの強ドンシャリサウンドのようにパワフルで勢いのあるイヤホンとは双極。

籠りすぎず軽すぎない重厚感がいい味を出してます。

低音がパワフルすぎるイヤホンが苦手なひとには好みな程度の低音じゃないかなと思います。

中音は透明感があり圧迫感のない仕上がりで、ボーカルが結構近く主張されています。

楽器音はやや断捨離されているような情報量ですが、それが逆に変な粗さや歪みを切り捨てていてうまくチューニングされていますね。

翁(おきな)
翁(おきな)

「粗くなるくらいならそぎ落としちゃえ!」みたいな潔さを感じるイヤホンやね。

高音域はやや明瞭さと主張があり粗さとかキンキンさがなく、よく研磨された針みたいにスーッと抜けのいい高音が通ります。PU+PEEK複合ポリマー振動板の恩恵をしっかり受けたと思える再現性の高さです。

全体的にまろやかさと温かさがあるので長時間リスニングしても聴き疲れは感じにくい。

スピード感やアタック感は弱いので、『』や『traveling』を聴くとややもたついたかんじになってしまいます。

本体の軽量具合も相まってさらっとながら聴きイヤホンとして楽しめる1本ってかんじです。

音場と定位感

MS1-Galaxyは3,000円台としてはボーカルが近く、楽曲との分離感もそこそこ感じられますが音場自体は狭めです。

これまた宇多田ヒカルで『Flavor of Life』『Beautiful World』を聴くと分かります。

ボーカルの声を前方中心に各楽器音は左右後方からそれぞれ分離されて流れ込んできますが、どの楽器も結構近め。

ただ、エコーの伸びが絶妙にかかっていて音場の狭さをカバーしているように感じます。

さきほども書いたようにハモリのレイヤー感もうまく表現されているのでエコーと相まってやっぱりバラードと相性がいい。

おすすめのイヤーピース

ざんねんながらMS1-Galaxyに付属している乳白色イヤーピースはあまりMS1-Galaxyの真価を発揮できるイヤーピースではありません。

そのため、サードパーティ製のイヤーピースへの変更は必須です。

おすすめは無難にSpinFitのCP100+あたり。

高音の明瞭さが増し、ぜんたいの輪郭がハッキリするのでより透き通った質感の音を楽しめます。

HIDIZS MS1-Galaxyとほかのイヤホンとの比較

今回比較用にいっしょに提供してもらったおなじHIDIZSの「MS1-Rainbow」とも聴き比べてみました。

HIDIZS「MS1-Galaxy」レビュー。3,600円1DDでハモリと透明感が美しいバラード向けイヤホン

RainbowはGalaxyとは真逆の強ドンシャリサウンドで、比較にならないくらい力押しのパワータイプのイヤホン。

しっかりバイブス利かせるだけあって気付けには最適ですが、1時間以上聴くならMS1-Galaxyのまろやかさがいいですね。

HIDIZS「MS1-Galaxy」レビュー。3,600円1DDでハモリと透明感が美しいバラード向けイヤホン
翁(おきな)
翁(おきな)

ロックやヒップホップなど情熱的にメッセージをとばすタイプの楽曲ならRainbow、R&Bやポップスの失恋ソングや自己啓発楽曲ならGalaxyっていうすみ分けがいいよ!

created by Rinker
HIDIZS
¥8,800(2024/05/19 10:44:01時点 Amazon調べ-詳細)

HIDIZS MS1-Galaxyレビューまとめ

HIDIZS「MS1-Galaxy」レビュー。3,600円1DDでハモリと透明感が美しいバラード向けイヤホン
メリット
  1. 軽いのに高級感のある樹脂製シェル
  2. ボーカルがリアルで抜けのいい高音が楽しめる
  3. リケーブルが可能
  4. お値段以上の高音質
デメリット
  1. 音場は広く感じられない
  2. 一定の音域は切り捨てられているように感じる

ということで、今回はHIDIZSのエントリーモデルIEM「MS1-Galaxy」について実機レビューしてきました。

さらっとカジュアルに扱える軽量さと滑らかさのある音質が魅力のイヤホンでした。ほかの同価格帯中華イヤホンではあまりみない音質なのがポイントですね。

個人的には、似たデザインのKZ ZSTXよりかは圧倒的にMS1-Galaxyのほうが好み。デザインをとっても、音質をとっても。

で、SIMGOTのEW100PとかKiwi EarsのCadenzaには勝てないかなという位置ですね。

でも、この質感で3,000円台なら安いのには間違いないです。

created by Rinker
Hidizs
¥3,599(2024/05/19 10:44:00時点 Amazon調べ-詳細)
選べるカラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください