HZsound「Heart mirror pro」レビュー。1万円CNT振動板採用で付属品も豪華なとんでもコスパなIEM

HZsound「Heart mirror pro」レビュー。1万円CNT振動板採用で付属品も豪華なとんでもコスパなIEM

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

この記事では、HZsoundのインイヤーモニター「Heart mirror pro」について、音質やビジュアル、付属品などガジェット好きな翁が実機レビューしていきます。

当ブログの運営者、ガジェット大好き翁(おきな)@okinalogです。よろしくね。

Twitterで話題になっていたHZsoundの「Heart mirror pro」を興味本位で購入してみました。価格は1万円。

メリット
  1. クセのないシンプル無地な鏡面デザイン
  2. 上質なオリジナルケースに2種類のケーブル、さらにはプラグまで3種類と超豪華な付属品
  3. シャープで煌びやかな高音が利いた高音質
デメリット
  1. 低音の迫力は控えめ
  2. ステムはすこし短め

率直にいって、このIEMのコスパは到底1万円とは思えないクオリティです。

音質・サイズ感・デザイン・付属品のクオリティあらゆる面で非常に完成度がたかいIEMとなっていました。

はじめてのIEMデビュー機や、1万円で間違いのないIEMをと言われたらまずこのイヤホンがおすすめです。

さあ、はじめようか。

この記事の著者

ジャパニーズガジェットブロガー

おきな

プロフィール

ガジェットが大好きな34歳/ ブロガー歴5年/ レビュー数180品以上(うちイヤホン80種類)/ サラリーマン/ 4児の父/ “みんなといっしょ”が苦手なタイプ

※有線イヤホンを使ってみたいなと興味があるひとは、まずは「有線イヤホン素人の僕が15本以上触れてみて分かった【初めての1本】におすすめな5選」を参考にしてみてください。

HZsound「Heart mirror pro」概要と特徴

今回レビューするのは、HZSoundのインイヤーモニター「Heart mirror pro(ヒートミラープロ)」

特徴は以下、

  • 10mmCNT振動板にN52磁石、CCAWボイスコイル採用
  • 2.5、3.5、4.4mmプラグ交換可能リケーブル仕様
  • CNC高精度切削加工による鏡面デザイン
  • レザーケース付属

まず、Heart mirror proはドライバーに軽くて硬くて応答速度に優れた10mmのCNT(カーボンナノチューブ)振動板を採用しています。

CNT振動板というと、僕がレビューしたイヤホンでいうとTINHIFI「T4 Plus」がおなじくCNT振動板でしたね。音が細かくシャープな音を出す小さいシェルと相性がぴったりなコスパにすぐれたドライバーです。

また、広い音場を提供するCCAWボイスコイルもT4 PlusとおなじくHeart mirror proにも搭載されています。

ケーブルは0.78mm2pinのリケーブル仕様。

マイク付きのケーブルもパッケージに同梱されています。

シェルはCNC高精度切削加工による鏡面デザイン。シンプルな完全無地です。

販売価格はAmazonにて10,999円。

Heart mirror proのスペック

ドライバー:10mmCNT振動板

インピーダンス:32Ω

感度:110±3dB

周波数応答:10Hz-40Hz

パッケージ

イヤホンケースも上質なシボ革にゴールドのジップと手の込んだ仕上がり。

ケーブル

(左)マイクなしケーブル(右)マイクありケーブル

Heart mirror proのケーブルは、マイクなしのタイプとマイクありの2種類が付属しています。

マイクなしのケーブルはクリアで編み込みタイプ。

マイクありのケーブルはストレートタイプ。

そのうち、マイクなしのケーブルは2.5mm、3.5mm、4.4mmのプラグを装着することができます。

いずれも0.78mm2pin仕様。もちろん、交換可能なリケーブルタイプです。

マイクなしのケーブルは0.78mm2pinのストレートジャックを採用。

マイクありのケーブルはL字の3.5mmジャックを採用。

1万円台のIEMはこれまでKBEARの「青龍」とか、TINHIFIの「T4 Plus」とか触れてきましたが、プラグが交換できてマイクありのケーブルまで付属しているのはHeart mirror proがはじめて。

もうこの時点でお得感がすごいですよね。

外観

こちらがHeart mirror proのシェル。

つるっとむき出しの合金素材でシンプル。メッキ素材のように軽すぎないのが上質さがあります。

ステムは短め。

そのため、SpinFitのイヤーピース「W1」を付けると耳からイヤホンを外す際に抜けるおそれがあるので相性はよくはありません。

AZLA SednaEarfit XELASTECなどのような傘が短くてホールド力のたかいイヤーピースのほうが相性はいいでしょう。

Heat mirror proはSpinFit W1との組み合わせはあまりおすすめしません。
Heat mirror proはSpinFit W1との組み合わせはあまりおすすめしません。
(左)Heart mirror pro(中)KB EAR 青龍(右)TRIPOWIN Rhombus
(左)Heart mirror pro(中)KB EAR 青龍(右)TRIPOWIN Rhombus
(左)Heart mirror pro(中)KB EAR 青龍(右)TRIPOWIN Rhombus

ほかのIEMのシェルと比べてもひとまわり小さいHeart mirror pro。

そのぶん、耳へのおさまりがよくすっぽりと装着することができます。

HZsound「Heart mirror pro」で実際に音楽を聴いてみた

視聴環境

プレーヤー:Pixel7

DAC:iBasso Audio DC03Pro

イヤーピース:AZLA SednaEarfit XELASTEC

ストリーミング:Amazon Music Unlimited

本機の音質を最大限に楽しむために、エージングは150時間ほど行いました。

結果、開封直後に比べて細かくまろやかなサウンドに変化。中華イヤホンはやっぱりエージングが効果的なんですかね。

すぐにわかるシャープで高解像度な低音と煌びやかな高音

Heart mirror proはとにかくバランスのとれたニュートラルなフラット音質。

ごたくは抜きにして1万円のイヤホンに許される音じゃあありません。

さいしょの数秒でHeart mirror proは半端なく音がいいということを理解することができると思います。

HZsound「Heart mirror pro」の音質
  • 低音:外観のシャープさとは裏腹に鋭い低音を出します。それでいて一切潰れた感もなく、解像度と分離感も体感レベルでたかい
  • 中音:粒の細かい高出力の中音。ボーカルの声も輪郭が細くさらりとしていて耳が癒されるかんじ。
  • 高音:煌びやかさがありつつ、透き通っていて無理してる感がいっさいないからすーっと耳が浄化される気すらするほど。電子音でも刺さるかんじはまったくなく、突き抜けていく伸びの良さがたまらない。

特出しているのは中~高音域の明瞭さ。

もうとにかく高音の煌びやかさが心地よくて最高。必要以上に反響も激しくなく絶妙なところを挿してきます。その一方で刺さるかんじは一切感じませんでした。

軽くて応答性にすぐれたCNT振動板の緻密で細かいシャープさとN52磁石の威力が相まってハリのあるサウンドを体感することができます。

低音は決して強力とまでは言えませんが、鋭くキレがいいので脇役としては十分主張できているかなと。低音バイブスガンガンを求めるひとにはちょっと物足りないかな。

アップテンポなEDMとか、女性ボーカルの楽曲などと特に相性がいい印象です。

定位感は値段相応

Heart mirror proの定位感は値段相応。特に感動するほど前後方から音は飛んではきません。

ただ、音場に関してはシェルの小ささのわりに広めな印象で、これはたぶん軽量仕様のCCAWボイスコイルの底上げの恩恵でしょうね。

HZsound「Heart mirror pro」とほかのイヤホンとの比較

ゼンハイザー「IE100Pro」との比較

  • 定位感と音の分離感は圧倒的にIE100Proのほうがたかい
  • 高音はHeart mirror proのほうがまろやかで聴きやすい
  • 装着感はどちらも軽くてつけやすい
翁(おきな)
翁(おきな)

Heart mirror proはオーディオ用。ゲームに使うならIE100Proのほうがいいでしょうね。

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥12,864(2024/06/25 15:56:24時点 Amazon調べ-詳細)

KBEAR「青龍」との比較

  • 低音のインパクトと重たさは青龍のほうがつよい
  • 定位感や音場はどちらも互角
  • 高音の煌びやかさはHeart mirror proのほうが上
  • 長時間聴いていて疲れないのは青龍
翁(おきな)
翁(おきな)

青龍はあたたかくてまろやかな音質だから、Heart mirror proとは真逆かなといった印象。価格がほぼ同じだけに悩むところ。

TINHIFI「T4 Plus」との比較

  • 音質はほんとにすごくよく似ている
  • バスドラムのキック力が若干T4 Plusのほうがつよい気がする
  • 値段はHeart mirror proのほうが断然安い
翁(おきな)
翁(おきな)

おなじCNT振動板だからか、音の特徴がすごく似ていました。違いがわからないくらい。見た目と付属品と値段で決めてしまってもいいかもしれません。

HZsound「Heart mirror pro」はこんなひとにおすすめ

  • はじめての有線イヤホンに間違いのないやつを選びたいひと
  • シャープな高解像度音質を求めているひと
  • 値段以上のお得感を味わいたいひと

低価格帯のイヤホンを卒業して1万円くらいの有線イヤホンにステップアップしたいということであれば、まずHeart mirror proを選んで間違いないでしょう。

そのくらい、音の全体のバランスがいいイヤホンとなっています。

シェルの小ささとシンプルさからは想像もできない高音質です。

また、付属品の豪華さも大きな魅力ですね。

バランス接続に切り替えることもできるイヤホンジャック交換可能仕様といえば、3万円のRAPTGO HBB HOOK-Xが当てはまるくらいで、Heart mirror proにはそこにさらにマイク付きリケーブルまで付属してるんですから、お得さバツグン。

音質だけでもかなりのクオリティなのに、これだけ付属品が充実しているのは損はしないと思います。

HZsound「Heart mirror pro」レビューまとめ

ということで、今回はHZsoundのHeart mirror proについて実機レビューしてきました。

CNT振動板採用で、シンプルなビジュアルからは想像もできないバランスのとれたシャープな高音質。

マイク付き・なしでバランス接続にも切り替えられるケーブル付属でお値段以上の豪華な付属品。

中華イヤホンの真骨頂を垣間見たような感覚です。

メリット
  1. クセのないシンプル無地な鏡面デザイン
  2. 上質なオリジナルケースに2種類のケーブル、さらにはプラグまで3種類と超豪華な付属品
  3. シャープで煌びやかな高音が利いた高音質
デメリット
  1. 低音の迫力は控えめ
  2. ステムはすこし短め
created by Rinker
Yinyoo
¥10,999(2024/06/25 15:56:24時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アズラ(AZLA)
¥4,500(2024/06/25 15:56:25時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください