DIESELの完全ワイヤレスイヤホンをレビュー。デザイン重視のTWS

3 min
DIESELの完全ワイヤレスイヤホンをレビュー。アイコニックさ漂うデザイン重視のTWS

イタリアのファッションブランド、DIESEL初の完全ワイヤレスイヤホン「True Wireless Earbuds」を販売代理店から提供していただいたのでレビューしていく。

Bows

Bows

充電器や完全ワイヤレスイヤホンなどガジェットが好きなブロガーBOWS@guidbows)よろしくね。

DIESELといえば、メゾン・マルジェラやJIL SANDERなどと同じOTBというグループの傘下にあるグローバルブランド。スタイリッシュでワイルドなジーンズを中心に、カジュアルの垣根を超えてプレミアムな商品を世に放っている。

音質や機能よりもデザイン性、あるいはファッションアイテムとして重点を置いているイヤホンを探している人におすすめだ。

販売価格は、11,980円。Amazonで購入することができる。

この記事は、メーカーからの提供品をもとに書いていく。

ちょい悪オシャレなDIESEL「True Wireless Earbuds」

スライド式で質の良いケースに細見でスタイリッシュなイヤホンが収納されている。DIESEL好きにはこのDIESELらしいアイコニックさが分かると思う。

スペックとしては、最大32時間の連続再生が可能でBluetoothバージョンは5.0。いわゆる「うどん型」形状でタッチセンサー操作。ノイズキャンセリングや外音取込には対応してはいない。

SBC,AACコーデック対応でiPhone・Androidどちらでも接続することが可能。

ジーンズと相性が良さそうなビビットの効いたレッドとレザーファッションに馴染みそうなブラックの2色展開だ。

DIESELらしいシンプルで細身なデザイン

DIESELといえば、シンプルながらにDIESELDIESELしているところが特徴的なブランドだけど、イヤホンからもそれは見て取れる。

デスクに置いているだけでも結構な存在感だ。上質さは十分。

ケース自体は回転スライド式の蓋といい、下部の滑り止めといい細かいところにちょっとしたアクセントを入れてくるDIESELっぽさを感じる。

イヤホン本体は細くDIESELのジーンズみたくスラッとしたシルエット。

今回僕はブラックをチョイスしたけど、レッドなら差し色によさそうだ。(レッドにすればよかった…)

充電には上下不問で便利なUSB-C端子を採用。(ケーブルは付属)2時間ほどの充電でイヤホン単体8時間、ケース込みで最大32時間の連続再生が可能。

置くだけ便利なQiワイヤレス充電に対応しているのはポイントだ。

ボーカルボイス中心のフラットなドンシャリサウンド

True Wireless Earbudsは全体的にフラット弱ドンシャリな万人受けするサウンドだ。

King Gnuの「逆夢」でいうと、終始メインボーカルの井口理の透明感のある声をブレスレベルで聴くことができる。低音の常田の声やバスドラムは聞き取れるけど少し弱いかんじ。中盤ギターのソロ部分やパーカッションの迫力も強調具合がいまひとつだけど逆夢くらいの曲調なら不自然さはない。

一方で、ギターや井口の声などに関しては音の輪郭が細くクリアーに聞こえたので、中音域の音場は広いと思う。

アプリでイコライザーとかカスタマイズ出来たら良かったなぁ。True Wireless Earbudsには専用アプリとかは現時点では存在しないので、そこがちょっと残念。

しかも、ケースは大きい割にイヤーピースをサードパーティ製のもの(特に大)に交換するとケースにイヤホンを収納できなくなるのでイヤーピースでのアレンジも選択肢が限られるなど、音質改善も難しいのが残念なところ。

とはいえ、楽器の音以上にボーカルボイスの鮮明さにフォーカスされた音質なのでラジオ、ポッドキャストなど“声”中心のコンテンツを最大限に楽しむのには向いてる。

勉強用とかにちょうどいいかも。

接続面では室内ではまったく途切れることなく使える。外出時には移動中ちらほら通信が途切れることがあったけど、1秒もかからず持ち返したのでストレスに感じるレベルではない。

ただし、AACコーデックはあくまでも完全ワイヤレスイヤホンのなかでは標準レベルの通信方式なのでハイスペックとは言えない。

DIESEL完全ワイヤレスレビュー|まとめ

ということで、この記事ではDIESELの完全ワイヤレスイヤホン「True Wireless Earbuds」についてレビューしてきた。

レビューのまとめは以下、

残念なところ
  • 専用アプリなどはなくイコライザーカスタムはできない
  • ケースは小さくはない
  • ノイズキャンセリング・外音取込機能には非対応
いいところ
  • 存在感のある上質なケースデザイン
  • Qiワイヤレス充電対応
  • 最大32時間と必要十分なバッテリー容量

アパレル同様にシンプルながらもスタイリッシュでDIESELらしいアイコニックさを感じられる製品となっていた。

デスクに置いておくだけでも様になるデザインは個人的にツボ。レッドもほしいな…

ただ、ノイズキャンセリングや外音取込が非対応であったりイヤホンとして決してハイスペックではないので、音質重視の同価格帯で選ぶならAnkerのLiberty 2 Proとかのほうが満足度は高いと思う。

Amazonで今よりもちょっとお得にお買物を楽しむならギフト券チャージがおすすめ

Amazonでの買い物を少しでも安く楽しむのであれば、Amazonギフト券へのチャージがお得

通常のお買い物時よりも多くのAmazonポイントを獲得することができるからだ。

Amazonギフト券って?

アマゾン内で使うことのできる商品券(ギフト券/ギフトカード)【1ポイント=1円】

ギフト券というと、贈り物のイメージだけどAmazonギフト券は自分自身でチャージをして自分用に使うことができる決済手段。クレジットカードを持たない人でもカンタンにチャージできて、通常の購入時よりも多くのポイントを貰うことができるというメリットがある。

Amazonギフト券のポイント還元率一覧表
チャージで付与されるポイント還元率の一覧表
Bows

Bows

最大2.5%って一見低いように感じるけど、Amazonで日用品とかを買っても還ってくるからチリツモ結構バカにならないんだよね。

BOWSが実際にAmazonでお得になった金額の詳細
BOWSが実際にAmazonでお得になった金額の詳細

Amazonギフト券チャージタイプを初回現金でチャージすると1,000ポイント貰えるキャンペーンも実施中。

▼詳細はAmazon公式特設ページにて

BOWS

BOWS

PRO MAX

BOWSは、話題の商品やコスパのいいもの、便利なガジェットや完全ワイヤレスイヤホンなど“いいものと、いいおと”をテーマにレビューするブログ。

レビュー数➡112商品
月間アクセス➡8,000~10,000PV
PR実績➡40商品
※2022/1/21更新

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください