FlexiSpot E7レビュー。高低差65cmの広域昇降が可能になったハイスペックスタンディングデスク[PR]

FlexiSpot E7レビュー。高低差65cmの広域昇降が可能になったハイスペックスタンディングデスク

テレワークの需要も増えて、デスク環境の見直しをしている人も多いのではないだろうか。

特にメインとなるデスクは、主役的な要素も大きいので使いづらいものでは作業に集中できないなど支障もでてくる。

そこで翁が激推しするのが電動昇降デスクだ。

当ブログの運営者、ガジェット大好き翁(おきな)@okinalogです。よろしくね。

そして今回、FlexiSpotから新たに電動昇降デスク「E7」を提供していただいた。

前回、同じくFlexiSpotから提供していただいてレビューした「EJ2」も同じ電動昇降デスクで、趣味レベルでブログを書いている僕でさえデスク昇降機能はかなり有難く活用している。

FlexiSpot「EJ2」レビュー。高さ調節ワンタッチで高さを変えられる電動昇降式デスク[PR]

FlexiSpot E7レビュー。高低差65cmの広域昇降が可能になったハイスペックスタンディングデスク

中でも今回レビューする「E7」という型番は、FlexiSpotの電動昇降デスクのなかでも最上位クラスの製品。

実際に使ってみたかんじEJ2以上に使い勝手が格段に良くなっていた。

前モデルEJ2よりも広範囲の上下58cm~123cm、計65cmをカバーする昇降能力と、新たに3段階昇降構造となり耐荷重量と安定感・安心感が向上している。

スタンディングデスクでブログを書く翁
立ってのデスク作業は一度やってみると病みつきになる

座高の低いデスクを探している人や、デスク上にモノをたくさん置きたい人にとっては完ぺきとも言えるスペックのデスクだ。

翁(おきな)
翁(おきな)

ただ、初見での本体価格は決して安くないことを考えると実際のところ使い心地はどうなのか気になるところ。

FlexiSpotの電動昇降デスクE7を実際に使ってみた感触をレビューをしていく。

また、EJ2とも比較して解説していくので、電動昇降デスクが気になっている人はぜひ参考にしてみてほしい。

FlexiSpot 電動昇降デスク「E7」

FlexiSpot E7宣材写真

E7は、FlexiSpot(フレキシスポット)が販売する組み立て式電動昇降デスク。

主な特徴
  • 多様なデザイン天板で自由にDIY可能
  • 工の字型フレーム
  • 多機能タッチパネル操作
  • 障害物検知機能搭載

フレーム内部にあるデュアルモーターでスピーディーに駆動でき、3段ピラミッド構造で最大125㎏までの耐荷重能力を持つ。操作はタッチパネルでサッと触れるだけでカンタンに上げ下げをすることができる仕様となっている。

また、障害物検知機能を搭載しているので昇降時にモノがあればその場で停止。安全に上げ下げすることができる。

脚フレームと天板でそれぞれ別売りで、脚フレームはブラックとホワイト。天板は2種類の形状からサイズ、豊富なカラーバリエーションを組み合わせることができる。

販売価格は、脚フレーム単体で51,700円(税込公式価格)。天板は9,900円~。FlexiSpotの天板でなくても装着することができるのはひとつの魅力だ。

製品仕様スペック
  • パネルタイプ:タッチパネル
  • 機能:メモリ・ロック・障害物検知機能
  • 耐荷重:125kg
  • 脚幅調整範囲:110~190cm
  • 昇降範囲:58~123cm
  • 脚段階:三段階(ピラミッド)
  • 対応天板サイズ:幅120~210cm 奥行60~80cm 厚み≥2cm

参考:FlexiSpot公式サイト

FlexiSpot電動昇降デスク「E7」レビュー

FlexiSpot E7パッケージ
ヤマトの配達員殺しな圧倒的重量のE7脚フレーム

E7のレビューをしていこう。

メリット
  1. 立って座って気分転換に効果バツグン
  2. スタンディングポジション時の揺れが静か
  3. 幅広い高さをカバーできる
  4. メモリー機能で自分だけのデスク高さを記憶させることができる
デメリット
  1. 組み立て作業が力仕事
  2. エントリーモデルに比べると少々お高くなっている

組み立て自体は難しくない。ただし“超重たい”

組み立て前のFlexiSpot E7

FlexiSpotのデスクは脚から組み立てが必要。上の画像は、脚フレームだけのパーツを並べた様子。

組み立て自体はそこまで難しくない。付属の説明書通りにねじ止めしていくだけだ。

組み立てがはじめての人は電動ドライバーは必ず用意しておこう。

あると組み立てカンタン

ただ、問題なのは天板を脚フレームに装着したあと、寝かした状態で組み立てる必要があるのだけど、コレを起こすのが結構な力仕事。

力に自信のない人であれば2人での作業になると思う。でないと腰を痛める。

上の画像のように横にしたデスク天板の下に隙間ができるよう厚めの段ボールをひとつ敷いておくと手を入れやすくなるのでおすすめだ。

一度立ち上げたデスクはなかなか配置替えに苦労するから予め設置する前提の方向に起こすようにしよう。

組み立て終わった姿がコチラ。

どっしりとしたたたずまいで、高級感がある。

今回僕が組み立てたデスクは天板サイズが幅140cm奥行70cmで、脚フレームはそこからはみ出ることはないので実質天板分のスペースを確保できれば設置ができる。

翁(おきな)
翁(おきな)

ちなみに、今回僕はE7に前回EJ2の時に提供してもらった140×70の天板を移植。EJ2には新たに120×60の白天板を装着したよ。

広範囲65cmをカバーしてくれるのは圧倒的に使いやすい

E7は仕様上、下は58cm上は123cmまで昇降することができる。この高低差約65cm

上記数値は、天板の厚み2cmを含まない天板下の高さ。製品の操作パネルには天板の厚み2cmを含んだ数値が表示される。

EJ2は69cm~118cmの約49cmしか上下できなかったので、E7のほうが自分に最適な高さを自由に選ぶことができる。

翁(おきな)
翁(おきな)

コレ!この高低差が約65cm!

特に、デスクで高さが58cmとかの低い仕様のものは結構珍しいみたいで(FlexiSpot E7の購入者レビューを覗いてみて知った。)、低いデスクを探している人にE7は最適。

実際、最下部58cmはかなり低めで、もはや太ももスレスレ。前のめりになって書き物をしたりするのにちょうどいい低さ。

体感だと、小学校6年生の時に1年生の教室の机を全部出すっていう作業をさせられた際に「懐かし~こんなちっちゃかったんやね!うわ!ちっちぇ!」とか言いながらケラケラ笑った時のあの低さ。

翁(おきな)
翁(おきな)

小学生高学年くらいの子でも使える低さだから、こどもの成長に合わせて高さを変えていくのもいいかも。

一方で最上部123cmとなると、もうこどもの手が届かない領域

178cmの僕からするとちょうど目線の高さにディスプレイが来るので、こどもに邪魔されずに気分転換に映画やアニメを見るときなんかに重宝している。

デスク下に掃除機もかけやすくなるのでおすすめ。

いいボウズっぷりだなこの和尚…

僕の場合、座高が結構高いのでふだんは操作パネルの表示で67cmの位置がベストな高さ。肩への負担も感じずリラックスした状態でタイピングが出来ている。

あまりスタンディングポジションでは作業をせずに「リフレッシュしたいという時に立ち上げる」という使い方をしている。

ただ、座っていた状態での作業からスタンディングポジションでの作業に切り替えるとかなり気分がリフレッシュされるからホントはスタンディングポジションでの作業がおすすめ。
座っていた時には思いつかなかったアイデアとかもホイホイ出てくる不思議さがある。

操作具合はE7もEJ2も一緒。メモリー機能は便利すぎてもはや必須

E7の操作パネルはEJ2とまったく同じタッチセンサー式で、触れるだけ掃除もラクチン。

なかでも特にメモリー機能は慣れると非常に便利で、いちいち毎回上げ下げボタンを押し続けなくても一瞬ワンタッチで勝手に上下してくれる。

メモリー機能を使えば、椅子を引いて~立ち上がって~ちょっと背伸びをして~の間にデスクが記憶した高さまで上がってきてくれている。(逆もまた然り)

高さは最大2つまで記憶可能。

任意の高さで[M]ボタンを押して[1]か[2]どちらかをタップすれば記憶が完了。

あとは[1]と[2]どちらかを押せばその高さまで自動で上がって止まってくれる。

動作音は至って静か。寝ているこどもも起きないレベルの静かさ

電動式でモーターを積んでいるということで、2歳児3歳児がいる我が家的には動作音の方も気になるけど、E7はぜんぜん静か。

ただ、EJ2とはまた少し違った動作音だったので、実際の上げ下げ時の音を騒音計測器で計測してみたところ、EJ2が約59dB。E7は約58dBとなった。気持ち小さい。

食器を洗う音よりも静かだし、僕のくしゃみよりも圧倒的に静かだ。こどもが寝ている夜中でもふつうに上げ下げできる。

もちろん、別室で動作する分ならほとんど音は響かないレベルの小ささだ。

揺れ具合、安定感は増し増し

耐荷重125㎏までに進化したE7。

もちろん、大人が乗ってもピクともしないほどしっかりした造りとなっている。

FlexiSpotに満足してドヤる翁
大人がよりかかっても問題なし

また、立ち上げ時の揺れ具合についても検証してみた。

結果を先に述べると、両デスクとも高さを上げればあげるほど揺れやすくはなる。

下の2つの動画はE7とEJ2、両方のデスクを高さ120cmまで上げて個人的震度4相当の揺れを与えたときの様子。
※音声もあるので、ボリュームを下げて再生し始めてください。

まずはEJ2。

ほぼデスク上にはモノが置かれていない状態だけど、E7以上にガタガタと音が出ているのがお分かりいただけると思う。

EJ2は脚フレームが2段式だからか、フレームそのものからきしむ音が発生してしまっている。

つぎにE7。

揺れはしているものの、音はほとんど出ていないのがお分かりいただけるだろうか。

デスク上にある程度のモノが置かれているにもかかわらずE7のほうが揺れが目立ちにくい。

座っている状態では、両者とも揺れはほとんどといっていいほど発生しないので、スタンディングポジションでの揺れを気にする人はE7がベターだろう。

FlexiSpot E7を使ってみての感想

僕は正直1日2時間程度しかデスクに嚙みついてないので、ほとんどといっていいほど電動昇降デスクを高所まで立ち上げない。

ただ、だからといって昇降しないデスクにはもう戻れない。“昇降できる”というカードをもう捨てることはできない。

コレがたとえば、スタンディングポジションにすると安定性がイマイチだったりするのであれば捨てることができると思うけど、E7に限っては違う。

しっかりしてるから安定性バツグンだし、最低位置も普通のデスク以上に低い位置でシッティングポジションでの使い勝手もいい。動作音も気にならない。デザインも武骨でシンプル。高さ記憶機能もあり。

使い勝手のうえで文句のつけどころがない。

一緒に買うと満足度爆上がりのアイテム

ここで、E7と一緒に買うとより満足度が増す周辺アイテムを紹介する。

後付け引き出し

デスク天板下に後付けで設置できるFlexiSpot製の引き出し。

定価8,800円と高価だけど、内部だけじゃなく上部にもモノを置けるようになっている優れもの。

また、上部と内部にフェルト生地が貼られていてモノを丁寧に扱えるうえに開け閉めも滑らかで実用性も存在感もバツグンな一品。

カラーはブラックとホワイトの2色。

翁(おきな)
翁(おきな)

設置には小さなドリルとインパクトドライバーもあったほうが便利なので、そこんとこ注意が必要。ただ見た目は最高にカッコいい。

ケーブルオーガナイザー

created by Rinker
サンワサプライ(Sanwa Supply)
¥5,370 (2022/10/07 03:25:01時点 Amazon調べ-詳細)

コレは後付けのケーブルトレイ。

天板裏面に設置してごちゃつきがちな配線類を一挙にまとめて隠せるサポーター。

強力マグネット付きのエレコム電源タップだけだと、磁石はどうしても滑ったりするから完全にデスクに固定しきれない欠点がある。

このゴチャつき改善したい…
デスク下がすっきり!

このケーブルトレイは覆い隠すタイプだからケーブル類を綺麗にまとめなくてもカンタンにごまかせる。

ケーブルスリーブ

created by Rinker
デンカエレクトロン
¥4,934 (2022/10/07 00:00:57時点 Amazon調べ-詳細)

電動昇降デスクにはコンセントが必須となってくるので、できればケーブルをキレイに魅せれるスリーブに入れたいところ。

僕は今は無名中国製の安いやつを使っているけど、デンカエレクトロンのチューブは高品質でいいってどこかのブログで見たのでちょっと気になっている一品。

FlexiSpotの電動昇降デスク「E7」レビュー:まとめ

FlexiSpotでセットアップしたデスク

ということで、この記事ではFlexiSpotの電動昇降デスク「E7」についてレビューしてきた。

6畳の僕の部屋でも問題なく設置できるたし、安定感は高いし可動音も小さいから小さい子供がいる我が家でも安心して使えることがわかった。

FlexiSpotのスタンディングデスクE7でセットアップしたデスク環境

結局、EJ2にある魅力はE7にも備わっているから永く使えるのはE7かなと思う。

安定の品質なのでプラス13,000円出す価値はある。

デスクなんて滅多に買い替えるものではないし、E7はシンプルで飽きも来づらいから「毎日使うモノならいいものを」と投資として割り切ってしまうのは往々にしてアリ。

僕はこのデスクを今後しばらくメインデスクとして採用していく。

メリット
  1. 立って座って気分転換に効果バツグン
  2. スタンディングポジション時の揺れが静か
  3. 幅広い高さをカバーできる
  4. メモリー機能で自分だけのデスク高さを記憶させることができる
デメリット
  1. 組み立て作業が力仕事
  2. エントリーモデルに比べると少々お高くなっている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください